犬のいびきは病気?その原因といびきをかき易い犬種など

犬のいびきを聞いたことがありますか?

チワワやダックス、トイプードルなどがいびきをかいていると、え?!こんな小さくて可愛い犬がお父さんみたいないびきを?!とビックリしてしまいますよね。

また、豪快過ぎるいびき頻繁にかいていたり、少し苦しそうにいびきをかいていたり、いびきのような呼吸になっていると、何かの病気なのかな?と心配になってしまいます。

今回は犬のいびきの原因疑われる病気犬のいびきの注意点などをお伝えします。

スポンサーリンク

犬のいびき

cat-and-dog-775116_960_720

人間と同じ様に犬も寝ている時は、空気を鼻や口から吸い込んで喉や気管から肺に送ることで呼吸をします。

この呼吸の際に、空気の通り道の何処かが何らかの理由で狭くなり、そこを空気が通ることで粘膜などが振動し音を立てることで、いびきになります。

スポンサーリンク

犬のいびきの原因

dog-762649_960_720

いびきをかき易い犬種

●パグ

●ピグニーズ

●ボストンテリア

●フレンチブルドッグ

●シーズー

などの短頭種はいびきをかき易いと言われています。

これらの犬種は鼻が短い為に鼻腔が狭く、上顎の奥にある軟口蓋(なんこうがい)と呼ばれる部分が長いので、気道がふさがり易くなっています。

その為、呼吸の際の空気の通りを妨げられ易く、元々いびきをかき易い体の構造になっているのです。

この様な理由から、高齢ではないこれらの犬種がいびきをよくかいている場合には、特別大きな心配はいらないとされています。

太っている

人間と同じ様に犬も太っているといびきをかき易くなります。

喉や首の周辺に脂肪が付いてしまい、気管を圧迫して狭めてしまうからです。

太っていることが原因である場合には、ダイエットが必要になります。

食事管理運動量を増やすなどして、いびきを改善させてあげて下さい。

ダイエットについては、

犬のダイエットは計画的に!食事や運動などの方法色々

こちらも参考にしてみて下さい。

寝る体勢

気管を圧迫する様な寝方をしている場合に、いびきをかくことがあります。

また、手足を伸ばして寝ている際などにも多く見られるようです。

この場合は、いびきをかいている時に寝ている体勢を変えてみてあげて下さい。

変な寝相になっている時だけでなく、首や顔の向きによりいびきをかいていることも考えられます。

また、ペットベッドやクッションなど寝る時に使用している物により、気道を圧迫する体勢になり易くなっている可能性も有り得ますので、寝具などを見直してみるのも良いかもしれません。

疲れ

犬も人間と同じ様に疲れているといびきをかくことがあります。

一時的ないびきであればこのケースにあたりますので、特に大きな心配はいりません

こちらの記事もご参照下さい。

何だか犬が疲れてる?考えられる理由と症状

犬の元気がない!考えられる原因と病気が疑われる危険な症状

煙草の煙

煙草の煙が犬の鼻の粘膜を傷付けいびきに繋がっている場合があります。

これは、鼻の粘膜が強い刺激を受け、その粘膜を守ろうと鼻水を出すことによります。

鼻水が出ることで鼻づまりを起こし、いびきをかく原因になってしまうのです。

この場合は、屋外や犬のいない場所で喫煙するか、こまめな換気空気清浄機などを使用してみて下さい。

鼻水・鼻づまり

上記した煙草の煙以外にも、寒さなど何らかの原因により鼻水・鼻づまりを起こしていると、いびきをかき易くなります。

鼻水や鼻づまりにより、呼吸の際の空気の通り道が詰まってしまう為です。

寒さの厳しい時期などは、を着せたり、毛布など体を包むものを与えたり、室温に気を配ったりと、寒さ対策をしてみて下さい。

また、煙草の煙と似た様なケースですが何らかの臭いが鼻の粘膜を刺激して鼻水が出ている場合があります。

蚊取り線香やお香などが犬の鼻に取っては大きな刺激になっている場合も有り得ますので、いびきの原因が鼻水である場合には、犬の鼻に刺激になる物がないか確認してみて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

犬がくしゃみを連発!わざとって本当?その原因と逆くしゃみについて

アレルギー

何らかのアレルギーにより鼻水が出てしまい、いびきの原因になっている可能性があります。

鼻水により呼吸時の空気の通りが悪くなってしまう為です。

元々何らかのアレルギーを持っている犬もいれば、花粉症の様に突然発症するアレルギーもあります。

一定の時期になると鼻水がよく出る様になり、いびきをかくことが多くなるという場合には、何らかのアレルギーを疑ってみて下さい。

投薬

筋肉が緩和する様な痛み止めなどの薬を飲んでいると、筋肉が緩むことにより気道を狭めてしまうことがあり、いびきに繋がってしまうケースがあります。

一時的な投薬であれば、薬を飲まなくなれば改善されることが多いと言われています。

長期に渡る投薬が必要な場合は、いびきの原因が投薬にあるのかも含めて、獣医さんに相談されてみるのも良いと思います。

老化

老化により喉や首などの筋肉が衰えて気管などを圧迫し、いびきをかくことがあります。

しかし高齢になって突然いびきが大きくなったり、頻繁になったり、いびきの際の呼吸が苦しそうな場合は何かしらの病気のサインである可能性もありますので、早目の受診をおすすめします。

こちらの記事もご参照下さい。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

スポンサーリンク

犬のいびきから疑われる病気

dog-669494_960_720

軟口蓋過長症

軟口蓋過長症とは、上顎の奥にある軟口蓋(なんこうがい)と呼ばれる部分が長く伸び気道をふさいでしまい、正常な呼吸が出来なくなる呼吸器系の病気です。

この病気は先天的な場合がほとんどであると言われていますが、後天的に発症する場合もあります。

症状としてはいびきの他に、呼吸がし辛くなることが挙げられます。

治療方法は、一瞬呼吸止まって苦しそうにしているなど症状が酷い場合などに、軟口蓋の一部を切除し短くする外科手術が行われます。

その際に再発を防ぐ為、鼻腔を広げる手術が同時に行われることもあるようです。

気管虚脱

気管虚脱とは、本来はホース状になっている気管が何らかの原因により押し潰され狭くなってしまう病気です。

気管は1度潰れてしまうと元には戻らない為、完治が難しい難病とされています。

肥満犬中・高齢犬チワワトイプードルヨークシャーテリアなどの小型犬に発症し易いと言われています。

また、夏に発症し易いとも言われており、暑さや湿度などにより急激に進行してしまうこともあります。

症状としてはいびきの他に、呼吸が荒くなったり、ガチョウが鳴く様な乾いた咳をしたり、悪化すると呼吸困難を引き起こし命に関わる場合もあります。

治療方法は対症療法になり、症状が軽い内は咳止め抗炎症剤などを使用した内科療法が行われます。

症状が進行すると酸素吸入気管修復の外科手術などが必要になりますが、再発することも多いと言われています。

心臓肥大

心臓肥大はその名前の通り心臓が肥大していってしまう、心臓の病気の中で最も発症し易い病気です。

症状としては、犬は心臓のすぐそばに気管がある為、肥大した心臓に気管支が圧迫され、いびきの様な呼吸音や咳が発生します。

治療は基本的に症状を和らげたり、病気の進行を遅らせる投薬などの内科療法が行われます

鼻腔の腫瘍

鼻腔などに腫瘍が出来てしまっている場合に、気道がふさがれていびきをかくことがあります。

鼻腔に腫瘍が出来ることはまれであると言われています。

しかし、多くの場合は悪性であり手術が困難な箇所である為、手術は不可能だと言われています。

シェルティやコリーなどの鼻の長い長頭種によく見られる病気です。

症状としてはいびきの他に、鼻に何かが詰まった様な呼吸をしたり、鼻水鼻血顔の腫れなどが挙げられます。

治療には、抗がん剤の投与放射線治療が行われます。

スポンサーリンク

犬のいびきの注意点

shiba-inu-262843_960_720

●突然いびきをかくようになった

●頻繁にいびきをかいている

●いびきが急にひどくなった

●高齢になってからいびきがひどくなった

●寝ている時の呼吸が苦しそう

●いびきの様な呼吸をしている

●いびき以外の症状も併発している

上記の様ないびきの場合には、何かしらの病気の疑いも有り得ますので早目の受診をおすすめします。

また、病気の疑いが無い場合にも、慢性的ないびきは正常な呼吸を妨げる恐れがあります。

睡眠中に一瞬呼吸が止まってしまう様なことが続くと体内に酸素が行き渡らなくなってしまいますし、犬にも無呼吸症候群があるとも言われています。

他には、犬は寝ている間も呼吸により体の熱を外に出して体温調節をしていますので、これが正常に行われない場合には、夏場などに熱中症になり易くなると言われています。

スポンサーリンク

まとめ

setter-181676_960_720

今回はワンちゃんのいびきの原因いびきから疑われる病気ワンちゃんのいびきの注意点などをお伝えしました。

ワンちゃんのいびきの原因は様々でしたが、人間と同じ様ないびきの原因も多々あり対処がし易く感じました。

しかし怖い病気が疑われる場合もあり、これも人間と同じ様にひどいいびき頻繁ないびき突然のいびきの場合には早目の受診が必要であると感じました。

いびきをかくワンちゃんは意外に沢山いますが、だからウチの子は大丈夫!と思わずに、いびきが気になった際には早目の受診をおすすめします。

関連記事として

犬の咳が止まらない!心臓や気管など咳から疑われる病気

犬がよくあくびをする理由って何?あくびの意味をケース別にご紹介

犬が震えてる!怖いの?寒いの?痛いの?考えられる犬の震えの原因

鳴き声で犬の気持ちは分かる?その意味と種類

犬が吠える原因は?無駄吠えの理由と対処法

犬ってどうして顔をなめてくるの?理由と意味をケース別に!止めさせる方法など

犬がなめる理由って?人の手や腕や足、自分の体や床などをケース別に

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加