あの苦いピーマンを犬も食べるの?生でも食べれる?中毒は大丈夫?

子供の嫌いな野菜の代表格と言えばピーマンですよね。

それだけに、犬に与えても大丈夫なのかな?という前に、あの独特な苦味や香りがある野菜を犬が食べてくれるのかな?という疑問も沸いてきます。

しかもピーマンはナス科の野菜ですので、中毒などは大丈夫だろうか?と心配にもなります。

今回はピーマンの良い点・注意点ピーマンの与え方などをお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ピーマンの良い点

puppy-264737_960_720

ピーマンの栄養素

犬にピーマンを与えることは、基本的に問題ありません

ピーマン独特の苦味を好まない犬もいますが、犬は匂いが強い食べ物に興味を示す傾向があります。

その為、1度食べさせてみて好みに合うかどうか試してみるのも良いかと思います。

ピーマンには、ビタミンCβカロテンが多く含まれています。

その他のビタミン類ではビタミンB1B2ビタミンDビタミンPなどが含まれており、鉄分カルシウムなどのミネラル類も豊富です。

抗酸化作用があり免疫力を高め、皮膚血管などの強化や維持に役立つ野菜だと言われています。

ピーマンの代表的な栄養素はこちらです。

ビタミンC

抗酸化作用免疫力を高める効果があります。

また、脂肪代謝を促し、疲労回復ストレスにも良いとされています。

コラーゲンの生成にも関わる成分ですので、健康な皮膚骨作りに役立ちます。

ピーマンのビタミンCは加熱しても壊れ難いのが特徴で、その含有量はレモンの2倍近くあるとも言われています。

犬は自分の体内でビタミンCを生成出来るのですが、老犬や闘病中の犬などはその生成が追い付かないこともあります。

犬は野菜の消化が苦手で生野菜などを多く摂取し辛い面がありますから、加熱しても壊れ難いということはビタミンC生成を補う食材として取り入れ易いと言えます。

ビタミンP

毛細血管の強化や正常な働きを維持し、血圧のバランスを保ちます。

また、ビタミンCの吸収を助け、酸化から守ってくれる成分でもあります。

その他には、抗酸化作用があり、コラーゲンの維持にも役立っています。

βカロテン

風邪の予防などで知られているβカロテンは、免疫力のアップに役立ってくれます。

また、βカロテンは必要に応じて犬の体内でビタミンAに変換され、皮膚粘膜などを健康に保ち、喉や肺などの呼吸器を守ります。

スポンサーリンク

ピーマンを与える際の注意点

happy-dog-939506_960_720

中毒

ピーマンには微量ではありますが、アルカロイドという毒性のある成分が含まれています。

アルカロイドは関節疾患を促進・悪化させてしまうと言われています。

また、呼吸器系疾患を持つ犬に与えることも控えた方が良いとされています。

しかし、これらの持病を持っているわけでなければ、長期間に渡り過剰に摂取しなければ問題は無いとも言われていますので、大きな心配はいらないと思います。

ただ、明確なことは分かっていない様なのですが、関節に疾患が出易い小型犬や老犬などにピーマンを与える際には注意が必要かもしれません。

大量に与えない

犬は元々野菜の消化吸収が苦手ですので、ピーマンを大量に摂取してしまうと何かしらの問題が引き起こされる可能性があります。

食物繊維を大量に摂り過ぎてしまうことで便秘下痢になってしまったり、胃酸過多になり嘔吐してしまうこともあります。

また、腸内細菌の働きにより発酵されたガスが腸に溜まってしまう場合もあります。

これらは特に胃腸が弱っている時などに起こり易いとされていますが、消化吸収能力には個体差があります。

少しの量を与えただけでも便秘下痢嘔吐をしてしまう場合もありますし、多めに食べても平気な犬もいます。

犬によって適量が異なりますので、ピーマンを与える際は犬の体調食後の様子ウンチなどに注意してみて下さい。

スポンサーリンク

ピーマンの与え方

dog-965328_960_720

人間が食べる時と同様に、ヘタワタなどはきれいに取り除いて下さい。

ピーマンは生のまま与えても問題はありません。

しかしピーマンの皮は硬いので、基本的には食物繊維の消化吸収を助ける為に、加熱し軟らかくしてから与えることが望ましいとされています。

また、犬が余り噛まずに大きいまま飲み込んでしまわない様に、小さく切っておくことも消化吸収を助けます。

生のまま与えて食感も楽しんでもらいたいという場合にも、大きさには注意して下さい。

ピーマンには、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特徴があります。

しかし水には溶け易い成分ですので、焼いたり蒸したり電子レンジでの加熱がおすすめです。

与える量としては、大量に与えることは望ましくない為、いつものドッグフードにトッピングとして乗せる程度から始めて、愛犬の適量を探してみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

sitting-dog-966736_960_720

今回はピーマンの良い点・注意点ピーマンの与え方などをお伝えしました。

ピーマンはビタミンCβカロテンなどの栄養素が豊富な食材だということが分かりました。

また、そのビタミンCがビタミンPにより、加熱しても壊れにくいということが特徴だということも分かりました。

この特徴のお陰で色々な調理法で与えることが出来ることも、ピーマンの良いところですね。

皮が硬く消化が悪い為、胃腸が弱かったり、消化吸収能力が低いワンちゃんに与える際には注意が必要ですが、いつもの食事のトッピングなどから試してみるのも良さそうです。

関連記事として、

犬の便秘ってどの位大丈夫なの?原因と対処法、便秘予防まで 

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加