チワワの特徴や性格を知って飼い方を学ぼう!チワワ大全!

小さな体にクリッとした大きな目がなんとも可愛いチワワ。
そのビジュアルとは反対に、活発で勇敢な一面も持っており、そのギャップにたまらない魅力を感じる人も少なくありません。
毎年発表される人気犬種ランキングでも不動の地位を確立し、老若男女から大人気の犬種となっています。

本記事では、そんなチワワの特徴から性格、購入するポイントから歴史に至るまでを詳しくご紹介いたします。
ぜひチワワを家族に迎える際の参考にしてください。

スポンサーリンク

チワワの特徴

チワワの一般的な体重は1.5kg〜3kg程度とされており、現在公認されている小型犬の中では最も小さな犬種になります。
体は小さく引き締まっており、「アップル・ヘッド」と呼ばれる丸みを帯びた頭大きな立ち耳わずかに尖がった小さな鼻パッチリとした大きな目が特徴的です。

2種類ある被毛タイプ

被毛のタイプには2種類あり、シングルコートで毛が短い「スムースコートチワワ」と、ダブルコートで毛が長い「ロングコートチワワ」に分かれます。

スムースコートチワワは、光沢があり滑らかで短い毛に全身覆われていますが、ロングコートチワワの毛は全体的に長く柔らかで、耳まわりや腕、尾にある飾り気が特徴的となっています。

多彩な毛色と組み合わせ

チワワは、豊富な種類の毛色を持っていることも特徴の一つです。

単色だけでもレッド、ブラック、ホワイト、クリーム、フォーン、チョコレート、セーブル、ブルーなど多くの色が存在しますが、マールカラーについてのみ、遺伝性の疾患を持って産まれる可能性があるため非公認となっています。

毛色には単色の他に、白地をメインとした2色のパーティカラーや、3色以上の組み合わせからなるトライカラーもあり、自分の好みに合った毛色のチワワを探し出すのも楽しみの一つではないでしょうか。

スポンサーリンク

チワワの性格

勇敢なチワワ

チワワは、華奢小柄な体から気が小さい性格と思われがちですが、活発で時に勇敢な性格の持ち主です。
散歩中に見知らぬ人や自分より大きな犬に出会っても、強い縄張り意識警戒心から吠えて威嚇することもありますので、性格的には番犬に向いている犬種と言えるでしょう。
独立心もあり、一匹でのお留守番も難なくこなせます。

飼い主への深い愛情と排他性

チワワは、飼い主に対しては深い愛情を示し、献身的でとても忠実な性格ですが、やや排他的な傾向が見受けられます。
もともと学習能力は高く、比較的訓練にも向いている犬種ですので、家族や他の犬と一緒に暮らす場合はしっかりとしつけを行うようにしましょう。

度胸はあっても本当は臆病?

活発で勇敢なチワワですが、一方では甘えん坊臆病な一面も持ち合わせています。
大型犬に向かっていく度胸はあるものの、知らない人が突然やってきたり、大きな物音や強い風に怯え、時に怖がって吠えてしまうこともありますので、そんな時は叱らずに飼い主さんが優しく包み込んであげると良いでしょう。
きっと安心して落ち着くはずです。

スポンサーリンク

チワワの飼い方

散歩の必要性と注意点

チワワは、小型犬の中で最も小さい犬種ですので、お散歩を不要と考えられる方も多いかもしれません。
しかし、活発好奇心旺盛な性格ですので、ストレスを溜めないようにするためには日々のお散歩は欠かせません。

散歩時間は1回20〜30分程度で良いので、毎日外に連れ出して適度に運動させてあげると良いでしょう。
知らない人や他の犬と触れ合うことで、社会性も身につけることが出来るはずです。

なお、散歩を行う時は気候に注意し、毛の短いスムースコートチワワであれば寒い冬を、毛の長いロングコートチワワであれば暑い夏に対策を考えましょう。
室内の温度もなるべく一定にしてあげられると理想的です。

また、チワワは頭蓋骨の上部にある泉門が塞がっていないことが多く非常に衝撃に弱いため、危険物がそこかしこに多数存在する外での散歩ではより頭部の扱いに注意が必要です。

チワワの被毛の手入れ

チワワの被毛は、トイ・プードルなどのように伸び続けることはなく、伸びるスピードも早くないため手入れは比較的にラクな方とされていますが、スムースコートとロングコートで手入れの仕方は異なります。

いずれの種類も定期的なシャンプーは必要となりますが、スムースコトートチワワは毛が短いため、日々の被毛の手入れは濡れたタオルで体を拭く程度で十分となります。
ロングコートチワワは毛が長いため、皮膚トラブル毛玉にならないよう毎日のブラッシングで抜け毛を残さないことが大切です。
また、濡れたままの放置は皮膚トラブルにつながりますので、シャンプーをした後のドライヤーも欠かさず行ってください。

換毛期は年に2回あり、この時期は毎日ブラッシングやコーミングをして新陳代謝を良くしてあげると良いでしょう。

こちらの記事も参照してください。

現役トリマーが教える犬のシャンプー・ブローのやり方!頻度、温度などの極意を徹底解説!

大切な目のケア

目の大きなチワワは、他の犬種に比べて分泌物が多いとされています。
涙を放置すると涙やけにもつながりますので、出ているのを見かけたらこまめに拭いてあげるように心がけましょう。
また、くりくりとした大きな目には周りの毛が入りやすく炎症が起きやすいとされています。
愛犬の目にかかるような被毛が無いよう日頃から短くカットしておくようにしましょう。

こちらの記事も参照してください。

犬の涙が止まらない!涙やけの原因と詳しいケア法

犬の涙が多い?涙を流す原因は?涙にまつわる目の病気と涙について

犬の目の病気?目やにや充血、白濁から分かる症状と治療法

犬の目やには色に注意!病気の判断や取り方まで

目が乾くのに人間とは違う犬のドライアイ、その原因と治療法

スポンサーリンク

チワワのしつけ

ワガママで吠えるチワワの原因

チワワは、見た目の可愛らしさから飼い主さんが甘やかしがちな犬種の一つです。
しかし、活発勝気な性格のため、甘やかされ続けるとワガママになったり、臆病で怖がりな性格から吠え癖がついてしまう可能性もあります。
もともと賢く学習能力が高い犬種ですので、子犬の頃から適切なしつけを行うことで無駄吠えを防止し、育て方によっては大らかな性格を形成することも難しくありません。

また、散歩の中では、見知らぬ人や他の犬とたくさん触れ合うことで社会性も身に付けることができ、ストレス発散にもつながりますので、短い時間でもよいので毎日の散歩を心がけましょう。

こちらの記事も参照してください。

犬が吠える原因は?無駄吠えの理由と対処法

リーダーシップとしつけのやり方

チワワのしつけを行ううえでは、飼い主さんとの間で明確な主従関係の構築が必要となりますが、決して感情的になったり強く叱るのはやめましょう。
チワワは臆病繊細な性格を持っていますので、穏やかな口調で愛情をもってしつければ、賢く理解力に優れたチワワはすぐに学習してくれるはずです。

スポンサーリンク

チワワの病気

チワワは、小柄ですが虚弱体質な犬種ではありません。
しかし、チワワがかかりやすい病気というものは存在しますので、病気に関する最低限の知識を持ち、日頃からの予防を心がけることが大切です。
以下に、チワワがかかりやすいとされる主な病気をご紹介します。

水頭症

水頭症は大半が先天性で、小型犬に広く見られる病気の一つですが、中でも特にチワワに発症例が多いと報告されています。
脳内に脳の髄液が大量に溜まり、脳圧が高まって周りの神経を圧迫したり萎縮することで様々な症状を引き起こす怖い病気で、稀に事故などによって頭部を損傷して発症する例もあります。

症状としては、ボーっとしたり寝ていることが多くなったり、物覚えが悪くなったり、突然鳴き出したり興奮することもあります。
また、眼球が圧迫されることによって斜視になったり、歩行に異常がみられることもありますので、これらの症状に当てはまるようなことがあれば、早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。

根治は難しいとされている病気ですが、早期に発見し処置することが大切とされています。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼はチワワのような小型犬に多く後ろ脚の膝のお皿(膝蓋骨)が正しい位置からずれてしまうことで脱臼する病気です。
病気には、もともとの形成異常によって発症する先天性のものと、強い衝撃が原因となって骨が変形し発症する後天性のものがあります。

症状にはグレードがあり、初期の場合は脱臼しても自然に戻ってほとんど気づかないことが多いですが、進行すると常に脱臼状態となり、歩行に異常が見られるようになります。

治療には、痛みを和らげる内科的治療もありますが、外科手術が一般的となっています。
しかし、進行しすぎて重度に変形してしまった場合は手術が出来ないこともありますので、早期に発見することが最も大切となります。
先天性の場合は、骨が成長してしまう前の早い段階での手術が推奨されています。

膝蓋骨脱臼は膝への負担を減らすことが大切ですので、日頃から滑りやすいフローリングの対策を考え、高いところからの昇り降りに気をつけるなど、日々の生活の中で小さな予防策を積み重ねていくようにしましょう。

スポンサーリンク

チワワの寿命

チワワの寿命は一般的に約12~14年程度と言われていますが、毎日の食事や運動などの健康管理と、病気などによっても大きく変わります。

先天性の病気を持って産まれてくることが多いチワワですが、病気は早期発見早い段階からの治療が大切となりますので、愛犬の行動には日々注意しながらコミュニケーションを取るようにしましょう。
また、後天性の病気の場合であれば、愛犬の様子に気を配りながら日々の健康管理をきちんと行うことで、病気の予防に繋がり、愛犬の寿命を延ばすことも可能かもしれません。

スポンサーリンク

チワワの購入相場

チワワの一般的な平均価格は、約15~20万円程度となっていますが、犬種スタンダードに近いかどうかや、血統、毛色、体つき、顔、月齢などによっても大きく変動します。
また、ペットショップや専門のブリーダー先で購入するか、里親制度を利用して引き取るかによってもかかる金額は異なります。

高額なチワワの特徴

父犬または母犬、あるいはその両方がチャンピオン犬である場合は血統が良いとされ、価格は高額に設定され、高いものでは50万円以上する場合もあります。

毛色は、ブチ模様のマールのような希少色や、毛色の出方がはっきりとしていて美しい個体の値段は他の毛色に比べて高くなっていますが、チワワは成長過程で色が変化することが多いため、子犬の頃の色がそのまま続くと思い込んで飼い始めると驚くことも多いでしょう。

体つきは、小さければ小さいほど珍しいとされ、価格は高くなります。
また、目がクリッとしていて大きく、耳がピンと立っていて胴体と足が短い「ドワーフ体型」と呼ばれるチワワが特に人気となっています。
顔も小顔であるほうがより好まれる傾向にあります。

健康な個体を選ぼう

チワワの子犬を購入するうえで価格はとても大きなポイントとなりますが、それ以上に確認しなければならない大切な点があります。

チワワには、頭のてっぺんに「泉門」と呼ばれる頭蓋骨に覆われていない部分がある個体が多く、泉門が塞がっていないと頭部が衝撃にとても弱いと言われています。
また、泉門が広いチワワの体質は虚弱であるとされ、ストレスにも弱く低血糖水頭症にもなりやすいと言われています。
一般的に成犬になると泉門が閉じることが多いとされていますが、そうでない個体もいますので、チワワを迎える際にはしっかりと確認をすることが重要です。

その他にも、チワワ特有の大きくうるんだ目が澄んでいるか涙や目ヤニが大量に出ていないかをきちんと確認しましょう。
チワワには、先天性の目の疾患を持って産まれる子もいますので、目や目の動きに不自然さを感じないかどうかもチェックのポイントとなります。

スポンサーリンク

チワワの歴史

チワワの起源には諸説あり、未だ明確になっていませんが、犬種登録団体のジャパンケネルクラブ(JKC)上では、メキシコが原産であると考えられています。

チワワの由来と祖先犬

チワワという犬種名は、メキシコ国内最大の州である「チワワ」の名に由来しているとされ、かつては地中の穴の中に住み、野生に生息していました。
しかし、トルテカ帝国時代にメキシコ周辺を支配していた先住民によって捕えられ、その後家畜化されていきました。

街の建造物の装飾には、この時代に生息していたとされる「テチチ」と呼ばれる小さな犬の絵が使用されており、これらは今日のチワワに酷似していると考えられています。

現在のチワワの起源と考えられている小型犬が発見されたのは、19世紀に入ってからのことでした。
チワワ州で発見された後にアメリカへ渡ったチワワは、品種改良を重ね小型化されながら現在の形にたどり着き、1904年にAKCより正式に公認されました。

日本では1970年代頃より飼育され始めました。
過去には某金融関係企業のTVCMに出演して大きな話題を呼び、現在では人気犬種としての地位を不動のものにしています。

まとめ

チワワは、世界で最も小さな犬種とされているが故に、その小柄な体と可愛いビジュアルばかりがフューチャーされることの多い犬種ですが、チワワ特有の病気も多いため、家族に迎える際には健康な個体を選ぶことがとても重要となります。
顔や毛色、被毛タイプなどで人気も大きく変わりますが、何よりも大事なことは、飼い主さんと共に長く健康に過ごせることではないでしょうか。

これからチワワを家族に迎え入れようとお考えの方は、ぜひその点も念頭に置きながら、あなたにとって最高のワンちゃんをお探しください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です