犬の涙が止まらない!涙やけの原因と詳しいケア法

犬の目から涙が溢れて止まらない、その涙のせいで目の周りが常に濡れて鼻の横にまで汚れが広がってしまっている。

そんな流涙症(涙やけ)に苦心している飼い主さんを大変多く見受けます。

毛色が薄いと余計に目立ってしまい折角の可愛い顔に…と悲しい気持ちになってしまいますよね。

今回はその流涙症(涙やけ)について、その症状原因だけでなく詳しい治療ケア方法をお伝えしますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

流涙症(涙やけ)

pug-943499_640

流涙症とは、何らかの原因により涙が過剰に分泌されたり、涙の排液ルートである鼻涙管に異常が起きることにより、常に涙が溢れている状態が続く病気をいいます。

涙やけとは、この流涙症の症状により目の周囲が常に涙で濡れて汚れやすくなる為に、目頭や目の周り・鼻の横の毛が変色してしまう症状をさします。

涙と共に目やにも出ますので目や目の周りを清潔にし、結膜炎や皮膚湿疹を併発しない様に気を付ける必要があります。

本来、流涙症と涙やけは別のものではありますが、涙やけは流涙症という病気から引き起こされるものですので、今回は一緒に説明させて頂きます。

こちらもご参照下さい。

犬の涙が多い?涙を流す原因は?涙にまつわる目の病気と涙について

スポンサーリンク

流涙症(涙やけ)の症状

animal-272473_640

涙が常に溢れ、目やにが増える

涙は常に分泌され続けているものですが、正常な状態であれば目から溢れ出る程の量が分泌されることはありません。

流涙症の名前通りに常に涙が流れ続けることがこの病気の特徴ではありますが、その症状により涙やけが出来てはじめて発症に気が付くことも少なくない様です。

目の周りや鼻の横などの毛が変色する

涙やけの症状としては、目の周りや目頭から鼻にかけての毛が赤茶色に変色してしまうことなどが上げられます。

まぶたや目の周り、鼻の横などが炎症する

涙と共に出る目やにが毛の変色だけでなく、炎症や湿疹を引き起こしてしまう場合もあります。

炎症から痒みや痛みが出て、犬が患部や目をこすったり、掻いたりしてしまうと目への細菌感染や外傷など、他の病気を誘発してしまうことにもなります。

スポンサーリンク

流涙症(涙やけ)の原因

puppy-336707_640

物理的刺激

●目の中の異物

●逆まつげ

●目の周りの筋肉の異常や衰え

●目の炎症

物理的刺激により涙が出てしまう場合や、瞬きが少なくなり目が乾くことが刺激になり、流涙症の原因になってしまっているケースがあります。

また、結膜炎・角膜炎・眼瞼炎などの炎症が原因になっている場合もあります。

涙腺や鼻涙管などの器官的な欠陥

涙は涙腺などから分泌され、目と鼻を繋いでいる鼻涙管を通って鼻に抜けていく仕組みになっています。

この、涙を排出する器官である鼻涙管が詰まってしまったり、先天的に狭かったり、曲がっていたりすると排出しきれなかった涙が溢れ出て、流涙症を引き起こしてしまいます。

花粉や食物などのアレルギー

決まった場所決まった季節になると涙がよく出る場合には、花粉症などによる原因が考えられます。

体に発疹が見られたり、痒がっていたりする場合には、食物アレルギーによる原因も考えられます。

この様に、原因が目ではなく他にあることもあります。

目と鼻は繋がっていますのでそちらにも原因が有り得るということですし、食べ物からも影響を受けることがあります。

排尿が少ない

意外な原因として、排尿が少ないというものがあります。

これは、体中の老廃物がおしっことしてきちんと排出されなかった際に、目・耳・毛穴などの穴から滲み出てきてしまい、それが涙の過剰分泌に繋がってしまうというものです。

おしっこの色がいつでも濃い黄色をしている様でしたら、排尿を促す水分が足りていないことが考えられますので水分補給を心掛けてみて下さい。

食べ物に問題がある

食べ物よる涙やけの原因として最も挙げられているのは、主に肉類に含まれているタンパク質不足です。

また、ドッグフード(ドライ・ウェット・レトルトなど全般)や、おやつ(クッキー・ジャーキーなど全般)に含まれる防腐剤合成保存料などの、何らかの添加物が原因になる場合もあると言われています。

これらを摂取することにより、涙の成分がドロドロとしてきてしまい涙がスムーズに排出されなくなってしまったり、鼻涙官を詰まらせてしまう為です。

ドッグフードやおやつ自体がすべて悪いというわけではないのですが、ドッグフードなどによる栄養バランスの不良以外にも、そのドッグフードが愛犬に合っているか?合っていないか?などの個々の体質的な問題もあります。

毛の変色の原因

涙で濡れた毛が赤茶色に変色してしまう原因ですが、これは涙やけの名前の通りバクテリアが繁殖して毛が焼けてしまったり、涙に含まれるタンパク質が紫外線にあたることにより化学反応を起こしてしまうことで引き起こされます。

しかし、単純に涙で毛が濡れて汚れてしまっている場合もありますので、こまめに拭いて清潔に保つことも必要になります。

スポンサーリンク

流涙症(涙やけ)の治療

puppy-240724_640

異物の除去

異物の侵入が認められる場合は、目の洗浄や異物を取り除くことから治療が始められます。

目の周りの毛が異物の原因になっている場合には、その毛をカットしたり、抜くなどの対処が行われます。

他の病気、アレルギーなどの治療

角膜炎・結膜炎・涙嚢炎などの目の病気や、鼻炎・副鼻腔炎などの鼻の病気やアレルギーからの発症の場合は、そちらの治療を行います。

治療方法としては主に、抗炎症剤・抗生物質などの点眼薬や投薬が行われます。

鼻涙管の洗浄

涙の排水溝である鼻涙管が何らかの原因で詰まっている場合には、鼻涙管洗浄が行われます。

これは、麻酔を使用しカニューレという細く柔らかいチューブ鼻涙管に入れ、水圧を掛けて詰まりを取り除くという治療です。

鼻涙官の洗浄と聞くとちょっと大掛かりで怖そうなイメージがありますが、5分程度で終わる治療だそうです

しかしこの様に鼻涙管洗浄をしても完治しないことも多いと言われており、定期的に洗浄を繰り返さなければならないケースもみられます。

その為、そうなってしまった場合には再閉塞を予防する為に、カテーテルという細いチューブを鼻涙官に挿入することもあるようです。

その他の治療としては、まぶたのマッサージホットパックなどを治療と平行して行ってくれる動物病院もあるそうです。

外科手術

先天的に涙を通す穴が開いていないなどの原因がみられる場合には、その穴を開ける外科手術が行われることがあります。

また、鼻に繋がる箇所での閉塞が見られる場合には、涙嚢と鼻腔を繋げる外科手術をする場合もあります。

先天的な異常が無い場合でも、長期間鼻涙官が詰まっている状態が続くと鼻涙管が癒着し閉塞している可能性が高くなってしまいますので、癒着が重度の場合には手術が必要になるケースもあります。

排尿を促す

極端に排尿が少ない場合には、利尿剤が使用される場合もあります。

スポンサーリンク

流涙症(涙やけ)のケア

dog-460583_640

排尿を促す

余りお水を飲まない犬には排尿を促す水分を摂らせる為に、ドッグフードにスープやぬるま湯を掛けて与えるなどの工夫をします。

また、水分が豊富な野菜や果物などをいつもの食事のトッピングとして使用するのも効果的です。

特にドッグフードだけを食べているという場合には、積極的に水分を与えることを心掛けて下さい。

屋外でしかおしっこをしない犬の場合には、お散歩の時間や運動量が足りていないとおしっこを溜めてしまうことにもなりますので、そちらにも気を配ってあげて下さい。

こちらもご参照下さい。

犬にキャベツを与えて大丈夫?生は?芯は?量は?良い点と注意点

ブロッコリーを犬に与えて良いの?芯は?スプラウトは?良い点と注意点

犬へのヨーグルトの効果は?口臭予防やてんかんにも良いって本当?

良質なたんぱく質を与える

食物に問題がある場合には、良質なたんぱく質を与えることが最も効果が出ると言われています。

たんぱく質は主に肉類に含まれているものです。

その中でも、鶏の手羽先などを与えることに効果があったという飼い主さんを多く見受けました。

肉食を主体にした手作り食に変えたことで、早ければ10日程、ほとんどの場合が1ヶ月程度、長くても3ヶ月程で完治したと言われています。

効果があったという手作りご飯や手作りオヤツの情報は沢山ありますので、医学的な治療ではあまり改善がみられない様でしたら、そちらを参考に手作り食に切り替えてみるのも良いと思います。

また、毎食ではなくとも出来る範囲で手作り食を与えてみたり、いつものドッグフードに良質なたんぱく質(お肉だけでなくお魚でも良いそうです)を加えるだけでも改善がみられることがありますので、そういった形で試してみるのも良いと思います。

こうした方法ならば、自分の食事を作る際や食べ残しからも応用出来ますので、手軽に取り入れることが出来るかと思います。

オーガニックフード

とは言え、手作りの食事は負担が大きいという飼い主さんもいらっしゃることでしょう。

その場合は少々お値段は高くなりますが、オーガニックなどの良質なドッグフードおやつを与えるというのもひとつの手段です。

この様に、一概にドッグフードが悪いというものでもなく、単純にドッグフードが犬に合っていないという場合もありますので、色々試してみるのも良いかもしれません。

ホウ酸水で変色した毛をケアする

涙やけにより変色してしまった毛のケアは、ホウ酸水を使用するのが効果的です。

ホウ酸は日本薬局法で定められている医薬品のひとつで、犬だけでなく人間の目や目の周りの洗浄にも適している、皮膚や毛に優しく殺菌作用がある薬品です。

薬局でかなりお手頃な価格で販売されています。

このホウ酸を使った2%程度の濃度のホウ酸水で、変色してしまった毛をこまめに拭いてあげると涙やけがきれいになります。

ホウ酸は水に溶けにくいのですが熱では変質しない性質でもありますので、沸騰させた水に混ぜても問題はありません。

水道水の塩素などの品質が気になるようであれば、市販の天然水などを使用するのも良いと思いますが、水道水を沸騰させることは殺菌にもなりますので、そちらを大きく気にすることはないと思います。

スポンサーリンク

流涙症(涙やけ)にかかりやすい犬種

dog-273859_640

●プードル

●マルチーズ

●チワワ

●ポメラニアン

●シーズー

●パグ

●ブルドック

●テリア

目が大きく鼻が短い犬種小型犬毛色の薄い犬種に多くみられます。

スポンサーリンク

まとめ

puppy-696249_640

今回は流涙症(涙やけ)症状原因、その治療ケアについてお伝えしました。

涙が循環されず溢れ続けてしまう『流涙症』、そしてその流涙症により涙で毛が変色してしまう『涙やけ』、その原因が涙の分泌や排出に問題があるケース、食べ物にあるケース、などがありました。

涙や目やにの量にはワンちゃんの目の異常が最も出易く、飼い主さんもその異常に気付き易い箇所でもあります。

これらの異常が見られた場合には、早期に診察を受け適切な治療をすることがワンちゃんの目を守る大事な手段になると思います。

また、今回の病気はその症状が重度でなくとも、長期の治療やケアが必要になるケースが多く見受けられました。

その為、飼い主さんが焦らずに治療やケアを続けていくことも大切だと感じました。

手作り食による食事療法なども何かしらの工夫で負担は少なくなり得ますので、あまり重く受け止めずまずは今出来ることから始めてみて、続けられる様であれば少しずつその出来る範囲を広げてみるといった感じで気長に付き合ってみて下さい。

関連記事として

犬の目やには色に注意!病気の判断や取り方まで

犬の目の病気?目やにや充血、白濁から分かる症状と治療法

目が乾くのに人間とは違う犬のドライアイ、その原因と治療法

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

こちらの記事も合わせてお読み下さい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加