犬のしゃっくりが止まらない!その原因と止め方

犬のしゃっくりがなかなか止まらなかったり毎日していたり一緒に吐いていたりすると何かの病気なのかも?と心配になってしまいますよね。

愛らしい犬のしゃっくりですが、苦しい思いはさせたくないものです。

今回は犬のしゃっくりの原因しゃっくりの止め方をお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

犬のしゃっくり

dog-931330_960_720

犬のしゃっくりも人間と同じ様に、横隔膜が痙攣することで起こる生理現象です。

しゃっくりをすることで、体内に溜まってしまったガスを体外に出す効果があります。

また、成長期の子犬は内臓なども大きくなっていく為に横隔膜が痙攣し易く、しゃっくりが出易い傾向にあります。

ほとんどの場合は、しばらくすれば自然に治まってしまいます。

しかし成犬になっても頻繁にしゃっくりが見られたり、しゃっくりが長時間続く様でしたら、何かしらの病気が疑われる場合もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

しゃっくりの原因

taxation-994709_640

早食い

食後にしゃっくりが多い場合は、早食いによりよく噛まずに食べ物を丸呑みしていることが原因になります。

これは、余り咀嚼されなかった大きなままの食べ物が体内を通過することで、横隔膜を刺激している為だと言われています。

また、焦って食べている為に空気を一緒に飲み込み易く、横隔膜が刺激され易いことも原因になるそうです。

この場合は、ゆっくり食べさせる工夫をしてみて下さい。

迷路型など複雑な形になっている早食い防止の食器を使用してみたり、飼い主さんの手から少量ずつ与えてみるなど、色々試してみて下さい。

よく噛める様な形状のドッグフードを与えてみるのも効果的です。

食事が合っていない

特別早食いというわけでもないのに食後にしゃっくりが多い場合は、ドッグフードなどの硬さや量が合っていない場合があります。

咀嚼して小さくなっても硬かったり、量が多いが故に身体に負担を掛けしゃっくりが出てしまうことが疑われる場合には、与える食べ物自体の硬さや量を調整してみて下さい。

特に子犬の場合は、ドッグフードが硬い為にしゃっくりが出易くなっているケースが多いようですので、ドッグフードをふやかす時間を少し長くしてみたり、スプーンの背などで少し潰してから与えてみて下さい。

ドッグフードをぬるま湯などでふやかす方法は成犬の場合にもあてはまる防止策ですが、ドッグフード自体をセミモイストタイプなどの軟らかいものに切り替えてしまう方法もあります。

また、十分なお水と共に食事を与えることも有効な防止策になります。

こちらの記事もご参照下さい。

ドッグフードはいつ何回どれだけあげればいい?量や回数、時間帯について

ドッグフードの選び方が分からない方に!タイプ別、サイズ別、年齢別、目的別の特徴

ストレス

不安や緊張などのストレス疲労感などの交感神経の過剰な緊張がしゃっくりの原因になっているケースがあります。

一時的なストレスでしゃっくりが出てしまうこともあれば、慢性的なストレスによりしゃっくりが頻繁に出てしまうこともあります。

何をストレスに感じるかは犬によって異なりますが、まずは直前の出来事などを振り返ってみて、何か普段とは違ったことはなかったか確認してみて下さい。

何か特別なことは無かった場合には普段の生活環境などにストレスを感じている場合も有り得ますので、飼育環境や生活スタイルなどを見直してみて下さい。

ストレスがなくなれば自然としゃっくりが減っていきますので、十分なケアを心掛けてあげて下さい。

寒さ

寒さに体が対応出来ず低体温になり、しゃっくりが出てしまう場合があります。

そのしゃっくりをすることで口が開いた状態続き、更に口での体温調節が上手くいかなくなり呼吸まで荒くなってしまうケースもありますので注意が必要です。

体温を上げることで改善されますので、服を着せたり、毛布などを与えるなどして体を暖めてあげて下さい。

また、室温にも気を配る必要があります。

冬場の厳しい寒さの時期は勿論ですが、夏場でも冷房の効き過ぎに気を付けて下さい。

誤飲

木の破片おもちゃや飼い主さんの持ち物など、何かしらを誤飲し呼吸困難を引き起こし、しゃっくりが出ている場合があります。

何かを吐き出そうとしている仕草や、苦しそうにしている場合にはこのケースが疑われますので、早目の受診をおすすめします。

寄生虫

お腹の中に回虫や寄生虫が発生し腸内に異常が見られる場合、しゃっくりが出易くなることがあります。

また、肺に寄生虫などがいる場合には、この寄生虫などが横隔膜を圧迫ししゃっくりが止まらなくなることもあります。

寄生虫などが原因の場合には、しゃっくりだけでなく嘔吐や下痢食欲や元気無いなどの他の症状が伴うことが多いようですので、早目の受診をおすすめします。

病気

何かしらの病気により、しゃっくりが引き起こされている場合があります。

頻繁にしゃっくりをするなかなか止まらない長時間続いているという場合には、注意が必要です。

また、しゃっくりと共に咳やくしゃみなどが出る場合や、呼吸が苦しそうであったり、脈拍が早い場合、嘔吐食欲不振といった他の症状を伴う場合には、早目の受診をおすすめします。

しゃっくりから疑われる病気としては

●喘息

●肺炎

●心臓系の病気

●胃捻転

●呼吸器の欠陥

●低体温症

●てんかん

●脳卒中

などがあります。

こちらの記事もご参照下さい。

てんかんなの?病気なの?犬の痙攣の原因と対処法

スポンサーリンク

しゃっくりをする状況

dog-348793_640

寝ている時

寝ている時のしゃっくりは特別心配はいりません

病気などが疑われるしゃっくりの場合には、起きてる時に症状が表れるからです。

その為寝ている時のしゃっくりは、犬が何かしらの夢を見てしゃっくりをしていると考えられています。寝言みたいなものなのですね。

心配な場合は体を優しく撫でてあげると、しゃっくりが落ち着くことがあります。

嘔吐する

しゃっくりをしている最中に嘔吐した場合は、食事の量の問題や内臓に異常がある疑いがあります。

また、しゃっくりがなかなか止まらない状態が続くと胃腸で消化が上手く進まず吐き気をもよおしてしまいますので、それにより嘔吐してしまうケースもあります。

早食いの防止食事の量を少なくしてもしゃっくりの最中に嘔吐してしまうケースが続く場合は、内臓に何かしらの異常がある恐れがありますので早目の受診をおすすめします。

こちらの記事もご参照下さい。

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

毎日する

子犬が毎日しゃっくりをするという場合は、大きな心配はいりません

生後3~4ヶ月の時期はしゃっくりをし易いと言われていますし、6ヶ月を過ぎた頃からほとんど見られなくなるそうです。

特に寝起きや食後によく見られる傾向があるようです。

食後以外の成犬のしゃっくりが毎日見られる場合には、何かしらの病気が疑われる恐れがありますので早目の受診をおすすめします。

スポンサーリンク

しゃっくりを止める方法

pug-690566_960_720

人間と同じ様に、呼吸のリズムを変えて横隔膜の痙攣を止めることでしゃっくりが止めることが出来ます。

効果的な方法としては、

●みぞおちを軽く押したり、撫でたりする

●蜂蜜や砂糖を溶かした水を舐めさせる

●オヤツなど食べ物を与える

●舌を触って唾を飲み込ませる

●遊んだり、お散歩など運動をさせる

●驚かせる

などが挙げられます。

1番効果があると言われているのが、みぞおちへのアプローチです。

横隔膜は胃の近くにありますので、胃と肋骨の間くらいに位置するみぞおちを掌全体を使い優しく押したり、撫でてあげることを数回繰り返してみて下さい。

また、同じ様なやり方で喉や胸部をマッサージする方法も効果的だと言われています。

何かを舐めたり、飲んだり、食べたりする方法や、体を動かす方法は呼吸のリズムが変わりますので、こちらも効果的です。

特にオヤツやお散歩が好きな犬の場合は、喜んで興奮することにより呼吸のリズムが変わり易い為、更に効果的だと言えます。

スポンサーリンク

まとめ

yorkshire-terrier-343198_960_720

今回はワンちゃんのしゃっくりの原因しゃっくりの止め方についてお伝えしました。

しゃっくりは横隔膜の痙攣によるものだと分かっていても、その原因には早食いなどの食事の問題ストレス寒さ病気が疑われる場合など様々なものがありました。

また、しゃっくりを止める方法といえば驚かせることが1番!と思っていたのに、みぞおちを軽く押さえることこそが1番の方法であったなんて意外でしたし、余り知られていないことでしたよね。

ワンちゃんのしゃっくりは見ていてとても可愛いものですが、余り長く続いてしまうと苦しい思いをさせてしまいかねませんので、自然と治まらない場合は原因を探ってみたり、止めてあげたりして下さい。

関連記事として、

犬がよくあくびをする理由って何?あくびの意味をケース別にご紹介

犬のいびきは病気?その原因といびきをかき易い犬種など

犬がくしゃみを連発!わざとって本当?その原因と逆くしゃみについて

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加