何だか犬が疲れてる?考えられる理由と症状

何だか犬が人間みたいに疲れている時ってありますよね。

元気や食欲が無いわけでもなく、何に疲れたのか分からないけれど、どこか疲れた表情をしている時や、人間の様に帰宅後にバタンキューと寝てしまう時もあります。

今回は犬が疲れている時に考えられる理由と症状をお伝えします。

スポンサーリンク

犬が疲れている理由

dog-841720_960_720

お散歩や運動

いつもより長くお散歩に行った場合やいつもより多く運動をした場合は勿論のこと、いつもとは違う運動をしたり、お散歩コースを歩いたりすると疲れてしまう場合があります。

また、いつもと同じコースでも夏場など暑い時期や、夏場の夕方など涼しい時間でもまだアスファルトに地熱が残っていて犬が疲れてしまうという場合もあります。

寒さが厳しい時期も寒さで筋肉が収縮してしまいますので、いつもより疲れ易くなります。

お散歩や運動をしている時に犬がハァハァと舌を出していたら、疲れてきているサインですのでペースを落としたり、水分補給や休憩などを入れてあげて下さい。

また、犬は疲れてくると通常は左右交互に動かしている後ろ足が揃ってくる傾向にありますので、疲れのサインの参考にしてみて下さい。

犬が自分からお散歩コースを引き返そうとしたり、近道を行きたがったり、運動を止めて地面に伏せなどをしたら疲れている可能性も高くなりますので、無理をせず犬に合わせてあげることも大切です。

老化

犬も年を重ねるごとに体力や筋力が低下していきますので、疲れ易くなります。

いつもと同じお散歩コースや運動量なのに疲れ易いと感じたら、老化が始まっているのかもしれません。

犬は人間でいう40代にあたる7歳頃からシニア期に入ると言われています。

この位の年齢の犬が疲れ易いと感じたら、お散歩コースや運動量、運動の仕方を見直してみるのも良いと思います。

坂道や段差の多いお散歩コースなどは弱ってきている足腰に負担を掛け、更に疲れ易くなってしまう原因になりますので気を付けてみて下さい。

老犬になっても適度な運動を続けることは、体力や筋力の維持、気分転換や良い刺激になりとても良いことなのですが、犬が疲れない様に注意する必要があります。

こちらの記事もご参照下さい。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

車などでの移動

車などでのドライブや旅行で疲れてしまっている場合があります。

元々車が苦手な傾向にある犬は、少しの移動などでも疲れが出てしまうケースもあります。

乗り物による疲れは何日が残る場合もありますので注意して下さい。

犬は普段と違う環境にストレスを感じて疲れ易くなります。

その為、車内でもなるべく快適に過ごせる様に、水分補給などのケアを心掛けてあげることが大切です。

精神的なもの

人間同様に犬も、精神的な疲労により疲れを感じる場合があります。

犬が苦手なことや嫌いなことをさせたり、苦手な場所や嫌いな場所に連れて行ったり、苦手だったり、嫌いだったりする人や動物などに会ったりした場合などです。

また、初めての経験をした際などにストレスを感じ疲れてしまうことも多いようです。

外出が好きだったり、動物や人間との触れ合いが好きな犬の場合でも、お盆や年末年始などたくさんの来客があった際や、ドッグランなど色々な犬や人が行き来する場所に行った後には疲れてしまう場合もあります。

しかしストレスを感じていると言っても、食欲が無い場合でなければストレスを溜め込んでいる状態ではないケースがほとんどです。

その為、ゆっくり休ませてあげたり、スキンシップを取るなどしてケアしてあげることで疲れが取れる場合が多いようです。

スポンサーリンク

疲れにより出てくる症状

dog-1033159_960_720

よく寝る

犬も人間同様に疲れているとよく寝る傾向にあります。

楽しくても体力的に疲れていたり、精神的に疲弊していたりすると、ぐっすり寝てしまう場合が多くなります。

さっきまでドッグランで走り回り疲れた様子なんて見せていなかったのに、帰宅した途端眠ってしまったという場合はこのケースにあたると思います。

寝ている時に呼吸が荒くなる

余り多くは見られない様ですが、ぐっすり眠っている際に疲れにより急に呼吸が荒くなることがあります。

パンティングという唾液を蒸発させ体温を調節する行動からの場合もあります。

また、犬も夢を見ますので疲れていてレム睡眠に入り易く、何らかの夢を見ていて呼吸が荒くなっている場合もあります。

普段から呼吸が荒い場合呼吸困難の様な状態になっていない様でしたら、疲れからくるものだと考えられます。

こちらの記事もご参照下さい。

犬のいびきは病気?その原因といびきをかき易い犬種など

嘔吐

犬は疲れによって吐いてしまうことがあります。

疲れにより胃が上手く動かなくなってしまうのです。

少し動いた弾みで嘔吐してしまった場合などは、こちらのケースにあたります。

お散歩や運動をした後に勢いよくお水を飲み嘔吐してしまった場合は、体が疲れているサインですので、落ち着いてから水や食事を与える様にしてあげて下さい。

この際にぐったりしている場合は、疲れからくる嘔吐ではない可能性もありますので犬の様子に注意して早目に受診して下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

あくび

犬も人間と同じ様に疲れた時や眠いなどの脳の働きが低下した際に、酸素を取り入れ脳の血流を良くする為にあくびをします。

体力的に疲れている際には眠くなっている可能性も高くなりますので、あくびの回数が多くなる傾向にあるといえます。

こちらの記事もご参照下さい。

犬がよくあくびをする理由って何?あくびの意味をケース別にご紹介

スポンサーリンク

まとめ

dog-212419_960_720

今回はワンちゃんが疲れている時に考えられる理由と、疲れている時に出る症状についてお伝えしました。

ワンちゃんが疲れる理由は、人間と同じ様な体力的なものや精神的なものからくる場合が多いということが分かりました。

また、疲れから出る症状もよく寝たりあくびが多くなったり夢を見たり、寝ている時に呼吸が荒くなってしまうなど、人間と同じものが多く微笑ましくなりました。

そして、前後の行動などからただ疲れているだけかなと推測できる様であれば、大きな心配はいらないということも分かりましたので安心しました。

しかし疲れているというよりは元気が無かったり、食欲が無かったり、他の症状を伴っている場合には何らかの病気の可能性もありますので、早目に受診なさって下さい。

関連記事として

犬の元気がない!考えられる原因と病気が疑われる危険な症状

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加