犬の去勢手術のメリットやデメリットって何?手術内容や最適時期まで

犬の避妊手術に比べ、犬の去勢手術についてはそのメリットデメリットなどについては余り知られていない様に思います。

雄犬にも雌犬と同じ様に、中高齢になると発症率が高まる雄犬特有の病気というものがあり、去勢手術によって発症率を低下させることが出来ます。

今回は去勢手術について、そのメリットデメリットだけでなく、その手術内容最適な手術の時期などについてお伝えします。

スポンサーリンク

去勢手術のメリット

dog-906373_960_720

望まない繁殖が避けられる

雌犬のヒート(発情)の臭い2km四方まで届くといわれています。

このヒート(発情)の臭いにより脱走した雄犬が雌犬と知らない内に交尾していた…なんてことや、脱走まではいかなくともドッグラン公園などで遊んでいる内に…などという話も聞かなくはありません。

勿論、多頭飼いしていればそのリスクも高くなります。

マーキングや排尿時の足上げをしなくなる

雄犬のマーキング(片足を上げて少量放尿すること)は、縄張り意識からくる本能的な行動です。

その為、雄犬であれば必ずこの行動を行います。

お散歩中などの屋外だけでなくその生活スペースである屋内など、至る所にマーキングをします。

早い時期に去勢手術をすると、このマーキングをしなくなったり、片足を上げずにおしっこをするようになります。

個体差があったり、成犬になってから去勢を行った場合にはマーキングや足上げ行為が絶対になくなるとは言えませんが、室内飼育の場合にはマーキングによって家具や床を汚される恐れは少なくなります。

問題行動が減少する

ヒート(発情)のストレスや攻撃性が減少する

雄犬にヒート(発情期)というもの自体はなく、雄犬自身から発情することはないといわれています。

雄犬は、ヒート中の(発情中の)雌犬の臭いに誘われて発情するのです。

ヒート中(発情中)の雌犬の臭いは2km四方にまで届くといわれていますので、すぐ近くに雌犬がいなくても発情してしまうそうです。

その為、雌犬の臭いをキャッチした雄犬は遠吠えを繰り返したり、脱走して放浪してしまったり、お散歩中に突然何処かに向かって走り出したり、雌犬を取り合って他の犬と喧嘩してしまうという様なことも有り得ます。

この様なヒート中(発情中)の雌犬への欲求欲求不満それに伴う攻撃性は極度のストレスにも成り得ます。

その他にも、体調不良食欲不振そわそわして落ち着かなかったりなど、普段大人しい犬でも性ホルモンが原因による問題行動などが出てきます。

去勢手術をすることで性ホルモンの分泌がなくなると、この様な肉体的・精神的なストレスが軽減され精神的に安定するので、こうした問題行動などが緩和されます

マウント行為(マウンティング)が減少する

マウント行為(マウンティング)とは、犬が交尾をしている様に人の腕や足、クッションやぬいぐるみなどに腰を振る行為のことです。

去勢手術をすると、人や物に対するマウント行為(マウンティング)が減少すると言われています。

ただ、個体差があるとも言われていますので、去勢前と全く変わらないというケースも見られます。

マウント行為(マウンティング)は遊びの一環やコミュニケーション手段としても行われるものですし、しつけにより抑制することも可能ですが、大型犬などが小さな子供に行ってしまったら怪我をしてしまったり、トラウマになってしまう恐れもあります。

こちらの記事もご参照下さい。

犬がクッションや飼い主にマウンティングする意味と止めさせる方法

性格が穏やかになる

去勢手術をすることによって攻撃行動などを誘発する雄性ホルモンの分泌がなくなりますので、問題行動としての攻撃性が軽減されるだけでなく、性格が穏やかになると言われています。

本能的な競争意識などが低下する為、他の犬などを威嚇して吠えたり、争ったりなどの雄犬としての特徴がほとんど見られなくなるそうです。

また、生後5~6ヶ月程で去勢手術を行った場合には、子犬の頃の性格がそのまま残るとも言われています。

病気になる確率が下がる

精巣腫瘍(睾丸癌)

精巣(睾丸)に腫瘍が出来たり、精巣(睾丸)そのものが腫瘍となる病気です。

精巣腫瘍の症状としては、陰嚢内もしくは陰嚢外の睾丸が腫大し腫瘍の影響によりホルモン異常が起こり、皮膚に異常が表れたり、貧血になったり、癌が他の臓器などに転移する恐れなどがあります。

腫瘍を放置しておくとどんどん大きくなってしまいますので、早い内に摘出しなければならなくなります。

去勢手術では精巣(睾丸)を摘出しますので、若い頃に去勢手術をすることで発症を防ぐことが出来るといわれています。

前立腺肥大・前立腺炎

前立腺肥大組織内に隙間が出来てしまい、そこに体液や血液などが溜まってしまう病気です。

前立腺肥大の症状としては、血尿が出たり、排尿回数の増加下腹部の痛みなどあります。

逆に、尿や便が出にくくなることもあるそうです。

前立腺の活動は精巣(睾丸)からのホルモンの影響を強く受けている為、去勢手術により前立腺の活動を低下させることが出来ます。

中高齢の雄犬に発症率の高く、去勢手術により予防出来るといわれています。

余談ですが、残念ながら前立腺腫瘍に限っては、同じ前立腺の病気といえども予防出来ないそうです。

会陰ヘルニア

会陰部の筋肉が破れ、肛門と陰嚢の間から腸や膀胱が出てきてしまう病気です。

その為、排尿障害排便障害を起こしてしまいます。

会陰ヘルニアを発症し治療に手術が必要になった場合には、ほぼ100%の確立で去勢手術を同時に行わなければならなくなります

肛門周囲腺腫

肛門の周囲しっぽの付け根ペニスなどに腫瘍が出来てしまう病気です。

症状が進行すると腫瘍の巨大化だけでなく多数の腫瘤が出来てしまい、それらが破裂してしまったりもします。

他の腫瘍同様、悪性腫瘍であることもあり腹腔内臓器へ転移してしまう危険性もあります。

その他、雄犬特有の病気

肛門嚢炎糖尿病の他、精巣(睾丸)前立腺肛門ペニスなどの病気のリスクも去勢手術により低減します。

精巣ホルモンの働きが関係する雄犬特有の病気の発症率が低くなるのです。

スポンサーリンク

去勢手術のデメリット

dachshund-1920_960_720

繁殖出来なくなる

当たり前なことですが、大事なことです。

去勢手術を行うと、やっぱり子供が欲しくなった!子犬を育てられる環境が出来た!ということになっても、元の体に戻すことは出来ません

太りやすくなる

男性ホルモンが劇的に減少しホルモンバランスが崩れる為、太りやすくなるといわれています。

他には、ヒート(発情)や性的なストレスから解放され、そちらに使っていたエネルギーが不要となり基礎的な消費カロリーが減少しているのにも関わらず、以前と同じ量のカロリーを摂取してしまうから太ってしまうという理由なども挙げられています。

また、犬の3大欲求は、食欲・性欲・行動欲(運動欲)ということで、避妊手術により性欲が抑制され、より食欲が旺盛になってしまうのでないかという意見もありました。

去勢手術と太りやすくなるのとは何の因果関係も無いという意見もあったのですが、去勢手術を実際に行った犬の飼い主さんの体感としてはやはり、理由はどうあれ、太りやすくなった・以前より食欲が増したと感じているようです。

ダイエットについては、こちらもご参照下さい。

犬のダイエットは計画的に!食事や運動などの方法色々

性格が変わる

性ホルモンの分泌が止まってホルモンバランスに変化が起こり、性格が変わると言われていますがハッキリとしたことは分かっていません

幼い時期に去勢手術をすると子犬の様な性格が残ると言われていたり、雌犬の様な穏やかな性格になったり、はたまたヒステリックになったり、以前より甘える様になったりするといわれています。

しかし、それがどの程度どんな具合に出るのか、または全く出ないのか、はその犬によって様々なようです。

やんちゃ過ぎても困りものですが、雄犬ならではの活発さというのも大事なところではありますので、性格が変わってしまうというのは、飼い主さんによってデメリットになるのかメリットになるのか分かれるところでもありそうです。

性格とは違いますが、性ホルモンは犬の体の成長に影響する為、早い時期に去勢手術をした雄犬は骨格が弱めであったり、少し雌犬の様な様相になることもあるそうです。

全身麻酔のリスク

去勢手術は全身麻酔で行うので痛みはありません。

しかし全身麻酔の影響については、飼い主さんが最も心配するところだと思います。

去勢手術自体のデメリットではありませんが、全身麻酔に関しては飼い主さんの間で様々な体験談や意見が交わされてもいます。

麻酔に過敏な犬種があったり、何かしらの持病があったり、個体差が顕著に出たり、歳を取れば取る程危険度は増すといわれてます。

また、麻酔によるショック症状で重篤な状態に陥ったり、何かしらの疾患が残ったり、最悪命を落としてしまうことも有り得ないとは言えません。

この様に麻酔は100%安全とは言い切れませんが、でもだからといって絶対に危険とも言えません。

獣医さんともよく相談しそのお話を聞いて、全身麻酔について考えてみるのも良いかと思います。

スポンサーリンク

手術内容

dachshund-334941_960_720

去勢手術は全身麻酔をして行われます。

陰嚢付近を1箇所だけ少し切開し、その切開部分から精巣と精巣上体が納まっている両方の睾丸を摘出します。

手術には1時間程度掛かり、傷口が小さい為ほとんどの場合が日帰りで退院出来るそうです。

スポンサーリンク

手術時期

dachshund-957127_960_720

適切な去勢手術の時期は、生殖能力が完成する前の生後6ヶ月位だと言われています。

雄犬の生殖能力が完成するのは生後1年位で、小型犬よりも大型犬の方が遅いそうなのですが、性的に成熟して、片足を上げてのおしっこやマーキング行為をし出す前に行うのが良いそうです。

これは雄犬が、子犬の頃は比較的足を上げずに排尿する場合が多く、成犬になると片足を上げて排尿するようになる為で、この足を上げる行為を始める前に去勢手術をすると成長しても足を上げなくなるからだと言われています。

去勢手術による他の雄犬への攻撃性抑制の効果や、雄特有の病気に対する予防効果も、加齢と共に低下しますので、そこまで早期でなくとも出来るだけ早い方が望ましいといえます。

スポンサーリンク

まとめ

dog-286052_960_720

今回は去勢手術のメリットやデメリット手術内容最適な手術の時期などについてお伝えしました。

去勢手術を行うことで、精巣(睾丸)や前立腺といった雄犬特有の病気のリスクがかなり低下するということが最大のメリットだということが分かりました。

また、早い内に去勢手術をすることで、片足を上げてのマーキング行為や排尿をしなくなるというのは、室内飼育の飼い主さんの負担がかなり減るメリットだとも思いました。

その為だけでなく、病気の予防の為にも出来るだけ早く去勢手術を行った方が望ましいということは、知っている様で知られていないことだった様にも思います。

デメリットも勿論ありましたが、思ったよりも深刻なデメリットはない様に感じました。

しかし大事なワンちゃんに全身麻酔をしてその体にメスを入れ、そのワンちゃんの子を成せなくなる手術をするわけですから、飼い主さんには色々なことを視野に入れ参考にして頂けたらと思います。

関連記事として

犬の避妊手術ってした方がいいの?メリットやデメリット、手術内容や最適時期まで

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加