犬の寿命はどのくらい?年齢、サイズ別に徹底分析!

愛犬とのとろけるようなペットライフを考えるととっても癒されますよね!

永遠にとろけるような時間が続けばよいのですが、ペットの寿命は避けては通れません。

人間と比べてどうなの?サイズによって違うの?できるだけ寿命を長くするにはどうすればいいの?etc

愛犬のことを考えるときりがありません。

今回は犬の寿命について、学んでいきましょう!

スポンサーリンク

犬の寿命について

オーストラリアン・ケルピー

年齢のカウントの仕方

人間のように一年で一歳と年齢を数える数え方とは異なります。人間より早く歳をとるようです。

また、サイズによっても年齢を数え方は異なります

大型犬

2か月:1歳    3か月:2歳    6か月:6歳      9か月:8歳      1年:12歳

1年半:16歳    2年:19歳     3年:26歳       4年:33歳       5年:40歳

6年:47歳     7年:54歳     8年:61歳       9年:68歳       10年:75歳

11年:82歳   12年:89歳    13年:96歳    14年:103歳  15年:110歳

16年:117歳   17年:124歳  18年:131歳   19年:138歳  20年:145歳

中型犬

1か月:1歳      2か月:3歳    3か月:5歳    6か月:9歳     9か月:12歳

1年:16歳     1年半:19歳    2年:23歳      3年:28歳      4年:33歳

5年:38歳     6年:43歳     7年:48歳      8年:53歳      9年:58歳

10年:63歳   11年:68歳   12年:73歳    13年:78歳     14年:83歳

15年:88歳   16年:93歳     17年:98歳    18年:103歳   19年:108歳

20年:113歳

小型犬

1か月:1歳      2か月:3歳    3か月:5歳    6か月:9歳     9か月:13歳

1年:17歳     1年半:20歳    2年:24歳      3年:28歳      4年:32歳

5年:36歳     6年:40歳     7年:44歳      8年:48歳      9年:52歳

10年:56歳   11年:60歳   12年:64歳    13年:68歳     14年:72歳

15年:76歳   16年:80歳     17年:84歳    18年:88歳   19年:92歳

20年:96歳

大型犬・中型犬・小型犬でこんなに大きく異るのは驚きですね。

年齢によってしつけや与えるドックフードの種類、お散歩の仕方など変わってくると思います。

愛犬の年齢をきちんと把握してとろけるようなペットライフに役立ててください!

スポンサーリンク

愛犬に長生きしてもらうには?

ウェルシュ・シープドッグ 

食べ物

身体が資本なのは愛犬にとっても同じことですよね。

人間と同様に栄養満点なものを採ることは、健康な身体を維持するために必要なことです。

ただ、人間の身体とは異なるので、何でも同じものを与えても良いというわけではありません。

チョコレートや玉ねぎのように、生命へ直接の害がなくても、高カロリーや栄養素の関係で肥満につながれば、それは後々愛犬の生命を脅かすことになります。

正しいペットフードの選び方や、与えても良い人間の食べ物はその栄養素と適量を認識しておかなくてはいけませんね。

関連記事として、以下の記事をご参考ください。

ドッグフードの選び方が分からない方に!タイプ別、サイズ別、年齢別、目的別の特徴

ドッグフードはいつ何回どれだけあげればいい?量や回数、時間帯について

どうしてドッグフードを食べないの?考えられる原因とその対処法

バレンタイン間近の愛犬トラブル!犬のチョコレート誤食には要注意!

犬が玉ねぎを食べてしまった!中毒症状は?致死量は?対処法は?

犬へのヨーグルトの効果は?口臭予防やてんかんにも良いって本当?

ストレス

人間も同様ですが、疲れがたまっていたり、不安な状態に長時間さらされると精神的にストレスを感じます。

ストレスフルが状態が続きますと、健康に悪影響を与えることは言うまでもないことだと思います。

安心して睡眠をたくさんとれるように寝床を工夫してあげたり、愛犬とスキンシップをたくさん取ってあげることが何よりも大事なことだと思います。

関連記事として、以下の記事をご参考ください。

何だか犬が疲れてる?考えられる理由と症状

犬の元気がない!考えられる原因と病気が疑われる危険な症状

犬のいびきは病気?その原因といびきをかき易い犬種など

健康管理

何といっても健康管理が愛犬とって一番の長生きしてもらう秘訣ではないでしょうか。

些細な異変も見逃さす、未病や初期症状のうちに対応すれば愛犬の負担もかなり軽減されるはずです。

何よりも元気で長く生きてくれることが飼い主としても幸せです。

関連記事として、以下の記事をご参考ください。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

スポンサーリンク

ギネス記録

ボーダー・コリー

1位   オーストラリアン・ケルピー             30歳

2位   オーストラリアン・キャトル・ドッグ 29歳160日

3位   ビーグル              28歳

4位   ウェルシュ・シープドッグ                27歳317日

5位   ボーダー・コリー          27歳211日

6位   ラブラトール・レトリバー      27歳98日

7位   柴犬(雑種)            26歳248日

8位   不明                24歳360日

9位   雑種                23歳86日

10位 雑種                22歳29日

スポンサーリンク

まとめ

ビーグル

今回は犬の寿命について学びました。

大型犬、中型犬、小型犬で年齢の数え方が異なることには驚きましたし、大型犬と小型犬を比べると、年齢の取り方が大きく異なったのが印象的でした。
同い年でも大型犬の方が早くから老化に対するケアが必要となります。

年齢の数え方からすると大型犬の方が長生きしずらいことは分かりますが、ギネス記録にある犬に大型犬がランクインしているのは意外でした。

いづれにせよ、愛犬に長生きしてもらうためには、飼い主さんの愛情とそれによる食事などの健康管理ということも分かりました。

健康で長生きしてくれることが最高のとろけるペットライフです!飼い主さんも愛犬も長く幸せな時間が続くと良いですね!

関連記事として、以下の記事もご参考ください。

犬の寿命はどのくらい?人気の犬種ランキングに基づいて徹底分析

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加