犬が柿を食べるのは大丈夫?皮や種は食べれる?下痢や便秘は平気?

『柿が赤くなると医者が青くなる』と言われる柿。

その言葉からも栄養価が高そうなことが伺えます。

そんな柿ですから、犬が食べても大丈夫なのであれば犬にも与えたいですよね。

庭になった柿を犬が毎年勝手に食べてしまう…という話もよく聞きますが、など丸ごと食べてしまっても犬に害は無いものなのでしょうか?

今回は柿の良い点注意点、柿の与え方適量などをお伝えします。

スポンサーリンク

柿の良い点

retriever-348572_960_720

柿の栄養素

犬に柿を与えることは、基本的に問題ありません

柿にはビタミンCが大変多く含まれており、その他のビタミン類ではビタミンB1B2B6βカロテン、ミネラル類ではカリウムなどが含まれています。

ペクチンなどの食物繊維も豊富であり、渋み成分でもあるタンニンも多く含まれています。

また、柿の約80%が水分で出来ていますので水分補給にも良いとされています。
柿の代表的な栄養素はこちらです。

ビタミンC

抗酸化作用免疫力を高める効果があります。

また、脂肪代謝を促し、疲労回復ストレスにも良いとされています。

コラーゲンの生成にも関わる成分ですので、健康な皮膚作りに役立ちます。

犬は自分の体内でビタミンCを生成出来るのですが、老犬や闘病中の犬などはその生成が追い付かないこともありますので、ビタミンC生成を補う食材として取り入れ易いと言えます。

柿のビタミンC含有量は、果物の中でもトップクラスに入ります。

その量はみかんやグレープフルーツの2倍程あり、いちごやキウイよりも多いと言われています。

βカロテン

風邪の予防などで知られているβカロテンは、抗酸化作用があり免疫力のアップに役立ってくれます。

ビタミンCと一緒に摂取すると、相乗作用により更に効果を発揮します。

また、βカロテンは必要に応じて犬の体内でビタミンAに変換され、皮膚粘膜などを健康に保ち、などの呼吸器を守ります。

柿のβカロテン含有量は、果物の中では多い部類に属すと言われています。

カリウム

食塩などに含まれるナトリウムを排出し、血圧を下げる効果があります。

また、体内の水分バランスを調整し、利尿を促す働きもあります。

その為、むくみ神経過敏高血圧不整脈脳卒中腎臓病などの予防に良いとされています。

その他には、代謝神経を正常に働かせる効果もあると言われています。

タンニン

タンニンとは苦み成分のことであり、ポリフェノールの一種です。

抗酸化作用があり、血液中にある毒素を減少させ血流を良くし、体全体の新陳代謝を活性化させる働きがあります。

その為、動脈硬化高血圧に良いとされています。

また、適量であれば下痢の改善にも役立ちます。

更にタンニンには、口臭予防に良いとされるフラボノイドが含まれています。

タンニンには体内の有害物質を体外に排出する効果もあることから、口臭だけでなく体臭予防の効果も期待されています。

柿のポリフェノール含有量はお茶やぶどうよりも多いと言われています。

こちらの記事もご参照下さい。

本当に怖い犬の歯周病!その症状や原因、治療について

犬の歯磨きってどうやるの?簡単歯磨きシートや歯ブラシを使った磨き方

歯磨きをさせてくれない犬には歯磨きガム!おもちゃは?サプリは?デンタルグッズ色々

スポンサーリンク

柿の与える際の注意点

dog-870941_960_720

便秘・下痢

前項でもお伝えした『タンニン』ですが、細胞や血液の流れを収縮させる働きもある為、腸を収縮させその働きを抑えてしまい、便秘を引き起こしてしまう場合があります。

そうした働きを逆手に取り下痢止めとしても使用されるタンニンですが、こうしたことから過剰摂取には注意が必要です。

また、柿は体を冷やす食べ物であり食物繊維が豊富な食べ物でもありますので、便秘だけでなく下痢にもなり易いという側面もあります。

犬の消化能力やその時の体調により、どちらの症状がどう出てしまうかは個体差があると思いますが、過剰摂取には注意して下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

犬の便秘ってどの位大丈夫なの?原因と対処法、便秘予防まで 

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

犬もおならをする!原因と臭い時の対処法

肥満

柿のカロリーは100gあたり60カロリーです。

犬に取っては他の果物に比べ比較的高いカロリーであり、更に柿は熟していく度に糖分が多くなっていきます。

その為、過剰摂取習慣的に与えることによる肥満には注意が必要になります。

特に干し柿は更に糖分が多くなりますので、気を付けて下さい。

柿の種・皮

柿の食道胃腸に詰まってしまう可能性がありますので注意が必要です。

まだ硬い柿の実も同様です。

詰まってしまわない様に小さく切って与えることは勿論ですが、盗み食いなどにも十分に気を付けて下さい。

それなりに噛み砕いていたり、嘔吐やウンチと一緒に排出されれば良いのですが、嘔吐の際に食道に詰まってしまったり、胃から腸に移動する際に詰まってしまえば腸閉塞になってしまうことも有り得ます。

こうなってしまった場合には、麻酔を使用して内視鏡などで取り出す処置が必要になりますし、何処かしらで閉塞になってしまった場合には手術が必要になります。

誤飲してしまった場合は、速やかに動物病院を受診されて下さい

また、柿の皮は犬が消化し辛いものになります。

下痢嘔吐などの原因になってしまう場合もありますので、皮は剥いてから与えて下さい。

干し柿・渋柿

干し柿には通常の柿よりも、食物繊維や糖分・カロリーが多く含まれます。

この点から、干し柿を犬に与えるのは望ましくないと言われています。

しかし、βカロテンや食物繊維は2倍程になることから、整腸作用などを期待して少量与える分には問題はないようですので、TPOなどにより上手に取り入れてみて下さい。

また、渋柿未成熟な柿ですが、これらにはアルカロイドという毒性成分が多く含まれていますので与えない様にして下さい。

大量に与えない

栄養価が高い柿ではありますが、大量に与えてしまうと何かしらの問題が引き起こされる可能性があります。

柿は食物繊維タンニンが豊富ですので、大量に摂り過ぎてしまうことで便秘下痢になってしまったり、胃酸過多になり嘔吐してしまうこともあります。

また、腸内細菌の働きにより発酵されたガスが腸に溜まってしまう場合もあります。

これらは特に胃腸が弱っている時などに起こり易いとされていますが、消化吸収能力には個体差があります。

少しの量を食べただけでも便秘下痢嘔吐をしてしまう場合もありますし、多くの量を食べても平気な犬もいます。

犬によって適量が異なりますので、柿を与える際は犬の体調食後の様子ウンチの状態などに注意してみて下さい。

スポンサーリンク

柿の与え方

dog-729125_960_720

柿を与える際の1日の適量の目安は、約15g程度だと言われています。

これは、人間でいうと1口2口位の量ということになります。

適量に個体差はありますが、この摂取量を考えると柿を与える際はいつもの食事などのトッピングおやつとして使用するのが最適な与え方になるのではないかと思います。

その際には、消化栄養の吸収を助け丸呑みによる腸閉塞などの危険を避ける為に、必ず皮を剥き小さく切って与えることが望ましいです。

ミキサーなどでペースト状にして使用するのも良さそうです。

柿の甘みによる食い付きの良さを利用して、食の細い犬療養食ダイエット食を食べたがらない犬の食事のトッピングなどに使うことも出来そうですね。

こちらの記事もご参照下さい。

犬のダイエットは計画的に!食事や運動などの方法色々

どうしてドッグフードを食べないの?考えられる原因とその対処法

スポンサーリンク

まとめ

dog-709328_960_720

今回は柿の良い点注意点柿の与え方適量などをお伝えしました。

柿はビタミンCの含有量がとても多く、抗酸化作用動脈硬化口臭予防などに代表されるタンニンが多く含まれているのが特徴でした。

しかし、そのタンニンを過剰に摂取してしまうと便秘という弊害も有り得るということも分かりました。

また、比較的カロリーが高く糖分も多い為、過剰摂取や習慣的に与えることによる肥満に注意が必要な果物でもありました。

その為、1日の適量が約15gと少なく、旬の味覚としてワンちゃんと一緒に少量楽しむ程度で良いのかなぁ…というのが正直な感想でした。

体に良いものであれば、沢山与えても良いというわけではないということですね。

しかし、ワンちゃんによっても適量は異なりますので、試してみるのも良いかもしれません。

関連記事として、

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加