犬の便秘ってどの位大丈夫なの?原因と対処法、便秘予防まで

犬がウンチをしなかったり、ウンチをし辛そうにしていたり、ウンチの形などがいつもと違っていたりして、便秘なのかな?と思ったことはありませんか?

実はこんな時に人間と同じ感覚で軽く考えてしまうことは、犬の場合は良くありません。

今回は、ウンチが出ない原因と疑われる病気便秘の対処法予防法をお伝えします。

スポンサーリンク

犬の便秘とは

dachshund-975336_960_720

健康な犬の1日のウンチの回数は食事回数プラス1回程度で、1回のウンチの量は食べたドッグフードの量と同じ位かそれより少し少ない位の量が望ましいとされています。

形状は、手で持った時に形が崩れず、ウンチを取った際にトイレシーツなどに跡が付かない程度の少し艶のあるコロンとした硬さが健康的な状態です。

犬の便秘とは、この基準を満たしていない状態と考えて良いと思います。

2日間ウンチをしていないのなら便秘だと判断して下さい。

また、ウンチをしてはいるけれど普段と出る量・固さ・形などが違うという場合や、必要以上に力んだりしてウンチを出し辛そうにしている場合にも便秘であると言えます。

そして便秘には急性と慢性の2種類あります。

急性便秘

犬も時々急性便秘になることがあります。

急性便秘の場合は、対処法を実施すれば比較的簡単に便秘症状を改善させることが出来る状態です。

硬くてコロコロとしたウンチが出ている場合や、ウンチはしているものの出し辛そうにしているという場合は、便秘の初期症状にあたりますので急性便秘である可能性が高いです。

慢性便秘

2日以上『便秘』の状態が続いている状態や、一時改善されてもすぐにまた便秘の症状が出てしまう状態です。

慢性便秘になってしまうと腸内に溜まったウンチが硬くなり、徐々に宿便になっていってしまいます。

慢性便秘の場合は、大きな病気から便秘の症状を患っているという可能性があります。

また、長期間の便秘は、巨大結腸症という病気を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

これは、溜まってしまったウンチにより腸が異常に拡大してしまい、正常に機能しなくなる病気です。

このことからも、2日以上便秘が続いている場合は早目の受診をおすすめします。

犬の場合、5日以上ウンチが出ていない状態などは命に関わる危険も有り得ますので、人間の感覚で判断せずに動物病院へ連れて行って下さい。

スポンサーリンク

便秘の症状

soap-bubbles-672639_640

ウンチの状態

●硬く乾燥している

●ウサギのウンチの様にコロコロしている

●いつもより小さく(短く)細い

●絞り出した様に細長くなっている

●いつもより量が少ない

●水分が少ない

ウンチが出ていてもこれらの状態の場合は、便秘の初期症状といえますので注意して下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

行動や体に表れる症状

ウンチの出し方

●ウンチを出す際に一生懸命に力んでいる

●ウンチを出そうとする姿勢を繰り返すが出ない

●トイレシーツの上などでクルクル回っている

●ウンチを出そうと力んでみるものの、途中で諦めてしまう

●ウンチを出そうと力む際に鳴く

●1日に何度もトイレへ行く(ウンチを出そうと試みている)

●何度もおしっこをする

ウンチを出していても必要以上に力んでいたり、出し辛そうにしている場合は便秘といえます。

1日に何度もトイレに行っている様子が伺える場合は、トイレについて行ってウンチを出したいのに出せずにいないか確認してみて下さい。

長時間ウンチをしない

普段お散歩の際にウンチをする犬などは、お散歩時にウンチをする素振りを見せなかった場合は便秘を疑ってみて下さい。

お腹の見た目の異常

●お腹が膨れ上がっている

●お腹が張っていて硬い

●左の下腹部にコリコリとした膨らみがあり、ゴツゴツした手触りがする

●お腹を撫でることを嫌がる

腸の中にウンチが溜まっていると、見た目や触った感じで気付くことが出来る様になります。

体調不良

●食欲が低下する

●元気が無くなる

●お水を飲む量が減る

●吐き気がある

腸内にウンチが溜まったままになっている為にお腹が空かなくなったり、本来は排泄しなければならないものを体内にとどめているので、その毒素などにより気分が悪くなったりします。

何かしらの病気を疑う症状

●食欲が無い

●嘔吐する

●腹部が大きく膨らんでいる

●背中を丸めたり、腹痛を感じている

●陰部や肛門から膿が出ている

●尿が少なかったり、逆に頻尿になっている

●血尿や血便が出ている

●歩き方がおかしい

●発熱している

●必要以上に水を飲みたがる

●元気が無くぐったりしている

●便秘と下痢を繰り返す

これらの症状を伴う場合は、何らかの病気が疑われますので早目に受診して下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

スポンサーリンク

便秘の原因

dog-653490_960_720

食生活などからくる原因

水分不足

水分が不足するとウンチが硬くなる為、腸の中を通過し辛くなり排出され辛くなります。

コロコロとした硬いウンチをしている場合は、摂取した水分が足りず大腸に届くまでの間に吸収されてしまっている可能性が高いです。

食物繊維不足

人間と同じ様に、犬も食物繊維の摂取量が少ないと便秘になってしまいます。

犬の食生活は肉類が中心になりますので、どうしても悪玉菌を増殖し易くなります。

腸内に悪玉菌が増えてしまうと、腸の働きが鈍くなってしまい便秘の原因となるのです。

その為、善玉菌を増やす食物繊維が多く必要となります。

食物繊維の過剰摂取

幾ら食物繊維が腸に良いといっても、摂取量が多過ぎると繊維質により逆にウンチが硬くなってしまい便秘の原因になってしまいます。

毎日与えているという場合には注意が必要です。

カルシウムの過剰摂取

丈夫な骨や歯を作るのに欠かせないカルシウムですが、摂り過ぎてしまうと便秘を引き起こしてしまいます。

普段から煮干しなど与えているという場合には、与える量に気を付けて下さい。

ドックフードやおやつ

犬とドッグフードの相性が悪かったり、ドッグフードのが悪い・または保存状態により品質が低下してしまっていると便秘になってしまう場合があります。

また、ドッグフードをいつもと違うものに切り替えた際に、一時的に便秘になるケースもあります。

悪玉菌が増えてしまう様なジャーキーなどのおやつばかり食べていても、腸内バランスが崩れてしまうので便秘になってしまいます。

こちらの記事もご参照下さい。

ドッグフードの選び方が分からない方に!タイプ別、サイズ別、年齢別、目的別の特徴

食事の量

食事の量が少な過ぎてウンチが出ない場合や、逆に多過ぎてウンチが出辛くなってしまっている場合もあります。

食事の量は、間食やおやつも含めて1日の適量を与えて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

ドッグフードはいつ何回どれだけあげればいい?量や回数、時間帯について

消化不良

消化の悪いもの消化し辛いものを大量に食べて、消化不良を起こしている場合があります。

単純に食べ過ぎてしまって、胃腸に負担が掛かってしまっているケースもあります。

また、お散歩中などに大量に砂などを食べてしまった場合にも、ウンチが砂などで硬くなってしまいますので、腸の中を通り辛くなり便秘になる場合があります、

生活環境などからくる原因

運動不足

十分に運動量が足りていないと、便秘になり易くなります。

運動不足になると、筋肉が落ちて腸の働きが衰えてしまう為です。

タイミングを逃して我慢している

お散歩の時など外に出た際にウンチをする習慣がある犬の場合は、ウンチをするタイミングを逃してしまっている場合があります。

ウンチを出したいのにお散歩に行くまで我慢してしまってそのままタイミングを逃してしまったり、お散歩の際に飼い主さんがウンチのタイミングに気付かずにいるとそのまま我慢してしまうのです。

また、いつもなら外にトイレに行きたいと自分で訴える犬の場合でも、雨などの悪天の為に外に出るのが嫌でウンチを我慢してしまう場合があります。

この様にタイミングを逃し続けると、犬はウンチを我慢し続けてしまいます。

そうなってしまうと、ウンチが腸内に長く留まることになりウンチが硬くなってしまう原因にもなりますので、更なる便秘症状を引き起こしてしまいます。

トイレの環境

犬はデリケートな生き物ですので、トイレが汚れていたり、普段と違った場所やトイレシーツなどになっていたり、トイレの近くに見知らぬものが置いてあったりすると安心して排泄出来ず、ウンチを我慢してしまう場合があります。

また、トイレトレーニングでひどく怒られたなどの怖い思いをしたり、不愉快な思いをしたなど、トイレ自体に苦手意識を持っていると便秘になってしまう場合もあります。

ストレス

犬も人間と同じ様に不安やストレスの影響で自律神経の調節が上手くいかなくなると、腸の動きが悪くなってしまい便秘になる場合があります。

犬は、普段通りという規則正しい習慣性に安心を覚える傾向にあります。

犬によってどんなことをストレスに感じるかや、ストレスの大小は様々ですが、生活の変化や気候・環境の変化、スキンシップ不足になっていないかなどを確認してみて下さい。

また、日常生活の中だけでなく、苦手な場所に行ったり、苦手なことをしたり、苦手な人や動物に会ったなど、特別なことがあった場合や初めてのことにもストレスを感じ易いです。

加齢

加齢による筋力や体力の低下により、自然にウンチがし辛くなり便秘になってしまう場合があります。

老犬になると運動量も減ってしまいますので、運動不足も併発し更に便秘になり易くもなります。

加齢に伴い腸の運動機能が低下していくからという理由もありますので、老犬の便秘には特に注意が必要となります。

こちらの記事もご参照下さい。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

肛門付近の毛玉

毛玉が出来やすい毛足の長い犬種の場合、肛門付近の毛にウンチなどが付着して毛が固まってしまい、肛門をふさいでしまっている場合があります。

毛足の長い犬種の場合は毛玉が出来ない様にブラッシングをしたり、毛が伸び過ぎている様ならば適度にカットするなど、日頃からケアが必要です。

スポンサーリンク

便秘から疑われる病気

dog-927645_960_720

腸の異常

食べられない異物、おもちゃや石や木の枝など硬いものを誤って食べてしまい、消化器官や腸などに詰まって腸閉塞などを起こし便秘になっている場合があります。

何を誤飲してしまったかにもよりますが、開腹手術が必要になるケースもあります。

また、腸内の腫瘍や他の内臓の腫瘍により腸が圧迫され、腸閉塞が引き起こされている可能性もあります。

こちらの記事もご参照下さい。

芯の誤飲に注意!消化やアレルギーが心配なとうもろこしを犬が食べてもいいの?

犬がアーモンドを食べた!アーモンドプードル・ミルク・オイルは大丈夫?

犬は栗を食べても大丈夫?アレルギーは?栗の適量や与え方など

肛門周辺の異常

肛門周辺や肛門に炎症が起こっていたり、肛門周囲腺腫肛門嚢炎肛門腺が閉じてしまっている疑いがあります。

炎症などの痛みを伴う疾患の場合は、その痛みにより力めなくなってしまったりします。

前立腺の異常

前立腺肥大前立腺の炎症前立腺腫瘍などの前立腺疾患が疑われる場合があります。

去勢手術をしていない高齢の雄犬に、比較的多く見られます。

膣や子宮などの異常

膣や子宮に炎症が起こったり、子宮蓄膿症などにより子宮から膿が出ていたりなど、膣や子宮の病気の疑いがあると、痛みの為に力めず便秘になってしまう場合があります。

避妊手術をしていない高齢の雌犬に、比較的多く見られます。

寄生虫

消化器官の中に回虫などが寄生し腸の働きを弱めたり、その寄生虫が腸をふさいでしまっている可能性があります。

寄生虫はどんどん増殖していってしまいますので、早目の処置が必要になります。

ヘルニア

会陰ヘルニア鼠径ヘルニア臍ヘルニアなどの疑いがあります。

どの場所にヘルニアが発症したのかにもよりますが、腸や他の内臓などが本来ある場所ではない箇所に入り込んでしまったり、飛び出してしまう症状をヘルニアといいます。

腸が何処かに入り込み腸の動きが悪くなり、腸閉塞などを引き起こしてしまっている状態が疑えます。

こちらの記事もご参照下さい。

犬の腰痛は軽度からヘルニアまである!症状や原因、ケア方法と予防法

その他の病気

●骨盤や脊髄の異常、下半身の怪我や骨折

●甲状腺機能の異常

●消化器官の腫瘍

などが疑われる場合があります。

ウンチが出ないという便秘症状が何かしらの重い病気のサインという場合も有り得ますので、犬の便秘は余り軽く考えず早目の受診をおすすめします。

スポンサーリンク

便秘の対処法

lakeland-terrier-908688_960_720

食生活などによる対処法

水分補給

水分が不足しまうと腸内が乾燥したウンチばかりになってしまいますので、水分をたくさん摂ることでスムーズなウンチを促します。

硬くコロコロしたウンチばかりしている際にも有効な手段です。

普段から余り水を飲まない犬の場合はドッグフードをぬるま湯でふやかしてみたり、ウエットフードをあたえるなど水分が多い食事を与えてみて下さい。

また、キャベツやブロッコリーなどをいつもの食事にトッピングしてみることも効果的です。

夏場の暑い時期に比べると冬場の寒い時期には犬も余り水を飲まなくなりますので、冬場には特に水分が不足していないかに気を配ってあげて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

犬にキャベツを与えて大丈夫?生は?芯は?量は?良い点と注意点

ブロッコリーを犬に与えて良いの?芯は?スプラウトは?良い点と注意点

犬がきゅうりを食べても大丈夫?アレルギーは?きゅうりの良い点と注意点

無糖のプレーンヨーグルト

腸内で善玉菌として働くビフィズス菌乳酸菌の入っているヨーグルトは、人間同様に犬の腸内環境も整えてくれます。

ただ犬によっては、ヨーグルトの原料である牛乳に含まれる乳糖を分解し切れず下痢をしてしまう場合もありますので、少量ずつ様子を見ながら与えて下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

犬へのヨーグルトの効果は?口臭予防やてんかんにも良いって本当?

オリーブオイルや無塩バター

オリーブオイルや無塩バターに含まれる油分が腸を刺激して、潤滑油としての役割も果たしてくれます。

少量舐めさせる程度で効果が出ます。

オリーブオイルもバターも塩分が含まれていないものを与えて下さい。

食物繊維

食物繊維は腸内で善玉菌の養分となりますので、腸内環境を整えてくれます。

水分を多く吸収するという特徴もある為、腸内のウンチが柔らかくなりウンチを出し易くなります。

代表的なものはサツマイモなどの芋類や、リンゴなどの果物です。

サツマイモのふやかしたものや、リンゴをすり下ろしたものなどが効果的だといわれています。

しかし食物繊維は摂り過ぎてしまうと、かえって便秘を引き起こしてしまう原因にもなりますので、与え過ぎには注意して下さい。

こちらの記事もご参照下さい。

りんごを犬が食べるのは大丈夫?皮は?アレルギーは?下痢や嘔吐は?

サプリメント

犬の整腸目的のサプリメントも多く販売されていますので、便秘になり易い場合はこういった腸内環境を整えるサプリメントを日常から取り入れることも効果的です。

どの位の量の食物繊維や乳酸菌を与えたら良いのか分からない場合や、人間の食べ物を与えることに抵抗のある飼い主さんには、犬種や犬の体重などを目安に適量を与え易く、いつものドッグフードに混ぜるだけなど手軽に摂取させることが出来ます。

生活環境などによる対処法

適度な運動をする

お散歩を少し長めにしてみたり、普段歩いているだけの場合は少し走ってみたり、いつもより多く運動してみて下さい。

適度な運動をすることで内臓が刺激されますし、有酸素運動はリラックス効果もありますのでストレス解消にも繋がります。

犬種によって1日に必要な運動量は違いますし、同じお散歩でも歩くのと走るのでは運動量が違いますので、過度な運動不足にならない様に注意してみて下さい。

ウンチのタイミングを逃して我慢してしまっている犬の場合にも、運動がてら外に出てみることが効果的です。

ストレスを取り除く

ストレス解消の為にスキンシップを取ってみて下さい。

一緒に遊んだりなどの運動を伴う行為がより効果的です。

トイレに問題がある場合にはトイレを清潔に保ったり、何かしらの環境的なストレスが伺える様でしたら、出来るだけ心地よい環境を整えてあげて下さい。

マッサージ

強く圧迫してしまわない様に気を付けながら、お腹の少し下あたりのおへそを中心に手の平でゆっくりと円を描くように優しくさすり、犬のお腹が温かくなるまでマッサージしてあげて下さい。

お腹を上から下へ、下から上へとマッサージするのも効果的です。

仰向けになるのを嫌がらない様でしたら、犬を寝かせてマッサージしてみて下さい。

マッサージをしてあげると外部から刺激を与えられるだけでなく、副交感神経が優位になり犬がリラックスしてストレス解消にもなります。

また副交感神経は腸の運動を高めてもくれますので、便秘の改善にも効果があるといわれています。

また、蒸しタオルなどでお腹を温めてあげたり、お風呂シャワーに入れてあげたりするのも効果があるといわれています。

スポンサーリンク

便秘の予防法

autumn-665150_960_720

●水分をきちんと摂取しているかを確認し、十分な量を与える

●新鮮なお水がいつでも飲める環境を整える

●お散歩など運動量が足りているか常に気を配る

●バランスの取れた食事をさせる

●消化し辛いものや、消化に負担が掛かる量の食べ物を与えない

●生活のリズムを崩さない

●ストレスを溜めさせない

対処法と重複してしまいますが、これらが便秘の予防に繋がります。

お散歩に行ったり、遊んだりして必然的に喉が渇きお水をたくさん飲む、という日常的なことが1番の予防法ということになります。

毎日ウンチの状態を確認して何か異常が見受けられる様であれば、その都度何かしらのケアをしていくことも慢性的な便秘の予防に繋がります。

スポンサーリンク

まとめ

dog-405671_960_720

今回はワンちゃんの便秘の原因対処法予防法についてお伝えしました。

ワンちゃんの場合は人間と違い、2日もウンチが出なかったり、ウンチを出し辛そうにしていたり、ウンチの形状が良くないだけで便秘といえる状態にあるだなんて意外でしたね。

また、便秘という症状の裏に病気の可能性が隠れている場合もありましたので、便秘以外の症状が伴わなくても早目に獣医さんに相談されることをおすすめします。

ワンちゃんが便秘かどうかを判断する為にも、毎日ウンチの状態をチェックすることを習慣にしてみて下さい。

関連記事として

犬もおならをする!原因と臭い時の対処法

どうしてドッグフードを食べないの?考えられる原因とその対処法

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加