シー・ズーの特徴や性格を知って飼い方を学ぼう!シー・ズー大全!

美しいロングコートの被毛を纏い、愛玩犬として幅広い世代から支持され続けているシー・ズー。
理解力に長け、穏やかでマイペースなため、飼いやすい犬種とされています。

しかし、かつて中国の宮廷で神聖視され、大切に育てられていた歴史を持つシー・ズーは、その高貴な気質から時に頑固であるとも言われています。
そんなシー・ズーの特徴から性格、飼い方から歴史まで、本記事で詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク

シー・ズーの特徴

童顔で鼻ぺちゃが魅力的なシー・ズー

シー・ズーの一般的な体高は約20〜26.5cm、体重は約4.5〜7.5kg程度で、小型犬に分類されています。
体つきは、全体的に骨が太く筋肉質な体となっています。
菊の花と表されることもある顔は童顔で、まん丸な目ぺちゃっとした鼻垂れた耳長い飾り毛がついた巻き尾が特徴的です。

気品溢れる長毛と豊富な毛色

被毛は、気品が感じられる美しい長毛で、オーバーコートとアンダーコートの2層からなるダブルコートの犬種です。
抜け毛はさほど多くありませんが、毛は手入れを怠ると伸びすぎてしまうため、毎日のブラッシングと、定期的なシャンプー、トリミングが欠かせません。

シー・ズーは、子犬から成犬になっていく過程で、毛色が少しずつ変化していくと言われています。
毛色はあらゆるカラーが認められていますが、シー・ズーの代表的なカラーは以下のとおりです。

  • ホワイト&ゴールド
  • ホワイト&ブラック
  • ソリッド(単色) 
  • その他パーティ・カラー 

日本国内では、ホワイト&ゴールドの毛色が一般的で一番人気となっていますが、アメリカでは日本ではあまり見かけないソリッドのオールブラックが人気となっています。

スポンサーリンク

シー・ズーの性格

フレンドリーで人懐こいシー・ズー

シー・ズーは、友好的明るく人懐こい性格の持ち主です。
溌剌としていて好奇心も旺盛なため、散歩では積極的に知らない人や他の犬に対して触れ合うことができる高い社交性を持っています。
子供とも上手に遊ぶことができますので、家族に小さな子供さんがいる家庭にはオススメの犬種です。

遊び好きなシー・ズーはスキンシップを大切に

シー・ズーは、運動量はさほど必要ありませんが、小型犬ながら活動的遊び好きな性格の持ち主です。
毎日の散歩とは別に、短時間で構いませんので、家の中でスキンシップの時間を取り、ストレスを溜めさせないようにしましょう。

留守番も問題なし?シー・ズーの高い自立心

飼い主やその家族に対しては愛情深く、普段は穏やかマイペースに過ごすことを好みます
自立心が高い犬種のため留守番はさほど苦になりませんが、幼犬期から適切なしつけをしていないと、稀に無駄吠えをする個体もいますので注意しましょう。

こちらの記事も参照してください。

犬が吠える原因は?無駄吠えの理由と対処法

誇り高く、頑固なシー・ズー

シー・ズーは理解力に長け賢い犬種であるとされており、比較的しつけやすい犬種です。
しかし、もともと王宮で大切にお世話をされていた犬種なだけあってプライドが高く頑固な一面も持っています。
間違ったしつけを行うとなかなか直らないことがありますので、幼犬期から丁寧に教え込むようにしましょう。

スポンサーリンク

シー・ズーの飼い方

適度な運動でストレスと肥満を予防しよう

シー・ズーは、小型犬でそれほど運動量を必要しませんが、適度な運動は肥満の予防につながりますので、暑い夏以外は毎日15〜20分程度の散歩を行うようにしましょう。

シー・ズーは活発遊びが大好きな犬種ですので、ストレスをためないよう室内でのスキンシップの時間も大切にしてください。

美しいシー・ズーの被毛の手入れ

シー・ズーの一番の魅力といっても過言ではない美しい被毛は、毎日の手入れが欠かせません。
ショートヘアーの場合はスリッカーを使って毎日ブラッシングをし、抜け毛を取り除いてあげましょう。
ロングヘアーの場合は、毛のもつれ毛玉などをあらかじめほぐしてからスリッカーで丁寧にブラッシングし、ピンブラシで毛の流れを美しく整えてあげてください。
シー・ズーは豊富な毛量のわりに抜け毛は少ない方とされていますが、ブラッシングを怠ると被毛が汚れやすくなり、臭いもきつくなることがあります。

様々なヘアスタイルを楽しもう

シー・ズーは、目や耳、皮膚のトラブルが多く、皮膚病になりやすいため、2〜3週間に一度はシャンプーを行うようにしましょう。
こまめな手入れが難しい場合は、シャンプーとトリミングをセットでプロにお願いするのもオススメです。
シー・ズーの長く美しい毛は、他の犬種ではなかなか味わうことができない様々なトリミングカットや可愛いらしいヘアスタイルが可能ですので、ぜひ愛犬のスタイリングを楽しみながら育ててあげてください。

こちらの記事も参照してください。

現役トリマーが教える犬のシャンプー・ブローのやり方!頻度、温度などの極意を徹底解説!

現役トリマーが犬のトリミングの必要性、頻度、費用、自宅でできることまで徹底解説!

スポンサーリンク

シー・ズーのしつけ

シー・ズーは、賢く物覚えが良い犬種ですので、しつけに困ることは少ないとされています。
しかし、マイペースな性格のため、幼犬期から根気よく愛犬のペースに合わせてしつけを行うようにしましょう。

触られることに慣れさせよう

毎日の被毛の手入れが必要なシー・ズーは、全身を触られることに慣れさせることが大切となります。
トリミングサロンなどに行く場合は、長時間身体を抑えられることも少なくありません。
子犬の頃から遊びやスキンシップを通して、手足に触れたり、ハグをしたり、頭や身体を撫でたり、時には仰向けにして遊ぶなどをして、触られることに抵抗を感じないよう少しずつしつけをしていきましょう。

頑固なシー・ズーには一貫した態度で接しよう

シー・ズーは、無駄吠えや噛み癖が少ない犬種とされていますが、しつけ次第では吠えることもあります。
穏やか社交性も高いため、他の人や物に対して警戒心は強い方ではありませんが、要求吠えをしてくることがありますので、その際は怒らずにはっきりとリーダーらしい振る舞いで注意するようにしましょう。
頑固なシー・ズーは、甘やかして我儘を見逃したり、曖昧な態度で接していると、正しい方向へしつけし直すことが大変難しくなります。

スポンサーリンク

シー・ズーの病気

シー・ズーは身体が丈夫で病気にかかりにくい犬種ですが、目の病気には注意が必要とされています。
また、鼻ぺちゃで個体によっては呼吸器系の病気にかかることもあり、皮膚病にも注意が必要です。
かかりやすい主な病気は以下となります。

角膜炎

角膜炎は、特にシー・ズーに多い病気とされています。
角膜炎には幾つかの種類があり、目の周りの毛や逆さまつげなどが角膜に当たり傷つくことから始まる外傷性角膜炎、慢性的な結膜炎や先天的な涙腺異常で乾燥して角膜に傷がつき炎症する乾性角膜炎、ドライアイや目の周りの毛が角膜に当たり続けることで傷つき、慢性的に炎症を起こして黒い色素が沈着してしまう色素性角膜炎があります。

症状としては、目をショボショボさせたり、明るい光をまぶしがったり、目が赤く炎症したり、涙や涙やけがよく出るようになったり、目をこすったりします。

どのタイプの角膜炎においても、点眼が治療の基本となります。
また、軽度であれば抗生剤の投与や、目の周りにある被毛のカット逆さまつげを直す手術などで対処は可能ですが、悪化すると緑内障を併発したり、最悪の場合は視力を失うこともありますので、愛犬に不自然な仕草が見られたら、早めに病院へ行って適切な処置を受けるようにしましょう。

こちらの記事も参照してください。

犬の目やには色に注意!病気の判断や取り方まで

犬の目の病気?目やにや充血、白濁から分かる症状と治療法

犬の涙が多い?涙を流す原因は?涙にまつわる目の病気と涙について

犬の涙が止まらない!涙やけの原因と詳しいケア法

目が乾くのに人間とは違う犬のドライアイ、その原因と治療法

気管虚脱

気管虚脱は、肥満気味の成犬や老犬、またパグやシー・ズーなどの短頭種で多く見られ、先天性の異常加齢に伴って呼吸時に気管の構造が平たくなり、スムーズに呼吸が出来なくなる病気です。

症状としては、よだれが多く出て息が荒くなったり、呼吸時にゼーゼー音がしたり、ガーガーと乾いたガチョウのような声をするようになります
悪化してしまうと、呼吸困難になって歯茎や舌の色が紫色になるチアノーゼ(酸素欠乏状態)を引き起こします。

治療は、軽度の場合は鎮咳剤などの薬の投与が一般的ですが、症状が重い場合は、外科手術酸素吸入などを行うこともあります。

予防法には、肥満が原因となっている場合もありますので、適度な運動適切な量の食事で太りすぎないようにすることが大切です。
また、気管虚脱を多く発症する夏場などには、部屋の風の通りを良くし、暑ければエアコンを活用しながら涼しい環境を用意してあげると良いでしょう。

皮膚炎

シー・ズーは美しいロングコートが特徴の一つとされる犬種ですが、長い被毛には汚れが溜まることが多く、また高温多湿な気候から皮脂も溜まりやすく、皮膚炎を起こすことが多いとされています。

症状は多岐にわたりますが、フケが出たり、頻繁に掻くようになったり、赤く腫れたり、ベタついて臭いが出ることもあります。
患部が痒みを持つことがほとんどですので、愛犬が皮膚を舐めたり搔きむしることが多くなったら、皮膚炎を疑うようにしましょう。

症状がひどい場合は、外用薬抗生物質の投与による治療が行われます。

予防法としては、皮膚を清潔に保つことが基本となりますが、室内の温度湿度にも注意しながら、適切な換気と必要に応じてエアコンを活用するようにしましょう。

こちらの記事も参照してください。

犬にできものが!色や大きさ、症状別に推測出来ることと治療やケア

犬の病気の中で最も多い皮膚病!代表的な3つの原因と症状のまとめ

スポンサーリンク

シー・ズーの寿命

シー・ズーの一般的な平均寿命は、約10〜15年程度となっていますが、個体によって差があり、23歳まで長生きしたシー・ズーも存在するようです。

健康で長生きするためには、適度な運動栄養バランスのとれた食事、肥満にならない適切な食事量、そして日頃から愛犬のささいな行動にも気を配り、不自然な行動が見つかれば早めに病院へ行って相談をすることが大切となります。

スポンサーリンク

シー・ズーの購入相場

シー・ズーの一般的な平均価格は、約10〜20万円程度となりますが、シー・ズーの特徴である美しい被毛や顔、体つき、血統、性別、月齢などによっても価格は変動します。
また、ペットショップから購入する場合は、仲介業者を挟むため、ブリーダーからの購入に比べて割高になる傾向があります。

性格を知り、目の状態を把握しよう

シー・ズーの子犬を購入する際には、毛色顔つき性別なども選ぶ基準になりやすいですが、犬の性格を見分けることも大切となります。

性格は、目線を合わせることである程度把握できると言われていますので、しっかり目線を合わせてくれるような子を選ぶと、しつけにあまり苦労せず育てることが出来るでしょう。
反対に、不自然に目線をそらすような犬は、人間に恐怖心を抱いている可能性が高く、しつけに苦労する可能性が高くなります。

また、大きな目をしたシー・ズーは、眼球に傷ができやすいとされています。
子犬を購入するまでの間に眼球に傷がついてしまっている可能性もありますので、目線を合わせて目の状態を確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

シー・ズーの歴史

運命に翻弄された悲劇のシー・ズー

シー・ズーは、17世紀当時チベットで神聖視され、「魔除け犬」とされていたラサ・アプソをダライ・ラマが中国の皇帝へ献上し、中国の王宮で飼われていたペキニーズと交配させて作出された犬種です。

中国国内で獅子狗(シー・ズー・クウ)の名で呼ばれていたこの犬種は、皇帝や西太后からも寵愛され、神の使者として王宮で大切に育てられました。
しかし、1950年代に清朝が崩壊すると状況は一変し、シー・ズー・クウをはじめとした多くの犬が「退廃の象徴」と考えられて殺処分され、絶滅の危機に陥ることとなりました。

現在のシー・ズーを形作ったイギリス

シー・ズー・クウは当時、国外への輸出を禁止されていましたが、革命前の1930年代にすでに海を渡り、イギリスに流れていた個体が存在していました。

当初イギリスでは、シー・ズーと呼ばれながらもラサ・アプソとして紹介されていたこの犬種は、1935年にようやく別の犬種として認められ、その後改良が重ねられて現在のシー・ズーの形になりました。

1960年代に日本へやってきたシー・ズー

シー・ズーは、1960年代に日本へ入ってきたと言われています。
その後、1964年ジャパンケネルクラブ(JKC)犬種登録され、その可愛らしいビジュアルから日本国内で人気を博し、現在でも人気を集めています。

まとめ

かつては神聖視され、中国の王宮で皇帝や西太后からも寵愛されていたシー・ズー。
革命の波に飲み込まれ、一時は絶滅の危機にまで陥りながらも、様々な国でその命をつなぎ続けてきたシー・ズーは、現在では世界中で愛され、愛玩犬として、また家庭犬として人気を博しています。

美しい被毛はこまめな手入れが欠かせませんが、ロングコートだからこそ味わえる可愛らしいヘアスタイルはシー・ズーの最大の魅力ですので、ぜひ楽しみながら育ててあげてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です