犬の耳が赤いのは病気?臭いや耳垢の色で分かることと耳掃除方法

犬が耳を痒がるので耳の中を覗いてみたら、耳が赤かったり耳垢が黒かったり臭ったり、といったことはありませんか?

犬の耳の中は複雑な構造になっており通気性が悪く耳垢に細菌などが繁殖して炎症を起こしたりと、様々な耳の病気の原因を作り易くなっています。

今回はその耳の異常耳垢の色から分かること、そして耳掃除の仕方までをご紹介します。

スポンサーリンク

耳の異常から分かること

puppies-815206_640

色はピンクで耳垢もほぼ無い、これが正常な犬の耳の中です。

耳の中を拭いてみた時に少々皮脂の様なものが付いたという程度で、それが匂ったり、何かしらの分泌物が一緒に付いてきたり、という様な事がなければ問題の無い状態といって良いでしょう。

では、耳の病気が疑われる場合にはどの様な症状があるのか見ていきましょう。

耳が赤い、腫れている

細菌の感染ダニやノミの繁殖物理的刺激(外傷)血管の異常大量の耳垢、などの原因による病気が考えられます。

耳介(じかい)という耳のひらひらした部分が赤くなっていたり、腫れている場合は耳血腫(じけっしゅ)という病気の疑いがあります。

突然耳の中が厚くなった様にパンパンに腫れてきた場合には、ノミ食物などのアレルギー全身性の皮膚病などの病気の可能性もあります。

また、上記の様な何らかの原因で炎症などの耳の異常を引き起こすと、犬がそれを不快に思い耳を掻いたり、頭を強く振ることにより更に赤く腫れ上がりただれてきてしまったりもします。

それにより二次感染二次発症などを引き起こしてしまわない様に、早目の受診をおすすめします。

こちらの記事も参照してください。

犬の病気の中で最も多い皮膚病!代表的な3つの原因と症状のまとめ

耳が臭う、ベトベトしている

耳垢が原因による何らかの病気が疑えます。

犬の耳垢自体には臭いはありません。

耳の中を覗いてみた時だけでなく、犬が耳を掻いた後や頭を振った後などに悪臭がする場合は、耳の中の垢を餌にして雑菌やダニ・カビなどが繁殖してしまっていると考えられます。

犬の耳の臭いの原因がただ単に耳垢だと思い、こまめに耳掃除をしているのにすぐ汚れてしまい臭ってくる様でしたら、既に何らかの耳の病気にかかっている可能性が高くなります。

その様な場合は、耳掃除を行うとかえって症状を悪化させてしまうことも多い様ですので、早目に獣医さんに診てもらって下さい。

耳が痒い

アレルギー皮膚病、何らかの原因による炎症性の病気などの可能性が考えられます。

耳を痒がる以外に耳の中に特別な異常が見受けられない様な場合でも、耳や首の後ろなどを掻く・頭を振る・首を傾ける・耳を壁や床などにこすりつける等の行為が見られる様でしたら、何らかの病気が潜んでいると疑って良いと思われます。

犬の耳の中の皮膚はとても薄い為、痒みにより耳を掻いてしまう際に炎症を悪化させたり、耳の中の血管が切れてしまったりなどの恐れもあります。

痒みを軽く捉えない様にし、早目に受診されることをおすすめします。

耳垢が黒い

耳ダニ感染症の疑いがあります。

耳の中に黒くてベトベトしたワックス上の耳垢(初期は逆に乾燥しています)が出ていて、耳を異常に痒がり頻繁に掻いたり、頭を振ったりしている様でしたら要注意です。

耳ダニは耳垢や分泌物を食べてどんどん繁殖していき、非常に感染力も強いダニです。

その為、早期に治療を開始しなければならないのは勿論のこと、他の犬にうつってしまう可能性も高いのでそちらにも充分な注意が必要となります。

多頭飼いの飼い主さんは他の犬への感染だけでなく、お散歩友達など触れ合いのあった犬にもうつしてしまっていないか確認してみて下さい。

特に子犬は感染し易い様ですので、気を配りましょう。

耳垢が茶色い

マラセチアというカビの繁殖が原因による炎症性の病気や皮膚病などが疑われます。

こげ茶色~黒色発酵した様な特徴的臭いのするねっとりとした耳垢が出ている様でしたら、早目に受診して下さい。

マラセチアは元々、犬の耳だけでなく皮膚や口の周りや肛門など正常な皮膚の様々な場所に存在している常在菌です。

しかし、脂っぽい場所や湿度が高い場所で繁殖し易く、耳の中に分泌物や耳垢などが大量に溜まっているとそれらを栄養に更に増殖し病気を進行させていきます。

その為、早期発見早期治療が大切だといえます。

スポンサーリンク

耳垢の予防法

dog-903213_640

日々の経過観察や、耳の中を不衛生にしないことが1番の予防に繋がります。

耳の中の異物や汚れなどをチェックする際は、耳を上の方に引っ張ってしまうと犬が痛がってしまいますので後方に軽く引き寄せる感じで行って下さい。

なるべく愛犬が嫌がらない方法を模索すると、経過観察や耳掃除などのケアがしやすくなると思います。

耳掃除を毎日行うことは逆に皮膚を痛めたり、傷付けてしまう原因にもなりますので週に1~2回程度で良いといわれています。

しかし、耳の中のチェックやお掃除を怠ることは耳の病気の原因や臭いの元にもなってしまいますから、定期的にチェックしケアして清潔に保ってあげて下さい。

また、犬の耳の中の毛が必要以上に密生している場合などには、適量にその毛をカットしておくのも効果的なようです。

獣医さんやトリマーさんなどに相談してみて下さい。

こちらの記事も参照してください。

現役トリマーが語る!犬の耳の注意点と耳掃除の仕方について!

スポンサーリンク

耳掃除の方法

puppies-815207_640

耳の中をチェックした際にちょっと汚れている程度であるのならば、飼い主さんがお掃除してあげるだけで十分だといわれています。

しかし実際のところ、自分で出来る程度の耳掃除のやり方がよく分からない!正直怖い!という方もいらっしゃると思います。

どの様なやり方が効果的で犬が嫌がらず簡単に行えるかをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

間違った耳掃除の仕方で耳を傷付けてしまいますと、それもまた耳の病気の原因にもなってしまいますので、そちらにも注意して下さい。

用意するもの

●ガーゼ

●コットン

●脱脂綿

…などの拭き取るもの。

何かを拭き取るというと真っ先に思い浮かぶのがティッシュですが、なるべくならティッシュよりも毛羽立ってないものを使用する方が犬に優しく好ましいです。

アルコールを含んでいるウエットティッシュなども一見便利そうなのですが、犬には刺激が強かったり、炎症があった場合にそれを広げてしまう恐れもありますので使用しないで下さい。

犬の耳の皮膚は人間のもより数段デリケートに出来ています。

ちょっとこすっただけでも細かな傷が付いてしまったりしますので、柔らかく皮膚に優しいものを使用して下さい。

因みに、綿棒も…例えペット用の綿棒であっても同様の理由で余りオススメは出来ません。

皮膚をこすって傷付けてしまう可能性が高い上に、かえって汚れを耳の奥に押し込めてしまう場合もあるからです。

●清潔なお水

●イヤーローション

固まってしまった耳垢をふやかし易いぬるま湯が理想です。

また、より耳の中の皮膚への刺激を減らす為にも、乾いたコットン等を使用するよりも1度濡らして使用すると傷を付けにくくなります。

そして、清潔なお水よりも理想的なのはイヤーローションです。

共に耳の中ではなく、耳の表面といった様な簡易的な耳掃除の際に使用するものですが、なるべくなら耳に優しく低刺激なものを使用するに越したことはありません。

●洗浄液(イヤークリーナー)

こちらを使用した耳掃除が1番簡単1番飼い主さんが怖くなく、そして1番綺麗に汚れが取れます。

簡単だということは、愛犬の負担も飼い主さんの負担も軽くなるということでもありますので、垂れ耳の犬種等で定期的な耳掃除が必要だという場合には常備されることをおすすめします。

耳掃除の手順

耳掃除の頻度としては、汚れが気になる場合ならば毎日、それ程気にならない程度であれば週に1~2回程度を目安に、耳の中のチェックを兼ねて行うのが理想的です。

犬の耳は人間の耳よりも弱くデリケートです。

耳の皮膚をこすって傷付けてしまわない様に、どの工程においても注意してあげて下さい。

それでは耳掃除の手順を説明します。

簡易的な(耳の表面部分など)の耳掃除

耳の入り口や表面部分のケアの手順を説明します。

●ぬるま湯イヤーローション洗浄液(イヤークリーナー)等で湿らせたコットンなどを耳にあて、指で優しく拭き取っていきます。

耳垢が固まってしまっている様でしたら、コットンをあてたまま少しおいて耳垢をふやかしてから拭き取って下さい。

こする様に拭き取ったり、耳垢が固まったまま拭き取ってしまうと、耳の中の皮膚などを傷付けてしまいますので、汚れを浮かせてこすらずに!を1番に考えてケアしてあげて下さい。

犬の耳は人間と違って、外耳道(がいじどう)という鼓膜と外とを結ぶ管がL字型で直角に曲がっています。

その為、耳掃除の際に誤って鼓膜を傷付けてしまったりする心配は少ないと言われています。

しかし、この折れ曲がっている外耳道の奥の汚れを綿棒などを使って無理矢理お掃除しようとするのは絶対に止めて下さい。

逆に汚れを奥に押し込む可能性が高くなりますし、何より耳の中を傷付ける恐れがあり危険です。

また、犬が嫌がって暴れ出してしまったりすると耳の中の皮膚を傷付けてしまう恐れもありますので、そちらにも注意して下さい。

洗浄液(イヤークリーナー)を使った耳掃除

耳の奥の汚れが気になる際や犬が耳掃除を嫌がる場合、飼い主さんが耳の中を触るのはちょっと怖いという場合にはこちらの耳掃除方法がやり易いかと思います。

●まず犬の耳の中に洗浄液(イヤークリーナー)を数滴垂らします。

犬の耳の構造は人間とは違いますので、この際に洗浄液(イヤークリーナー)などの口から直接耳の中に液を入れてしまって構いません。

●次に、耳の付け根の少しコリコリした部分を親指と人差し指で軽く挟んで揉み込みながらマッサージしていきます。

この際にクチュクチュと音が鳴る様にマッサージすると、洗浄液(イヤークリーナー)が上手く馴染んで耳垢や耳の中の汚れを綺麗に浮かせてくれます。

●2~3分程度マッサージを施したらそっと手を離して、耳の中の洗浄液(イヤークリーナー)を外に出す為に犬に首をブルブルさせます。

犬は頭を振って自分で耳の中の水分を耳の外に出すことが出来ますので、洗浄液(イヤークリーナー)や汚れを外に出すにはブルブルしてもらうだけで十分です。

ほとんどの場合は、犬は耳に違和感を感じている状態なので自然とブルブルしてくれますが、手を離してもブルブルしてくれないという場合には、耳の中に息を吹きかけてあげて下さい。

●ブルブルすると液と一緒に耳垢や汚れが耳の中から出てきますので、柔らかいコットンなどで耳の皮膚を傷付けない様に優しく拭き取って、耳掃除は終了です。

この時に、洗浄液(イヤークリーナー)が耳の中に残っていないか、使用後に耳が赤くなっていないか等にも注意してあげて下さい。

スポンサーリンク

耳の異常が出やすい犬種

dogs-659861_640

●コッカースパニエル

●バセットハウンド

●ビーグル

●ゴールデンレトリバー

●シーズー

●マルチーズ

●プードル

●ダックスフンド

垂れ耳の犬種や毛の長い犬種。

耳が垂れ下がっていたり、長毛種の様に耳の中にも毛がたくさん生えている犬種は、どうしても耳の通気性が悪く耳の中の湿度が上がって蒸れてしまいます。

その為、自然と耳垢が剥がれたり等がし辛いようです。

また、アレルギー性皮膚炎などの皮膚の病気をもつ犬は、耳の中の皮膚にもその症状が出てしまう場合も多いようです。

スポンサーリンク

まとめ

dog-543078_640

今回はワンちゃんの耳の異常から分かることと、耳掃除の仕方などをお伝えしました。

耳を痒がっているなどの行動に現れる異常だけでなく、耳の中を見てみないと分からない耳垢の色の異常、更には耳の中の臭いから分かることなどがありました。

耳は音を聞くだけではなく平衡感覚をつかさどる大切な器官であり、犬の耳は体調の変化が出易く、他の動物に比べて病気にかかりやすいデリケートな器官だといわれています。

耳の病気の早期発見早期治療の為にも、日頃からワンちゃんの耳の経過観察定期的な耳掃除などのケアを怠らずにいたいですね。

そして耳の中の見た目や耳垢の色や臭いなど、気になる症状や異常が見受けられた場合には早目に受診なさって下さい。

関連記事として、

犬の歯磨きってどうやるの?簡単歯磨きシートや歯ブラシを使った磨き方

歯磨きをさせてくれない犬には歯磨きガム!おもちゃは?サプリは?デンタルグッズ色々

犬の爪切りは必要?頻度や方法、嫌がる犬の対処法まで

犬の目やには色に注意!病気の判断や取り方まで

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加