犬の目やには色に注意!病気の判断や取り方まで

『目は口ほどにものを言う』人間の言葉を話せないワンちゃんとは、目と目で会話をする!その目を見れば何が言いたいのかだいたい分かるわ!という愛犬家の方も多いと思います。

そんなコミュニケーションシンボルであり、ワンちゃんのチャームポイントともいえる目の異常…特に目やには、他のどんな異常よりも気付き易いもの。

今回は目やにの色から分かること、そして目やにの取り方までをご紹介します。

スポンサーリンク

目やにの色から分かること

犬 目やに

一口に目やにと言っても、実は様々な色のものがあります。

どんな色のものがあり、そこからどんなことが分かるのか見ていきましょう。

黄色の目やに

ウイルスや菌に感染し、それが繁殖して膿になってしまっている状態です。

粘着質であればある程感染症や炎症を伴う病気の疑いが高くなりますので、その粘度や量が通常の目やにの分泌量より多いと感じたら、早目の受診をおすすめします。

みどり色の目やに

何らかの感染症にかかり、それが原因による膿でウイルスや菌が死滅してしまっている状態です。

黄色の目やにと同様、粘度や量に注意して下さい。

充血や目の腫れが同時に起こっていることもありますので、すぐに受診されることをおすすめします。

※黄色や緑色の目やにの場合は他の犬にも感染してしまう恐れもありますので、多頭飼いの飼い主さんやワンちゃん友達の多い方はそちらにも注意が必要です。

茶色や黒の目やに

基本的に特に心配のいらない状態です。

人間の目やにが白いだけに茶色や黒の濃い色の目やにには異常を疑ってしまいますが、目を潤わせる為の涙の中には脂質やタンパク質が含まれています。

その涙にホコリや砂といった汚れが混じることで、濃い色になるのです。

白やグレーの目やに

こちらも正常な新陳代謝による分泌と考えられますので、特に心配のいらない状態です。

涙に脂質やタンパク質が混ざった白い色の目やにが、基本的に通常の色の目やにとなります。

※特に心配のいらない色であっても、粘着質であったり大量に分泌されたりする様でしたら、目の病気の予兆や初期段階である場合もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

目やにの予防法

犬 目やに-02

毎日の経過観察や、目や目の回りを不衛生にしないことが1番の予防に繋がります。

目頭や目の淵などに少量付いている程度の通常の目やにだからといって必要以上に放置してしまうと、涙やけの原因やニオイの元にもなってしまいますからこまめにケアして清潔に保ってあげて下さい。

毛が長く目に入ってしまう様な犬種の場合は、目の回りの毛をカットしておくのも効果的です。トリマーさんなどに相談してみて下さい。

スポンサーリンク

目やにが出やすい犬種

犬 目やに-03

主に目やにが出やすいと言われている犬種です。

●トイプードル

●コッカースパニエル

●チワワ

●キャバリア

●ヨークシャーテリア

●ペキニーズ

●ボストンテリア

●フレンチブルドック

●シーズー

●パグ

●マルチーズ

プードルコッカースパニエル逆さまつげが多く、そこからの眼球への刺激や傷により目やにが出易いと言われています。

チワワキャバリアなどの大きな目が少し前に出ている犬種は、目にホコリや砂などの汚れが入りやすい為、必然的に目やにが出易くなってしまいます。

また、ヨークシャーテリアトイプードルなどは伸びた毛が目に入り易いので、これも目への刺激となり目やにが出易くなります。

その他、小型犬はその頭身の低さもあり、目やにが溜まり易い傾向にあるようです 。

スポンサーリンク

目やにの取り方

犬 目やに-04

毎日のケアが大事とは分かっていても、目やにの取り方がよく分からない!固まってしまった目やにが上手く取れない!という飼い主さんもいらっしゃると思います。

どの様な方法で目やにを取ることが効果的で簡単か御紹介しますので、参考にしてみて下さい。

用意するもの

●ガーゼ

●コットン

●脱脂綿

…などの拭き取るもの。

何かを拭き取るというと真っ先に思い浮かぶのがティッシュですが、なるべくならティッシュよりも毛羽立ってないものを使用することが、目に優しく望ましいとされています。

アルコールを含んでいるウエットティッシュなどは一見便利そうですが、犬には刺激が強いので使用しないで下さい。

●清潔なお水

目だけでなく目の回りの毛も清潔に保つことが望ましい為、固まってしまった目やにをふやかし易いぬるま湯が理想的です。

あると便利なもの

●アイクリーナー

●犬用の洗眼水

●人工涙液

●目やに用の拭き取りシート

毎日のケアとなると、目に優しいものを使用するに越したことはありません。

価格もお手頃なものが多いですので、特に目やにの出やすい犬種でしたら、常備されることをおすすめします。

取り方の手順

水分を含んでいる目やにでも乾燥している目やにでも、拭き取るものを使わず素手で取るのはNGです。

その手から菌に感染してしまったり、目を傷付けてしまう恐れがありますので、必ずコットンなどを使用しましょう。

勿論、ちゃんと手を洗ってからケアしてあげて下さいね。

では、手順をご紹介します。

ぬるま湯やアイクリーナーなどで湿らせたコットンを目にあて、目やにをふやかす為にそのまま少し置きます。

これは、目やにが固まったまま拭き取ってしまうと、目の中や眼球、目の回りの柔らかい皮膚などを傷付けてしまう恐れがあるからです。

この際、強く押さえ付けない様に気を付けましょう。

目やにがカチカチに固まっていたり、量が多い様でしたら、焦らずゆっくりと何度でも上記を繰り返ししっかり目やにをふやかして下さい。

ぬるま湯などで目やにを洗い流しながらコットンをあてるのも効果的です。

目やにがふやけたら、こすらず丁寧に目やにを浮かす様に優しく拭き取っていきましょう。

目やにを力ずくで乱暴に剥がしたり、ゴシゴシと拭き取るのは傷や炎症の元になりますので、絶対に止めて下さい

毛の長い犬の場合は、目やにに気を取られ毛を引っ張ったり、抜いてしまったりしない様に気を付けてあげて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

犬 目やに-05

今回お伝えした、目やにの色から分かることを簡単にまとめますと、

黄色緑色は、感染症の疑いあり。

茶色グレーは、通常の分泌と思われるが、粘り気があったり量が多い様なら注意が必要。

ということでした。

病気の恐れがある色とそうでない色があるということが分かりましたが、どちらの場合でもいつもとは違う異常を感じた際には早目の受診をおすすめします。

その異常に1番気付き易い愛犬の目やに、やはり毎日の経過観察とケアが大切です。

特に犬の目やにの主な原因は細菌感染がほとんどですので、その異常に早期に気付いてあげることが重篤な目の病気への予防にも繋がります。

また、病気を疑う様な目やにの色や量でなくとも、ワンちゃんの目や目の回りを清潔に保つことは、ワンちゃんに快適に長生きしてもらうことにも繋がります。

こまめにケアすることで、白内障などの進行を遅らせることも可能だからです。

ワンちゃんとのスキンシップの際に目やににちょっと気を配ってみたり、そのケアもスキンシップのひとつとして是非取り入れてみて下さい。

関連記事として、

犬の目の病気?目やにや充血、白濁から分かる症状と治療法

犬の涙が多い?涙を流す原因は?涙にまつわる目の病気と涙について

犬の涙が止まらない!涙やけの原因と詳しいケア法

目が乾くのに人間とは違う犬のドライアイ、その原因と治療法

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加