犬もおならをする!原因と臭い時の対処法

突然犬が臭いおならをしてびっくりしたことはありませんか?

飼い主さんだけでなくおならをした犬までびっくりして、え?と鼻をクンクンし出したり、何の音?と首をかしげていたり、そういった動画も沢山アップされていますよね。

犬も生きているんだからおなら位するだろうと思っていても、おならが多かったりおならが臭いことが続くと、何かの病気かもしれないと心配になってしまいます。

今回は犬のおならの原因臭う時の対処法をお伝えしますので、愛犬のケースに照らし合わせて原因を探ってみて下さい。

スポンサーリンク

犬のおなら

farbpulver-662793_960_720

人間と同じ様に、犬もおならをします

音がしない場合が多い為、飼い主さんが気付いていなかったり、犬もおならというもの自体を知らないということが多いようです。

そしておならが出る仕組みも人間と同じで、腸内で分解された食べ物などから発生するガスが肛門から体外に排出され、おならと呼ばれます。

このおならの元であるガスの種類は主に、

●食事の際に一緒に飲み込んでしまった空気

●消化の際に発生するガス

●腸内細菌により発酵や腐敗したガス

●腸内分泌物から発生したガス

などがあります。

おならが出るということ自体は生理現象ですので、何ら問題はありません

しかしおならが多かったり臭いおならが続いている場合には、犬の健康の為に改善すべき点や、何らかの病気の疑いがある場合がありますので注意が必要になります。

スポンサーリンク

おならの原因と臭う時の対処法

siberian-husky-60046_960_720

食べ物

大豆やコーンなどの炭水化物が多く含まれている食べ物を与えていると、おならの回数が多くなると言われています。

また、芋類や豆類などの食物繊維を多く含む食べ物は臭いの元になる発酵型ガスを発生させますし、食物繊維は腸の運動を活性化させる為、そのガスの量も増えると言われています。

そして、肉や卵などの動物性たんぱく質を多く含む食べ物も、腐敗型ガスという臭いの元となるガスを発生させます。

これらのものを過剰に摂取している場合には、頻繁におならが出たり、臭いがキツクなってしまいますので、その量を含めた食生活を見直してみて下さい。

早食い

早食いにより食べ物と一緒に大量の空気を飲み込んでしまうことが、おならの回数が増える原因になります。

体内に含む空気量が多くなることが、ガスを発生させる要因になってしまうのです。

この場合は早食いを防止する為に、ゆっくり食べさせる工夫をすることで改善されます。

凹凸型や迷路型など早食いを防止する食器などを使用してみたり、飼い主さんの手から少量ずつ与える方法も効果的です。

腸内環境の悪化

人間同様に犬も、おならと腸内環境は密接な関係にあります。

おならが臭くなる原因として最も多いものは、腸内の善玉菌が減ることにより食物繊維や動物性たんぱく質などを上手く消化吸収出来なくなることだからです。

一時的に腸内環境が悪化してしまっただけの場合は数日で改善されますが、臭いおならが続くという場合には、食物繊維や動物性たんぱく質の過剰摂取が考えられますので食生活などを見直してみて下さい。

また、腸内環境を整えるサプリメントを使用するのも効果的だと言われています。

飲み水に混ぜるタイプドッグフードなどにふりかけるタイプなど、手軽に取り入られるものもありますので、おならが臭い時に試してみるのも良いと思います。

ご家庭にある物では、プレーンヨーグルトを与えるのも善玉菌を増やす効果があると言われています。

与え過ぎてしまうと逆効果になってしまいますので、いつもの食事にティースプーン1杯程混ぜて与えてみて下さい。

関連記事として

犬へのヨーグルトの効果は?口臭予防やてんかんにも良いって本当?

りんごを犬が食べるのは大丈夫?皮は?アレルギーは?下痢や嘔吐は?

こちらもご参照下さい。

ストレス

ストレスにより自律神経のバランスが崩れ胃腸が弱る為に、おならが出易くなったり、おならが臭くなる場合があります。

胃酸の分泌がストレスにより減ってしまいますので、食べた物が上手く消化されなかったり、食べ物と共に体内に入ってきた細菌や雑菌が十分に殺菌されないまま腸に送られ、腸内環境の悪化に繋がってしまうのです。

犬は普段通りという習慣性に安心を感じる傾向にありますので、何か普段とは違うことはしなかったか?生活環境の変化はなかったか?などを振り返って原因を探り、ストレスを解消してあげて下さい。

また、運動不足やスキンシップ不足もストレスの原因に成り得ますので、気に掛けてみて下さい。

老化

年を重ねるごとに消化機能は低下していき、腸の蠕動運動も弱まっていってしまいます。

その為、腸内環境が悪化し易くなり、おならが出易く臭いも強くなる傾向があります。

老犬用のドッグフードに切り替えてみたり、消化吸収を助けるサプリメントなどを使用して、老化により低下した機能を補ってあげて下さい。

老犬は寝ていることを好む傾向にある為、運動不足が原因になっているケースも考えられますので、適度な運動も心掛けてあげて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

下痢・便秘

下痢や便秘になるほど腸内環境が悪化している際は、当然のことながらおならも多くなり、臭いもかなり強くなります。

顕著な下痢や便秘の症状が出ていない場合でも、この傾向は強くなりますのでウンチの状態などをいま一度確認してみて下さい。

おならが多くなることや臭いが強くなることが、下痢や便秘のサインになっていることがあります。

犬の下痢や便秘という症状自体も犬に取っては良いことではありませんので、下痢や便秘の原因を探り、腸内環境を整えることに努めてあげて下さい。

また、下痢や便秘が続くようでしたら、早目の受診をおすすめします。

こちらの記事もご参照下さい。

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬の便秘ってどの位大丈夫なの?原因と対処法、便秘予防まで

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

肛門腺

犬には肛門の左右に肛門腺というものがあります。

ウンチをする際にこの肛門腺から分泌物が出され、ウンチが排出されるのを助ける役割をしています。

この分泌物が、力んだ際や詰まってしまった際に漏れ出し臭いの元になっている場合があります。

本来この分泌物はウンチと一緒に排出されるのですが、小型犬など肛門腺が詰まり易い犬種の場合は、分泌物を絞り出すというケアが必要になります。

分泌物が詰まってしまったり、溜まったままになってしまいますと分泌物が腐敗し炎症を起こしお尻が化膿したり、肛門腺が破裂し膿の様な分泌物が皮膚を破り出てきてしまう恐れもありますので、十分に注意して下さい。

床などにお尻をこすりつけていたら分泌物が溜まっている可能性が高くなりますので、肛門から分泌物を優しく絞り出してあげて下さい。

このケアはシャンプーの際月1回程度を目安に、定期的に実施するのが望ましいとされています。

病気

突然臭いおならが多くなったという場合には、病気を疑ってみて下さい。

特に下痢や嘔吐などの他の症状が伴う場合には、早目の受診をおすすめします。

考えられる病気としては、胃炎や腸炎(急性、慢性共に)・直腸や肝臓の腫瘍・胆嚢や膵臓の疾患・尿路結石などがあります。

スポンサーリンク

まとめ

dog-1151195_960_720

今回はワンちゃんのおならの原因と臭う時の対処法をお伝えしました。

ワンちゃんのおならの原因も人間と同じ様に、食べ物やストレス、老化などによる腸内環境の悪化でしたので、その対処法も人間と同じ場合が多く、ケアしてあげ易いということが分かりました。

また、突然おならの回数が多くなったり、おならが臭くなる場合には下痢や便秘の前兆であったり、病気が疑われる場合もありますので、おならに異常がある際にはウンチの状態や他の症状にも注意してあげて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加