歯磨きをさせてくれない犬には歯磨きガム!おもちゃは?サプリは?デンタルグッズ色々

どうしても歯磨きをさせてくれない犬の口臭歯垢歯石をどうにかしたいとは思っていても、多種多様な歯磨きガム歯磨きおもちゃが出ていてどれを選んでいいのか分かり辛いですよね。

そもそもどんな効果があってどうやってどんなタイミングで与えれば良いかも良く分からなかったりもします。

今回はそんなデンタルケアアイテムオーラルケアアイテムをご紹介しますので、犬の歯や口内ケアに役立ててみて下さい。

関連記事として

本当に怖い犬の歯周病!その症状や原因、治療について

犬の歯磨きってどうやるの?簡単歯磨きシートや歯ブラシを使った磨き方

犬へのヨーグルトの効果は?口臭予防やてんかんにも良いって本当?

こちらの記事もご参照下さい。

スポンサーリンク

デンタルケア

dog-480200_640

犬の口内は人間よりもアルカリ性が高く、24時間程度で歯垢(プラーク)が発生し、2~3日でこの歯垢(プラーク)が歯垢へと石灰化してしまいます。

その為犬のデンタルケアというのはとても重要なものです。

しかし、毎日歯磨きをするのが1番だと分かってはいるものの、どうしても歯磨きを嫌がってしまう犬の場合や定期的に歯磨きをしてあげることが出来ないという場合もあります。

その際には、デンタルケア商品オーラルケア商品を使用するのもひとつの手ではあります。

日常的に簡単に使用出来たりするものを多く、毎日の生活に取り入れ易いかと思いますので是非活用してみて下さい。

しかしこれらはあくまで歯磨きの補助的なアイテムとなりますので、注意して下さいね。

そして総てのアイテムにいえることなのですが、硬い方が歯垢などが取れ易いだろうとやたらに硬いものを与えるのは控えて下さい。

実は犬は、噛む力は強いのですが歯自体は意外ともろく、あまり硬いものを与えると歯の表面磨り減ってしまったり、歯が欠けたり、折れてしまったりするのです。

では、お手軽デンタルケアアイテムをご紹介します。

歯磨きガム

歯磨きガムには、噛むことにより歯に付着した歯垢を落とす効果・噛むことにより唾液の分泌を促し口内環境を正常に保つ効果・歯磨きガムに含まれる成分により口臭などを抑える効果などがあります。

その効果を最大に発揮する為に気を付けるべきことがあります。

まず、犬の口に合ったサイズや硬さを選ぶこと・歯と歯の隙間に密着できる形状のものを選ぶこと・なるべく奥歯を中心に長く噛ませること、です。

硬過ぎるものや大き過ぎるものは歯や歯茎や口内を傷付けてしまう恐れもありますし、丸飲みして喉に詰まらせてしまう危険もあります。

形状としては、歯垢などは歯の隙間に溜まり易いものですからその隙間に届くブラッシング効果のある繊維質のものなどがおすすめです。

そして1番大事なことなのですが、早食いや丸飲みを防ぐ為にも、飼い主さんが手に持って犬にしっかりと歯磨きガムを噛ませるということに気を付けて頂きたいです。

その際には、上顎の奥にある大きな第1後臼歯下顎の第4前臼歯と呼ばれている上下の噛み合う一番奥の歯を中心に噛ませる様にして、少しずつ送りながら最後まで手で持って左右共にしっかり噛ませ、時間を掛けてゆっくり食べさせてあげて下さい。

歯磨きガムは比較的カロリーも低いですし、毎日の習慣にするとより効果的です。

歯磨きおもちゃ

デンタルボーンデンタルロープなどデンタルトイと呼ばれる、噛んで遊ぶことで歯磨き効果を得られるおもちゃも沢山出ています。

歯垢が取れ易いロープタオルラバーなどの様々な形状や素材のものが多種多様にありますので、犬の好む遊び方によって選んであげて下さい。

ロープなどで引っ張り合いっこなどをしてスキンシップなどを図りながら、歯磨きガムの項で説明したような歯の箇所を噛ませて歯磨き効果を高めてみるのも良いと思います。

遊んだ後は洗ってあげたりと、おもちゃを清潔に保つことも忘れないで下さいね。

口内洗浄液

マウスウォッシュマウススプレーマウスクリーナーと呼び方は様々ですが、口内や歯に吹き付けたり、飲み水に混ぜたりして簡単に口内ケアが出来るものです。

その効果も歯垢や歯石を付き辛くさせるものから歯周病の原因でもある細菌などの繁殖を抑えるもの、口臭を緩和させるものや口内環境を整えるものなど様々です。

デンタルドッグフードやサプリメント

デンタルフードという、歯垢や歯石が付きにくく歯垢除去に効果があるドッグフードも多種多少に出ています。

そういった成分が配合されたもの、ドッグフードの形状的に歯磨き効果のあるものなどです。

また、いつものドッグフード等にふりかけるだけというタイプのサプリメントなどもあります。

こちらも口臭歯垢歯石といった口内トラブルに効果があります。

普段の食事を変えるだけで簡単でお手軽にデンタルケアが出来ますが、犬との相性もあるかと思いますので色々試してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

golden-918083_960_720

今回は歯磨き効果の期待出来るおやつおもちゃドッグフードサプリメントなどについてお伝えしました。

歯磨きガムは毎日与えるのが良く、その効果を得る為に有効な食べさせ方があったなんて意外でしたね。

勿論いつものおやつ代わりに食べさせるのも良いとは思いますが、是非ワンちゃんとのスキンシップも兼ねながら飼い主さんが手で持って食べさせてあげて下さい。

その他のデンタルケアアイテムも、おやつおもちゃドックフードサプリメントなどその用途だけでなく多種多様に発売されていましたので、これらを日常の中に取り入れてみるのも良さそうですね。

これらはあくまでも歯磨きの補助的アイテムにはなりますが、その分手軽に取り入れられますので日常的に活用してみて下さい。

関連記事として、

犬がくしゃみを連発!わざとって本当?その原因と逆くしゃみについて

犬の爪切りは必要?頻度や方法、嫌がる犬の対処法まで

犬の耳が赤いのは病気?臭いや耳垢の色で分かることと耳掃除方法

犬の目やには色に注意!病気の判断や取り方まで

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

こちらの記事も合わせてお読み下さい!