犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

犬が突然白や黄色の泡を吐いたり、食べたドッグフードをそのまま吐き出してしまうことがあります。

胃液なの?何か病気なのかな?と心配になってしまいますが、吐いた後に何事もなかった様に元気にしている場合が多く、一体何が原因だったんだろう?と思うこともしばしばです。

今回は犬の『吐く』という状態には2種類あるということと、吐いた物や色から分かることと、吐いた時の対処法ケース別にお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

関連記事として

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク

犬の『吐く』とは

dog-672222_640

犬は四つ足の動物ですので胃が横向きになっていたり、胃液が濃かったりするなど人間よりも吐き易い体の構造をしている為、比較的よく吐くと言えます。

そして、犬の『吐く』という行為には、『吐き戻し』『嘔吐』2種類が存在します。

吐く物吐き方で『吐き戻し』と『嘔吐』のどちらなのかを判別することで、その原因を推測することが可能になります。

吐き戻し

吐く物を前方に飛ばす様な勢いのある吐き方をし、吐いた物が消化されていない場合を『吐き出し』と言います。

これは食べた物が胃腸に達する前に逆流している状態で、その為ほぼ原形を留めている吐き出したものをもう1度食べようとする行為が見られ、吐いた後でも比較的元気であることが多いです。

吐き戻しの原因は、主に喉や食道にあると言われています。

何かを食べる度に吐き戻し行為が見られる場合は、食道などに何かしらの異常があり食べ物が飲み込めなくなる嚥下困難であるケースも考えられますので、早目の受診をおすすめします。

嘔吐

下を向いて吐き、吐いた物がある程度消化されている場合を『嘔吐』と言います。

食べた物が1度胃腸に入り少し消化されたものの何らかの異常により体外へ吐き戻された状態で、吐き出されたものは消化によりドロドロとした形状になっている場合が多く、吐いた物をもう1度食べるということはほとんどありません。

嘔吐の原因は、急性の胃腸炎など主に胃腸などの異常によるものだと言われていますが、腎臓や肝臓などその他に原因がある場合もあります。

吐いた物にが混じっていたり、他の症状が伴っている場合には早目の受診をおすすめします。

スポンサーリンク

吐いたものの色

dog-704921_640

白・透明の泡

白や透明の泡だったものは胃液ですので、胃酸過多胃が弱っているなどの理由により胃液が逆流している可能性が高いです。

原因は空腹食べ過ぎ消化不良ストレスなどが考えられます。

犬は人間より胃液が濃い為、1番多い原因は空腹によるものだと言われています。

こちらの記事もご参照下さい。

どうしてドッグフードを食べないの?考えられる原因とその対処法

犬へのヨーグルトの効果は?口臭予防やてんかんにも良いって本当?

りんごを犬が食べるのは大丈夫?皮は?アレルギーは?下痢や嘔吐は?

黄色

黄色い液体は肝臓で作られた胆汁ですので、十二指腸に分泌された胆汁が何らかの理由で
胃に逆流している可能性が高くなります。

黄色い胆汁が泡立っている場合は、胃液と混ざっている状態です。

原因としては空腹食べ過ぎ消化不良食物アレルギーなどが考えられます。

血が混じっている状態で、胃潰瘍や腫瘍などの病気が疑われますので、早目の受診をおすすめします。

また、何かしらの中毒や異物を誤飲してしまった場合にも出血するケースがあります。

下痢血便腹痛など他の症状が伴っている場合が多い為、そちらにも注意が必要です。

こちらの記事もご参照下さい。

バレンタイン間近の愛犬トラブル!犬のチョコレート誤食には要注意!

犬とぶどうの組合せに要注意!あまり知られていないNG食の理由について

茶色

出血した血が胃腸などにとどまり、消化され酸化したり、時間が経過することにより変色し茶色になっている恐れがありますので、早目の受診をおすすめします。

重い潰瘍や腫瘍である場合は、吐いた物が赤よりも茶色や黒色になってしまっているケースがあり、他の症状が伴っていることも多いようですので注意して下さい。

スポンサーリンク

吐いた物

dog-933775_640

未消化の食べ物

『吐き戻し』の状態にあると言えます。

早食いやよく噛まずに丸呑みしてしまったなどの原因により、食べた物などが食道などに詰まり逆流してしまった状態です。

吐き戻した物をもう1度食べてしまうことも多く、この場合は心配はいらないケースです。

食事をした1時間後など時間が経過した後に未消化のものを吐いた場合には、何らかの疾患が疑われますので早目の受診をおすすめします。

異物

吐いた物に何らかの異物が入っている場合には、早目の受診をおすすめします。

吐いた異物以外にもまだお腹に異物が残っている可能性も考えられますし、異物によっては他の症状を引き起こしてしまう可能性がある物もありますので、注意が必要です。

自分の毛や毛玉などの消化出来ないものが胃に溜まり、胃をきれいにする為に吐くケースもありますが、その場合も吐いた後の犬の様子などには気を配ってあげて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

芯の誤飲に注意!消化やアレルギーが心配なとうもろこしを犬が食べてもいいの?

犬がアーモンドを食べた!アーモンドプードル・ミルク・オイルは大丈夫?

犬は栗を食べても大丈夫?アレルギーは?栗の適量や与え方など

スポンサーリンク

吐いた時の対処法

dog-78784_640

元気で食欲もある

1・2回嘔吐した程度で元気で食欲もあり、発熱や下痢などの他の症状が伴っていない場合には、急性胃炎である可能性が高い為、半日程度絶食して胃腸などの消化器官を休ませてみて下さい。

お水は飲ませても構いませんが、余り沢山飲ませない様に気を付けて下さい。

食事を再開させる際は、空腹の状態から急に食べさせてしまうとまた吐いてしまう恐れがありますので、いつもの量より少なく回数を増やすような形で与えるのが望ましいです。

ドッグフードをぬるま湯でふやかして軟らかくして、消化し易くして与えるのも効果的です。

ドッグフードを食べた後

食べた物が未消化のまま吐き出されたという場合は、早食いの為に食べた物が食道などに詰まり吐き戻してしまった可能性が高いです。

食欲旺盛な犬にはよく見られる傾向で、吐き戻したものをまた食べてしまうケースも多く、その場合には特に心配はいらないと言えます。

犬は食べ物をよく噛まずに大きな塊のまま飲み込んでしまうことが多く、慌てて食べてしまうことも多いので、早食いの為に吐いてしまうことが多い場合はゆっくり食べさせる工夫をしてみて下さい。

迷路の様な形になった食器や、ドッグフードを少量ずつ与えることも効果的です。

食べ終わった後に吐く場合には、ドッグフードの量が多過ぎる場合も有り得ますので、量の調整1日の食事の回数を増やすなどしてみて下さい。

これはドッグフードが胃で水分を含むと膨張し易い為に、胃が急に苦しくなって吐き戻してしまう可能性があるからです。

こちらの記事もご参照下さい。

ドッグフードの選び方が分からない方に!タイプ別、サイズ別、年齢別、目的別の特徴

ドッグフードはいつ何回どれだけあげればいい?量や回数、時間帯について

草を食べて吐く

お散歩中に道端に生えている草観葉植物などを食べて吐いている場合は、本能的に胃腸の調子を整えようとしています。

草を食べることで胃を刺激し、過剰に分泌されてしまった胃酸胃の中の食べ物を吐き出そうとしているのです。

しかし草の種類によっては犬に取って有害な物もありますし、除草剤などが散布されている恐れも考えられますので注意が必要です。

こういった場合に犬が食べても問題が無い毛玉を吐く為の草などが販売されていますので、そちらを用意しておくのも良いと思います。

草による整腸は犬の習性とも言えますので頻繁に見られる様でなければ特に心配はいりませんが、繰り返される様でしたら何らかの胃腸の病気が疑われる場合もありますので、早目の受診をおすすめします。

朝・夜中に吐く

食事前の朝に吐いてしまう場合や夜中などに吐いた形跡が見られる場合には、空腹により吐いてしまっている可能性が高いです。

胃が空になっている時間が長いと胃酸過多になり易い為、その胃液で胸やけなどがして吐いてしまうのです。

その場合には、空腹の時間を短くすることが効果的です。

1日の食事量はそのままで回数を増やしたり、寝る前に少しだけ食べ物を与えてみたり、腹持ちの良いドッグフードなどに変えてみると改善されるかと思います。

繰り返し吐く

繰り返し吐いている場合には何らかの疾患が疑われる可能性が高いですので、早目の受診をおすすめします。

異物の誤飲や何らかの中毒アレルギー感染症消化器系の病気など様々な可能性があります。

他の症状を伴っている場合もありますので、注意が必要です。

また、繰り返し吐いている場合には脱水症状を引き起こしてしまうことも有り得ますので、水分補給に気を付けてあげて下さい。

他の症状が伴っている

嘔吐の他に発熱下痢ぐったりとして元気が無いなど、他の症状を伴っている場合には早目の受診をおすすめします。

他にはよだれ痙攣歯茎の色が悪くなるなどの症状を伴う場合があります。

異物の誤飲や何らかの中毒アレルギー感染症、何らかの病気など様々な可能性が考えられます。

こちらの記事もご参照下さい。

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

てんかんなの?病気なの?犬の痙攣の原因と対処法

犬の咳が止まらない!心臓や気管など咳から疑われる病気

スポンサーリンク

まとめ

beauceron-869031_960_720

今回はワンちゃんの『吐く』という状態には2種類あるということと、吐いた物や色から分かること吐いた時の対処法ケース別にお伝えしました。

未消化のものを吐くことを『吐き戻し』消化されたものを吐くことを『嘔吐』と言い、同じ『吐く』という行為でも分けられていることが分かりました。

また、『吐き戻し』は特に心配がいらないことが多く、『嘔吐』は何らかの疾患が疑われるということも分かりました。

ワンちゃんは胃液が濃かったり胃が横向きであったりと、人間よりも吐き易い為、空腹の時間を長く作らないなど注意してあげなければならないこともありましたね。

しかし吐き易いといっても『嘔吐』の状態では、何らかの疾患が疑われることも多いようですので、ワンちゃんが吐いている時には吐いている物や体調にも注意を払ってみて下さい。

関連記事として

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加