犬が震えてる!怖いの?寒いの?痛いの?考えられる犬の震えの原因

突然犬が震えだしてビックリしたことはありませんか?

怖いのかな?寒いのかな?痛いのかな?思い当たる要因はあるものの、実際のところ人間と同じ様な原因ばかりなのか物言わぬ犬相手ですと心配になってしまいますよね。

今回は犬が震えるという状況からどんな原因が考えられるのかをお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

病気や怪我などによる原因

chihuahua-624924_960_720

発熱

何らかの感染症や病気などにより熱が出て体温が高くなると、人間の様に犬も震えます。

震えることでもっと体温を上げて、体内に入ったウィルスなどの病原体を排除しようとする為です。

発熱を伴う病気は多種多様にありますので、震えや発熱だけでなく嘔吐下痢くしゃみなどや呼吸が早くなっていないか?などにも気を配り、早目に受診して下さい。

痛み

体のどこかに怪我をしていたり、何らかの病気により痛みを感じて震えている場合があります。

まずはどこか外傷がないか確認してみて下さい。

目に見える箇所に外傷が見当たらない様でしたら体を触ってみて、痛がって吠えたり、触られるのを嫌がったりする箇所はないかチェックして下さい。

何らかの病気からくる痛みの場合は見分けがつき辛いですが、怪我などの痛みの場合はその箇所を探し当てることも出来ます。

お腹背中などに痛みがある場合には全身を震わせていることが多い様です。

犬は痛みに対して大変我慢強い生き物です、震える程痛がる箇所があったならすぐに受診して下さい。

気持ちが悪い

乗り物酔い消化不良(食べ過ぎ)薬の副作用異物の誤飲などにより気分が悪くなり震えることもあります。

勿論何らかの病気により気持ち悪くなり震えを伴っているケースも考えられますが、まずは震え出す前の犬の行動などを振り返ってみて下さい。

乗り物酔いなどの場合は少しすれば落ち着いてきたりもしますし、消化不良食べ過ぎといった場合ですと、消化し切れなかった食べ物などを吐き出して気持ち悪さや震えが治まるということもあります。

薬などを飲ませた後に震えている様でしたら薬の副作用も考えられますし、何か特定の食べ物やおやつ等でしたらアレルギー反応なども考えられます。

嘔吐を繰り返したり、下痢を伴ったり、震えというよりは痙攣に近い様な場合には獣医さんに迅速な処置を受けて下さい。

内臓疾患など消化器系の病気の可能性も考えられます。

こちらの記事もご参照下さい。

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

てんかんなの?病気なの?犬の痙攣の原因と対処法

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

低血糖

何らかの理由で長時間、ごはんが食べられなかった・食べなかった・十分な量が食べられなかったという場合に、血中の糖分が減少し血糖値が下がり低血糖になり震えることがあります。また、空腹時に興奮し過ぎたりしても低血糖になってしまう場合もあります。

震えの他に、元気が無くぐったりしていたり、心拍数が増え体温が低下していたりしたら要注意です。

この様な症状を伴っている場合には低血糖が何らかの病気のサインであるケースも多い為、早急に受診し治療してあげて下さい。

熱中症

長時間暑い場所にいたり、暑い中で激しい運動などをした後に震えている場合には熱中症が疑えます。

熱中症が進行した場合には、筋肉の震え全身の痙攣を起こすこともあるのです。

呼吸が荒くなっていて体温が高くよだれが出ていたりしたら注意して下さい。

暑さで震えているということは症状がかなり進んでいると考えられますので、水を飲ませたり、体を冷やすなどの処置をして早目に受診しましょう。

中毒

犬にとって有害なものを食べてしまったことにより、中毒症状を引き起こし震えることがあります。

毒性のある植物害虫駆除剤(殺虫剤や除草剤など)ガーデニングなどの肥料洗剤などは、気を付けているつもりでもうっかり犬が口にしてしまう可能性が低いとは言えません。

また、人間が普通に食べている物であっても、犬にとっては中毒症状を起こしてしまう食品も沢山あります。

玉ネギネギチョコレートブドウだけでなく、ニンニクコーヒーなども危険だと言われています。

中毒症状を引き起こしている場合には、震えの他に衰弱よだれ嘔吐下痢痙攣などの症状があります。

これらを併発していたら何かしらの中毒が疑えますのですぐに動物病院へ相談してみて下さい。

危険度が高い薬品や食べ物などを口にしていた場合には命に関わる恐れもありますので、日頃から誤飲などには注意は必要です。

こちらの記事もご参照下さい。

バレンタイン間近の愛犬トラブル!犬のチョコレート誤食には要注意!

犬とぶどうの組合せに要注意!あまり知られていないNG食の理由について

犬が玉ねぎを食べてしまった!中毒症状は?致死量は?対処法は?

低体温症

極端に体温が下がった状態になる低体温症にかかり震えているケースがあります。

子犬老犬に起こり易く、痙攣している様に震えが止まらないのが特徴です。

重い病気や怪我などによって体が衰弱している時にも起こります。

また、体温維持に深く関係する甲状腺の機能が低下した場合にも、低体温症になってしまうことがあるそうです。

ホワイトシュガードッグシンドローム

白い小型犬が震えている場合、この病気が考えられるケースがあります。

どの様な原因により発症するのかはまだ詳しく分かっていない様なのですが、白くて小柄なマルチーズウエストハイランドホワイトテリアなどによく見られる為、この様な名前が付いたそうです。

しかしながらその由来である白い小型犬以外でも、サイズや色や犬種を問わず発症してしまうこともあるそうです。

英語では”Generalized Tremor Syndrome(GTS)”とも呼ばれています。

スポンサーリンク

環境や精神的原因

snow-292128_960_720

恐怖感

非常に強い不安怯え驚きなどの恐怖感を抱くと体の震えが止まらなくなることがあります。

なかには全身の震えが止まらないどころか、呼吸まで荒くなりパニックになってしまい、呼吸困難痙攣などを引き起こしてしまう犬もいます。

恐怖の対象は犬によって様々ですが、花火地震の地鳴り救急車などのサイレン掃除機ドライヤーなどの大きな音に弱い犬が多い様です。

飼い主さんに強く叱られたり、飼い主さんたちが喧嘩などをしている時なども同様です。

男性や予測不能な動きをする子供怖くて震えるという場合もあります。

その様な人や物に近付かれたり触られたり抱かれたりすると恐怖を感じて震えてしまうのですね。

また大勢の人や犬に囲まれた場合などにも同じ様に震えてしまうこともありますし、入浴トリミング歯磨き耳掃除などを怖がる犬もいます。

他には、高いところやグラグラした不安定なところが怖かったり、怖がりな犬などは知らない人に会っただけでも震えてしまうことがあるそうです。

恐怖感から来る震えは精神的に落ち着けば治ってきますので、震える犬を撫でたり抱き締めたり、話し掛けたりとスキンシップを取って安心させてあげて下さい。

ストレス・緊張

『恐怖感』の項でお伝えした様な、過去の怖い体験や嫌な体験を思い出し、条件反射的に震えが起きることもあります。

以前の体験経験がストレスや緊張を呼んでいるということです。

この前痛い思いをしたから病院は嫌い!行きたくない!今日は何をされるんだろう?…など犬にもちゃんと感情があるのですね。

思い出すだけでもストレスや緊張を伴う様な体験が何なのかは犬によって様々ですが、震えることにより、それをしようとすることによってストレスを感じている!という拒否の気持ちを表しています。

また、そんなストレスや緊張に対して自分を落ち着かせようと震えることもあるそうです。

これは主に初めての場所や人未知なものに遭遇した時に起こる緊張感からの震えです。

怖がりではない気の強い犬が震えている様な場合は、このケースが多いかと思います。

ストレスや緊張で震えている場合にも、恐怖感を感じている時と同様に犬を安心させてあげると震えが治まります。

しかしなかには震えることで飼い主さんがカマってくれることを学習して、わざと震えている賢い犬もいますので、甘やかし過ぎには気を付けて下さいね。

興奮

嬉しい時や喜んでいる時、何かに怒っている時などの興奮状態にある時にも犬は震えます。

また大好きなおやつやおもちゃを焦らされてなかなか貰えない時などにも、興奮のあまり震えてしまいます。

飼い主さんが帰宅した時や大好きな人が遊びに来てくれた時などに、吠えたり飛び回ったりしながら震えているといったことが見受けられるかと思います。

また、何かにひどく怒っている時などにも興奮状態になるので震えることがあります。

嬉しい時も怒っている時も感情が鎮まれば震えも自然と治まりますが、怒っている時などは少し落ち着かせてあげると良いと思います。

寒さ

犬も人間と同様に寒さを感じると、熱を発生させる為に筋肉を震わせて体温を保とうとします。

元々犬は寒さに強いと言われていますし暖かそうな毛にも覆われていますから、多少のことでは寒くないだろうと思われがちですが、小さい頃から室内で育っている犬などは意外に寒さに弱かったりします。

寒さで震えている状態が長く続くと低体温症になってしまう恐れもありますので、十分に温めてあげて下さい。

室内室外に関わらず天候気温犬の個体差により寒さの感じ方も様々ですので、タオルや毛布を与える・服を着せる・エアコンを使用する・湯たんぽ・犬用マット・ペット用暖房器具などを使う等、飼育環境や犬に合ったスタイルで保温してあげると良いと思います。

寒さの厳しい冬場だけでなく、夏でも冷房などの効き過ぎにより寒さを感じ震えてしまう場合もありますので、年間を通して室温などに気を配ってあげて下さい。

特に、毛の短い犬種小型犬老犬子犬闘病中の犬などは体温を保持する力が弱く寒さが苦手な傾向にありますので注意が必要です。

トイレに行きたい

おしっこやうんちをしたいのにトイレに行けなかったり排泄したくない状況にあったりするとトイレを我慢して震えてしまうことがあります。

お尻をすぼめて小刻みに震えていたら、このケースにあたります。

我慢している理由としては、散歩時など外でしか排泄をしない・おしっこシーツなどトイレスペースが汚れている・ゲージ内など寝床スペースを汚したくないなどが挙げられます。

外出時などの場合には、トイレスペース(簡易トイレなど)が認識出来ない他の犬のマーキングが多く落ち着いて排泄出来ないというケースが考えられます。

トイレを我慢させてしまうことは健康上良くないことですから、トイレスペースに異常がないかチェックし気持ちよく排泄させてあげて下さい。

加齢

加齢による関節の痛みや筋力の衰えなどで、自分の体重や体を十分に支えることが出来なくなり震えてしまうことがあります。

特に後ろ足に起こるケースが多く、歩いている時には気にならなくとも立ち止まったりした際に、後ろ足だけがプルプルと震えだしてしまう場合があります。

小型犬やダックスなど手足の短い犬種など、筋肉量の少ない犬種体力のない犬の晩年には気を付けてあげて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

スポンサーリンク

まとめ

dachshund-1018409_960_720

今回は犬の震えから分かることについてお伝えしました。

大きく分けると、怪我や病気などが考えられる原因環境や精神的な原因から考えられる震えがありました。

痛みなどが疑われるもの、恐怖ストレス興奮などの精神的なもの、寒さトイレの我慢などの物理的なもの、からくる震えなど実に様々でした。

何が原因でワンちゃんが震えているのかを見極めるのは飼い主さんだからこそ出来ることではありますが、もし少しでも異常が感じられる様であれば早目に受診するということは忘れないでいて下さい。

体を小刻みに細かく震わせながら硬直してしまっているという場合は、ただの震えではなくて痙攣を起こしている状態になりますので気を付けて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

てんかんなの?病気なの?犬の痙攣の原因と対処法

関連記事として、

犬の元気がない!考えられる原因と病気が疑われる危険な症状

何だか犬が疲れてる?考えられる理由と症状

犬がくしゃみを連発!わざとって本当?その原因と逆くしゃみについて

犬の咳が止まらない!心臓や気管など咳から疑われる病気

犬がなめる理由って?人の手や腕や足、自分の体や床などをケース別に

犬ってどうして顔をなめてくるの?理由と意味をケース別に!止めさせる方法など

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加