ウルフドッグの特徴や性格を知って飼い方を学ぼう!ウルフドッグ大全!

みなさんは、「ウルフドッグ」という名の犬種をご存知でしょうか?
狼と犬を交配させ生まれたこの犬は、非常に賢い一方で警戒心や独立性が極めて強く、一般家庭での飼育やしつけは難しいとされています。
しかし、狼はもともと仲間意識が非常に強く、飼い主がリーダーと認められ信頼関係を構築できれば、その狼の血を受け継ぐウルフドッグは最高のパートナーになれる可能性を秘めています。

本記事では、そのウルフドッグについて、公認犬種を中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

ウルフドッグの特徴

認められているのは2種類だけ?

ウルフドッグと一口に言っても、実際には様々な種類の犬種が存在します。
一般的に日本で飼われているのは、カナダやアラスカ原産のウルフドッグと純犬種を交配させた雑種「ハイブリッド・ウルフドッグ(狼犬)」と呼ばれるものとなります。
他にも、「ハイパーセントウルフドッグ」といった狼の血を75%以上受け継いでいるものもおり、より狼の容姿に近いことから世界中のコアなファンから人気があります。
しかし、これらの犬種は認められておらず、国際畜犬連盟FCIや日本の公認団体JKCで純血犬種として認められているのは、「サーロス・ウルフホンド」と「チェコスロバキアン・ウルフドッグ」の2種類だけとなっています。

サーロス・ウルフホンドの特徴

サーロス・ウルフホンドは、ウルフドッグの中でより狼の気質を濃く受け継いでいる犬種とされています。

平均的な体高は60〜75㎝、体重は35〜45㎏程度で大型犬に分類され、身体能力が高く狼に似た精悍な姿形から、ウルフドッグの中で最も人気がある犬種となっています。

被毛はショートコートで、ジャーマン・シェパードに似た立ち耳に、鋭い目をした狼のような顔立ち、ふさふさしたとした垂れ尾、引き締まった体に長めの四肢が特徴的で、視覚や嗅覚も非常に優れていると言われています。

また、身体的特徴の他に繁殖にも特徴を持っています。
通常の犬は年に2〜3回ほど繁殖期がありますが、サーロス・ウルフホンドは年に一度で、一回に5〜15頭もの子犬を産むとされています。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの特徴

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、サーロス・ウルフホンドに比べ犬の特性をより濃く受け継いでいる犬種です。
しかし、見た目はに似ており、体型や歩様、被毛やマスクなどは、狼に似ているほどより良い個体であるとされています。

平均的な体高は60〜65㎝、体重は20〜30㎏程度で、サーロス・ウルフホンドよりも若干小柄となっていますが、分類的には大型犬となっています。

被毛はやや長めのショートコートですが、ダブルコートの犬種で換毛期があり、季節に合わせて毛量が大きく変動するため、夏と冬で外見に少し変化が見られます

立ち耳にふさふさの垂れ尾もサールス・ウルフホンド同様に特徴的となっています。

スポンサーリンク

ウルフドッグの性格

ウルフドッグと一口に言っても、性格は犬種によって大きく異なり、飼育をするうえでそれぞれの犬種が持つ気質や特性を知り理解しておくことは非常に重要となります。

サーロス・ウルフホンドの性格

サールス・ウルフホンドは、狼の気質を濃く受け継いでおり、神経質で用心深く、警戒心も強いと言われています。
また、新しい環境にも馴染みにくく人見知りが激しいため生後早い時期からの社会化の訓練が必要となります。
しかし、飼い主とその家族に対しては愛情深いとされ、一度リーダーと認識すると非常に忠実になります。

遠吠え以外ではほとんど吠えないため番犬には向いていませんが、子犬の頃からきっちりと訓練をすることで、サーロス・ウルフホンドはきっと愛情深く優しい家族の一員となれるはずです。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの性格

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、サーロス・ウルフホンドに比べて明るく社交的だと言われていますが、狼の血を受け継いでいるため用心深い性格も持ち合わせています。

リーダーと認めた飼い主に対しては強い忠誠心を示し、勇敢で怖いもの知らずな一面もあります。

チェコスロバキアン・ウルフドッグは定期的な遠吠えも行いますが、普段ほとんど吠えることがないサーロス・ウルフホンドに比べて、喜怒哀楽の表現も豊かであると言われており、悲しい時には声を出して悲しんだりすることもあります。

ウルフドッグの中では、飼いやすくしつけもしやすい方であると言われていますが、サーロス・ウルフホンド同様に人見知りが激しいため、生後早い時期からの社会化の訓練が必要とされています。

スポンサーリンク

ウルフドッグの被毛

サーロス・ウルフホンドの被毛と毛色

サーロス・ウルフホンドはダブルコートの犬種で、毛並みはショートコート年に2回換毛期があります。
夏は冬毛が抜け落ちてすっきりとした体型になりますが、冬には冬毛がびっちりと生え揃い、寒い冬を乗り切るための防寒の役目を果たします。

毛色はハスキーと似ていると言われることも多く、ウルフ・グレーブラウンを基調に、ホワイトやクリーミー・ホワイトのカラーが四肢の内側や尾の下側、体の底面など所々に入っており、毛先はブラック及びブラウンとなっています。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの被毛と毛色

チェコスロバキアン・ウルフドッグの被毛は、サーロス・ウルフホンドに比べるとやや長めのショートコートで、同じくダブルコートの犬種となっています。
年に2回の換毛期があり、冬毛と夏毛では毛量に差があることから、冬は夏に比べてふっくらとした印象を受けます。

被毛は汚れにくくなっており清潔性が保たれやすく、体臭は少ないと言われています。

毛色は、黄色味のあるグレーからシルバー・グレーのカラーが基調となり、顎下及び胸には明るい色の被毛があります。

スポンサーリンク

ウルフドッグの飼い方としつけ

ウルフドッグを飼う前の心構え

サーロス・ウルフホンドやチェコスロバキアン・ウルフドッグに限らず全てのウルフドッグ(狼犬)は、非常にしつけが難しく、誰でも容易に飼える犬ではないことを念頭におく必要があります。
個体差もありますが、狼の血が濃ければ濃いほど野性的で警戒心も強く、狼特有の癖が出やすくなります。

これからウルフドッグを飼おうと考えている人は、事前にしっかり犬の気質・特性を知り、適した環境を整え、飼い始めてからもリーダーシップを取りながら信頼関係を築き、十分に犬と触れ合う時間を持つ必要があります。

サーロス・ウルフホンドの飼い方としつけ

サーロス・ウルフホンドは、狭い空間を非常に嫌い、また運動を多く必要としますので、マンションではなく庭のある戸建て住宅での飼育が望ましいでしょう。

毎日の運動は最低2時間以上必要となりますので、通常の散歩で運動量の確保が難しい場合は、ジョギングを混ぜてみたり、自転車で並走を行ったりするなど、日々十分に体を動かしストレスを溜めさせないよう注意しましょう。
散歩の際には、人見知りが激しく臆病で神経質な性格を踏まえ、大きなトラブルに繋げないためにも、飼い主以外の人間と一定の距離を保つことも重要です。

また、サーロス・ウルフホンドを飼う場合は、多頭飼いが必要となります。
狼特有の群れへの執着心が強いため、単独での飼育には不向きな犬種とされており、寂しさによるストレスも溜まりやすいため、一匹での留守番なども控えた方が良いでしょう。

被毛はあまり手入れを必要とせず、換毛期でなければ週に1〜2度ほどブラッシングを行い、体の汚れが気になってきたら入浴させる程度で十分です。

そして、サーロス・ウルフホンドを飼育するうえで最も重要な点は、トレーニング期間を受け入れる期間が他犬種に比べて非常に短いということです。
そのため、生後早い時期からの子犬の社会化トレーニングが必須とされ、サーロス・ウルフホンドを家庭に迎えるうえで大きなハードルの一つなっています。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの飼い方としつけ

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、ウルフドッグの中では比較的しつけやすく、サーロス・ウルフホンドに比べると社交性もあり飼いやすい犬種とされています。
しかし、新しい環境には馴染みにくく臆病人見知りも激しいため、生後早い時期から社会化トレーニングを行わなければなりません
また、この犬種もサーロス・ウルフドッグ同様に群れへの執着心が非常に強いため、単独での飼育には不向き多頭飼いが必要となります。

毎日の運動は、最低でも2時間以上行うのが望ましく、飼い主とのふれあいの時間も必要ですので、しっかりと日々コミュニケーションを取る時間を確保することが大切です。

被毛は、汚れにくく体臭もきつくないため、換毛期でなければ週に1〜2回のブラッシングと、入浴は汚れが気になったタイミングで入れる程度で良いでしょう。

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、サーロス・ウルフホンドに比べ犬の特性をより濃く引き継いでいるため、子犬の頃にきちんとした社会化訓練としつけを行えば、他の犬種や小動物、また人間の子供ともうまく付き合っていくことが出来る犬種です。

スポンサーリンク

ウルフドッグの病気

肥満を予防して病気を防ごう

ウルフドッグは、先天性の疾患などは少ない犬種とされていますが、一般的に犬がなりやすい「股関節形成不全」「網膜萎縮症」などの目の疾患、また「脊椎症」などの脊椎の異常は起こりやすいとされています。
「股関節形成不全」や「脊椎症」などは、肥満が原因となりますので、日々の食事と運動のバランスに気をつけることで、病気を未然に予防していくことが可能となります。

スポンサーリンク

ウルフドッグの寿命

濃い狼の血は長生きの秘訣?

狼の血を引いているウルフドッグは、大型犬ではあるものの、他犬種に比べて長生きする犬が多いと言われています。
実際には以下のような平均寿命となっています。

◆ハイブリッド・ウルフドッグ:約10〜12年

◆サーロス・ウルフホンド:約11〜14年

◆チェコスロバキアン・ウルフドッグ:約13〜16年

適切な飼育環境のもとで良質なフードを与え、病気に注意しながら愛情をたっぷりと注いで育てていくことで、より長く共に暮らしていけることでしょう。

スポンサーリンク

ウルフドッグの購入相場

国内で購入出来るのはハイブリッド・ウルフのみ!

ウルフドッグは、ほぼペットショップで見かけることは無く、国内にあるハイブリッド・ウルフドッグの専門ブリーダーから購入するのが一般的です。
ハイブリッド・ウルフドッグの価格は、約15〜25万円程度で狼の血が濃いほど価格が高い傾向にあり、ハイパーセントウルフドッグにおいては約40万円〜とより高くなっています。

サーロス・ウルフホンドの価格

サーロス・ウルフホンドは日本国内では販売されていません
日本で飼いたい場合は、輸入代行業者に依頼をし、海外にある専門のブリーダーから輸入することになりますが、遠方の国への出荷を行っていないことがほとんどであるため、入手自体が困難な犬種であると言えるでしょう。

また、この犬種はトレーニングを受け入れられる期間が極めて短く、生後間もなくから16週ごろまでの間に社会化トレーニングを行う必要がありますので、子犬を日本の家庭で迎え入れることは非常に難しいとされています。

子犬の価格は、海外では1000ドル〜1500ドル程度で販売されていますが、輸入する場合は手数料や輸送量などを合わせて約50万円以上と高額な費用になります。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの価格

チェコスロバキアン・ウルフドッグもサーロス・ウルフホンド同様に日本国内では販売されておらず、購入を希望する場合は、輸入代行業者に依頼をし、海外にある専門のブリーダーから輸入することになりますが、遠方の国への出荷はほとんど行われていません

また、この犬種も生後間もなくからの社会化トレーニングが必須とされており、子犬を日本の家庭で迎え入れることは非現実的と言えるでしょう。

子犬の価格は、海外では1500ドル前後で販売されていますが、こちらも輸入する場合は、手数料などを含めてかなりの高額になると思っておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ウルフドッグの歴史

サーロス・ウルフホンドの歴史

サーロス・ウルフホンドは、1930年代頃にオランダに住むレンデルト・サルース氏が、より良いワーキング・ドッグを作り出すことを目的に、当時警察犬や軍用犬などで活躍していた学習能力の高いジャーマン・シェパード・ドッグを交配させ誕生しました。

試行錯誤を繰り返しながら30年以上にわたって繁殖され続けましたが、当初こそ盲導犬として良い働きをすると見なされたものの、訓練のしづらさ狼が持つ用心深く気難しい性格からしだいにワーキング・ドッグとしては適さないと判断されました。
しかし、身体能力が高く狼の気質や容姿を色濃く残していることから人気が高まっていき、サルース氏の死の6年後である1975年にFCI(国際畜犬連盟)に公認されました。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの歴史

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、旧チェコスロバキア原産の犬種です。
1950年代頃に、優秀な軍用犬を作出することを目的として、ジャーマン・シェパード・ドッグカルパチアン・ウルフを交配させて生物学的実験が行われました。
その後、繰り返し行われた実験と改良の結果、狼と犬が持つ双方の有益な質を持った犬が誕生しました。
1982年にはFCIに公認され、現在ではショードッグやドッグスポーツの分野で活躍しています。

まとめ

ウルフドッグは、狼の血を濃く受け継いでいることから、警戒心が強く神経質でしつけが非常に難しい犬種です。
狼のように美くしく気高い容姿から、近年では世界中で人気となっているウルフドッグですが、飼育するうえでは、最適な環境と飼い主にも相当な覚悟が必要となります。
しかし、一度信頼関係を築ければ、ウルフドッグは飼い主にこれ以上ないほどの愛情と忠誠を示し、最高のパートナーとなるはずです。

日本国内で購入出来るウルフドッグは限定されますが、興味のある方はぜひ一度、ブリーダーへ問い合わせてみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です