犬にじゃがいもを与えても大丈夫?アレルギー・生・皮・芽、気なること色々

じゃがいもやさつまいもなどの芋類が好きな犬っていっぱいいますよね。

フライドポテトやスナック菓子、じゃがバターや煮物などを食べていると、物欲しそうに近付いてきたりします。

しかしじゃがいもはナス科の野菜ですので、生のままで与えることはないとしても、やはり中毒アレルギー消化などは大丈夫だろうか?と心配にもなります。

今回はじゃがいもの良い点注意点じゃがいもの与え方などをお伝えします。

スポンサーリンク

じゃがいもの良い点

dog-142670_960_720

じゃがいもの栄養素

犬にじゃがいもを与えることは、基本的に問題ありません

じゃがいもの主な成分は炭水化物になります。

また、ビタミン類ではビタミンB6B1葉酸などが含まれており、ビタミンC含有量は芋類の中では上位に入ります。

ミネラル類ではモリブデンカリウムなどが含まれていて、食物繊維も豊富です。

じゃがいもの代表的な栄養素はこちらです。

●炭水化物

人間と同じ様にエネルギー源となる成分です。

近年までは、犬の唾液には炭水化物に含まれるデンプンなどを分解するアミラーゼという酵素が含まれていない為、炭水化物を与えることは良くないとされてきました。

しかしDNAなどの研究により、デンプンを消化する能力を持っているという科学的証明になる論文が2013年に発表されています。

それでも、犬に炭水化物は必要か?不必要か?は依然賛否の分かれるところではありますが、三大栄養素とも言われている成分には違いありません。

しかし、ガンはブドウ糖をエネルギーに増殖すると言われていますので、ガン闘病中の犬は炭水化物を接種しない方が良いと言われていますので、注意が必要です。

●ビタミンC

抗酸化作用免疫力を高める効果があります。

また、疲労回復ストレスにも良いとされており、コラーゲンの生成にも関わる成分ですので健康な皮膚や骨作りに役立ちます。

じゃがいものビタミンCはでんぷん質により保護される為、加熱しても壊れ難く保存にも強いことが特徴です。

犬は自分の体内でビタミンCを生成出来るのですが、老犬や闘病中の犬などはその生成が追い付かないこともあります。

犬は野菜の消化が苦手で生野菜などを多く摂取し辛い面がありますから、加熱しても壊れ難いということはビタミンC生成を補う食材として取り入れ易いと言えます。

●カリウム

食塩などに含まれるナトリウムを排出し、血圧を下げる効果があります。

その為、むくみ神経過敏高血圧不整脈脳卒中などを予防し、代謝神経を正常に働かせる効果があると言われています。

スポンサーリンク

じゃがいもを与える際の注意点

dog-716528_960_720

芽・青や緑の部分は絶対に食べさせない

じゃがいもの芽や青い部分には、ソラニンやチャコニンという有毒物質が含まれています。

人間同様に犬にも害があるものですので、絶対に与えないで下さい

芽の周りにもソラニンやチャコニンが含まれていると言われていますので、少し広めに取り除いてあげることが望ましいです。

また、皮の周辺部分にもソラニンやチャコニンが含まれていると言われていますし、消化にも悪い為、皮を与えない方が望ましいともされています。

じゃがいもを生のまま与えることは余り無いとは思いますが、その様なことから生のままで与えることも良くないとされています。

万が一、誤食などでじゃがいもの芽や生のじゃがいもを食べてしまい、ソラニン中毒になってしまった場合には、

●腹痛

●嘔吐

●下痢

●めまい

●痙攣

●意識障害

●呼吸困難

などの中毒症状が見られ、最悪のケースでは命に関わることも有り得ます。

ソラニンやチャコニンは毒性が高く症状がすぐに出易いと言われています。

この様な症状が見受けられ、芽や皮を取り除いていない生のじゃがいもを食べてしまった疑いがある場合には、早急に動物病院を受診して下さい

アレルギー

じゃがいもにアレルギー症状が出てしまう犬がいます。

じゃがいもは、大豆・とうもろこしに次ぐアレルゲンであると言われており、一説では頻繁に食べ続けることでアレルギーが出易くなるとも言われています。

どの様な症状がどの位の度合いで表れるかは個体差がありますが、じゃがいもを与えた際に、

●皮膚を痒がる

●くしゃみ・鼻水

●目の充血・目やに

●脱毛

●元気が無くなる

●嘔吐

●下痢

などの症状が出た場合にはアレルギーを疑ってみて下さい。

大量に与えない

犬は元々野菜の消化吸収が苦手ですので、じゃがいもを大量に摂取してしまうと何かしらの問題が引き起こされる可能性があります。

食物繊維を大量に摂り過ぎてしまうことで便秘下痢になってしまったり、胃酸過多になり嘔吐してしまうこともあります。

また、腸内細菌の働きにより発酵されたガスが腸に溜まってしまう場合もあります。

これらは特に胃腸が弱っている時などに起こり易いとされていますが、消化吸収能力には個体差があります。

少しの量を与えただけでも便秘下痢嘔吐をしてしまう場合もありますし、多めに食べても平気な犬もいます。

犬によって適量が異なりますので、じゃがいもを与える際は犬の体調食後の様子ウンチなどに注意してみて下さい。

また、じゃがいもは炭水化物を多量に含んでいます。

その為、与え過ぎてしまうと肥満の原因になってしまう可能性がありますので、そちらにも注意が必要です。

スポンサーリンク

じゃがいもの与え方

犬 

生のまま与えることは避け、『注意点』の項でもお伝えした様に、芽やその周辺、皮を広範囲に取り除いて下さい

調理法としては茹でる・焼く・蒸す・レンジでの加熱など、完全に火を通した状態が望ましいとされています。

また、調理前に水にさらしておくなどして、アクを抜いておくことも良いと言われています。

フライドポテトやポテトチップをなどにして与える場合には、油で揚げずに電子レンジやノンフライヤーなどを使用して下さい。

じゃがいもの形状は、犬が余り噛まずに大きいまま飲み込んでしまい消化され辛くならない様に、小さく切ったり、マッシュ状にして与えてみて下さい。

与え方としては大量に与えることは望ましくない為、いつものドッグフードにトッピングとして乗せる程度やオヤツなどから始めて、愛犬の適量を探してみて下さい。

色々試してみて、愛犬に合った調理法や量を探してみるのが良いかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

pug-984161_960_720

今回はワンちゃんにじゃがいもを与えるにあたっての、良い点や注意点じゃがいもの与え方をお伝えしました。

じゃがいもはビタミンCを多く含み、でんぷん質により熱で加熱しても壊れ難いということが最大の特徴でした。

主な成分が炭水化物なだけに食べ過ぎによる肥満には注意したいところですが、この点を上手に利用して老犬などのビタミンC不足を補うには適した食材であったと思います。

食卓に上ることも多い食材ですので手軽に取り入れることが出来そうですから、試してみるのも良さそうですね。

関連記事として、

犬の便秘ってどの位大丈夫なの?原因と対処法、便秘予防まで

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加