犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

白や黄色い泡状の胃液を吐き出したり、食べた物を原形を留めて吐き戻したりなど、犬は比較的よく吐く生き物だと言われています。

それでも繰り返し吐いていたり、未消化ではなく消化された嘔吐物を見ると、何が原因なのかな?何かの病気なのかな?と心配になってしまいますよね。

今回は嘔吐する原因にはどんなものがあるのかお伝えしますので、愛犬の状態に照らし合わせて考えてみて下さい。

関連記事として

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク

犬の『吐く』とは

dog-17788_640

犬は四つ足の動物ですので胃が横向きになっていたり、胃液が濃かったりするなど人間よりも吐き易い体の構造をしている為、比較的よく吐くと言えます。

そして、犬の『吐く』という行為には、『吐き戻し』『嘔吐』2種類が存在します。

吐く物や吐き方で『吐き戻し』と『嘔吐』のどちらなのかを判別することで、その原因を推測することが可能になります。

吐き戻し

吐く物を前方に飛ばす様な勢いのある吐き方をし、吐いた物が消化されていない場合を『吐き出し』と言います。

これは食べた物が胃腸に達する前に逆流している状態で、その為ほぼ原形を留めている吐き出したものをもう1度食べようとする行為が見られ、吐いた後でも比較的元気であることが多いです。

吐き出しの原因は、主に喉や食道にあると言われています。

何かを食べる度に吐き戻し行為が見られる場合は、食道などに何かしらの異常があり食べ物が飲み込めなくなる嚥下困難であるケースも考えられますので、早目の受診をおすすめします

嘔吐

下を向いて吐き、吐いた物がある程度消化されている場合を『嘔吐』と言います。

食べた物が1度胃腸に入り少し消化されたものの何らかの異常により体外へ吐き戻された状態で、吐き出されたものは消化によりドロドロとした形状になっている場合が多く、吐いた物をもう1度食べるということはほとんどありません。

嘔吐の原因は、急性の胃腸炎など主に胃腸などの異常によるものだと言われていますが、腎臓肝臓などその他に原因がある場合もあります。

吐いた物に血が混じっていたり、他の症状が伴っている場合には早目の受診をおすすめします。

スポンサーリンク

犬が吐く原因

china-1070771_640

早食い

急いで食べている為によく噛まずに丸飲みになっていたり、大量の食べ物が一気に食道や胃に入ることで詰まってしまったり、胃が受け付けられず吐いているケースが考えられます。

ゆっくり食べさせる工夫をすることで、早食いを防止することが出来ます。

ドッグフードを少量ずつ与えてみたり、一気に食べることが出来ない構造の食器などを使用してみて下さい。

また、ドッグフードをぬるま湯などでふやかし軟らかくして与えたり、小さな粒のドッグフードを与えることも効果的です。

食べ過ぎ

嘔吐の原因で1番と言われているのが、食べ過ぎによる消化不良です。

また、胃に入りきらなかったものが逆流して吐いている可能性もあります。

黄色い胆汁や胃液と共に未消化のドッグフードなどを吐いた場合は、このケースにあたります。

犬は本能的にあればあるだけ食べてしまう生き物ですので、ドッグフードの量や食事以外のオヤツ間食なども含め、1日の食事量を見直してみて下さい。

食べ過ぎにより吐いてしまった場合には、半日~1日程絶食をして胃腸を休めて様子を見て下さい。

その際にお水は与えても構いませんが、余り沢山飲ませない様に気を付けて下さい。

空腹

犬は人間よりも胃酸が濃い為、空腹の状態が長く続くと胃酸過多になってしまったり、胆汁が胃に逆流し吐いてしまうことがあります。

これは食事を与える回数や量が少ない場合によく見られますので、食事の間隔1回に与える量などを調整してみて下さい。

1日1回の食事だった場合には、同じ量を1日2回に分けるなどして空腹の時間を少なくすることを心掛けてみて下さい。

また、繊維質のドッグフードなど腹持ちが良いとされる食べ物を与えることも効果的です。

こちらの記事もご参照下さい。

どうしてドッグフードを食べないの?考えられる原因とその対処法

食べ物が合わない

ドッグフードを切り替えた際や、刺激の強いものなど食べた際に吐いてしまうことがあります。

ドッグフードを切り替える際は、始めはいつものドッグフードに新しいドッグフードを1割程混ぜて与えるなど、1週間ほど掛けて徐々に新しいドッグフードの比率を増やしていく方法を取るとスムーズに切り替えられます。

犬は人間が思うよりもデリケートな為、普段食べ慣れていないもの刺激の強い物少し傷んだ物を食べた場合にも吐いてしまいます。

人間の食べ物新しいオヤツを食べなかったか?、いつものドッグフードでも保存状態がどうであったか?なども確認してみて下さい。

特定の物を食べた際に吐いてしまうという場合には、アレルギーなどの疑いもありますので、その際には早目の受診をおすすめします。

こちらの記事もご参照下さい。

ドッグフードの選び方が分からない方に!タイプ別、サイズ別、年齢別、目的別の特徴

ドッグフードはいつ何回どれだけあげればいい?量や回数、時間帯について

誤飲

何かの破片小さなおもちゃ飼い主さんの持ち物など、何かしらを誤飲してしまった場合に嘔吐したり、何かを吐き出そうとする行動が見られます。

繰り返し嘔吐する場合には有害な物を誤飲してしまったケースが考えられますので、早目の受診をおすすめします。

また、1度何かしらの異物を吐いても、全てを吐きだし切れていないケースも考えられますので、こちらの場合も早目に受診して下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

芯の誤飲に注意!消化やアレルギーが心配なとうもろこしを犬が食べてもいいの?

犬がアーモンドを食べた!アーモンドプードル・ミルク・オイルは大丈夫?

犬は栗を食べても大丈夫?アレルギーは?栗の適量や与え方など

ストレス

人間と同じ様にストレスにより吐いてしまう場合があります。

どんなことにストレスを感じるかは犬によって異なりますが、強いストレス不安を感じない様に生活環境などを整えてあげることや、スキンシップを取ることが大切です。

また、継続的なストレスによるものではなく、一時的な強烈なストレスにより吐いてしまう場合もありますので、吐く前の行動などにも注意してみて下さい。

ストレスによる嘔吐はストレスを受けた直後に起きることもあれば、少し日にちが経過した後に起こることもありますので、何か普段とは違うことした場合や普段行かない場所に行った後などには、犬の様子を少し気に掛けてみて下さい。

乗り物酔い

犬も乗り物酔いをして、吐いてしまうことがあります。

三半規管が麻痺し易く、まだ車に慣れていない子犬に起こり易い症状です。

車に慣れてくれば吐くことも少なくなりますが、出来るだけ車内を快適に保つように心掛けてあげて下さい。

老化

老化により歯や歯茎や顎の噛む力などが弱り食べ物が丸呑みになってしまっていたり、筋力の衰えにより飲み込み辛くなっている場合に吐いてしまうことがあります。

また、消化器官も衰えてきますので、消化不良により嘔吐しているケースも考えられます。

この場合は、ドッグフードなどを飲み込み易いサイズの粒や軟らかさのものに変えてみたり、消化し易いものに切り替えることで対応出来ます。

こちらの記事もご参照下さい。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

スポンサーリンク

病気などが疑われる原因

dog-427699_640

中毒

震えていたり、痙攣しながら嘔吐している場合には、何かしらの中毒症状が疑われますので、早目の受診をおすすめします。

玉ねぎチョコレートキシリトールなど少量でも中毒症状が起こり易いものが原因の場合もありますし、飼い主さんが知らない内に何か有害な物を食べてしまっているケースも考えられます。

発熱下痢食欲や元気が無いなど他の症状を伴う場合も多く見られます。

こちらの記事もご参照下さい。

バレンタイン間近の愛犬トラブル!犬のチョコレート誤食には要注意!

犬とぶどうの組合せに要注意!あまり知られていないNG食の理由について

感染症

何らかの感染症にかかり嘔吐している場合には、発熱や下痢が伴っているケースが多く見られますのでそちらにも注意してみて下さい。

食欲や元気も無くなりぐったりしてきますので、早目の受診をおすすめします。

嘔吐を繰り返す際に疑われる感染症には、犬パルボウイルス感染症犬コロナウイルス性腸炎などがあります。

子犬や老犬の場合には症状が悪化してしまうことも多い病気ですので、特に注意が必要です。

また、嘔吐物などから他の犬などに感染してしまう恐れもありますので、そちらにも注意して下さい。

アレルギー

食物アレルギーにより、嘔吐している可能性があります。

嘔吐の他に、湿疹や脱毛などの皮膚症状涙や目やになどの症状が伴う場合もあります。

ドッグフードを変えていないのに吐くことが増えたという場合や、特定の物を食べると吐いてしまうという場合には、アレルギーを疑ってみて下さい。

動物病院などでアレルギー検査が受けられますし、獣医さんに相談してみるのも良いと思います。

重いアレルギー症状の場合には、発熱・下痢・痙攣など他の症状を伴うことがありますので、早目の受診をおすすめします。

寄生虫

お腹が異常に膨れて張っている場合には、寄生虫による嘔吐の可能性が高くなりますので、早目の受診をおすすめします。

嘔吐物の中糸状の回虫など寄生虫が含まれている場合がありますので、注意してみて下さい。

受診の際には、その寄生虫を持参されますと診察がスムーズになるかと思います。

また、多頭飼いであった場合などには他の犬にも寄生している恐れもありますので、一緒に受診されることをおすすめします。

胃捻転

吐こうとしても吐けない状態やよだれ腹痛呼吸が早いなどの症状を伴っている場合には、胃捻転の可能性があります。

胃捻転は大型犬に多く見られる病気です。

胃がねじれてしまうことにより胃の入り口と出口がふさがれ胃の中で発生したガスにより胃が膨張してしまい、他の臓器を圧迫して多臓器不全などを引き起こしてしまいます。

命に関わる恐ろしい病気ですので、胃捻転の疑いがある場合には早目の受診をおすすめします。

胃捻転の原因は、食後の運動早食い食べ過ぎなどによるものが多いとされていますので、ゆっくり食べさせることや食後にはすぐ運動させない様にして下さい。

消化器系の病気

胃腸炎胃潰瘍十二指腸潰瘍など胃腸に何らかの異常が引き起こされている場合にも、嘔吐してしまう場合があります。

繰り返し嘔吐している場合や、発熱下痢元気や食欲が無いなど他の症状を伴う場合にはこれらの病気が疑われますので、早目の受診をおすすめします。

嘔吐物に血が混じっているケースもありますので、注意してみて下さい。

その他の病気

代謝性の病気肝臓や脾臓の病気により、嘔吐してしまう場合も考えられます。

また、慢性的に嘔吐することで胃酸により食道が炎症してしまう食道炎や、食道に腫瘍があるなどの食道の異常により嘔吐している場合も有り得ます。

他には、噴門や幽門に異常が見られる可能性もあります。

噴門とは胃と食道の接合部のことを言い、幽門とは胃と小腸の接合部のことを言います。

短頭種のパグやシーズーなどが食後によく嘔吐してしまう場合には、こちらの病気も疑ってみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

boxer-dog-1136957_640

今回はワンちゃんが嘔吐する原因には、どんなものがあるのかをお伝えしました。

嘔吐の原因には、早食い食べ過ぎなど大きな心配のいらないものから、中毒感染症胃腸の病気胃捻転などの怖い病気まで様々なものがありました。

吐いた物吐いた前後の様子、発熱や下痢、食欲や元気の無いなど他の症状が伴っていないかなどを合わせて原因を探ることが、大切だということが分かりました。

ワンちゃんが吐いてしまった際にはそれらのことに注意し、適切に対処してワンちゃんの健康を守ってあげて下さい。

関連記事として

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

犬へのヨーグルトの効果は?口臭予防やてんかんにも良いって本当?

りんごを犬が食べるのは大丈夫?皮は?アレルギーは?下痢や嘔吐は?

てんかんなの?病気なの?犬の痙攣の原因と対処法

犬の咳が止まらない!心臓や気管など咳から疑われる病気

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加