犬にキャベツを与えて大丈夫?生は?芯は?量は?良い点と注意点

犬にダイエット水分不足を補う為、はたまたオヤツなどでキャベツを与えているという話をよく聞きます。

また、手作り食のレシピなどにもキャベツはよく登場しますよね。

そうしたことから、犬にキャベツを与えても大丈夫なんだろうなとは思ってはいるけれども、でも詳しくはよく分からないという飼い主さんが多いのではないでしょうか。

今回は、キャベツの良い点注意点や、でも大丈夫なのか?も与えて良いのか?はどの位?など犬にキャベツを与えるにあたって知りたい色々をお伝えします。

スポンサーリンク

キャベツの良い点

animal-1130207_960_720

栄養素が豊富

犬にキャベツを与えることは、基本的に問題ありません

キャベツには各種ビタミンがバランスよく豊富に含まれており、ミネラル類も豊富でその含有量も多く、栄養満点の食物と言えます。

また、キャベツは抗酸化作用が他の野菜に比べて高く、動脈硬化がんの予防にも繋がると言われています。

キャベツの代表的な栄養素はこちらです。

●食物繊維

食物繊維は胃腸のバランスを整える効果があります。

便秘の改善の他、消化に時間が掛かるので腹持ちが良くなると言われています。

●ビタミンK

抗出血作用があり、骨の形成にも関わる栄養素です。

不足してしまうと出血の際に血が凝固し難くなってしまいます。

●ビタミンC

疲労回復や美肌(皮膚)効果があります。

ストレスにも良いとされています。

●ビタミンU(キャベジン)

胃や十二指腸に良いとされる栄養素です。

胃や腸の粘膜の修復や保護、肝機能の改善などに効果があり、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

●カルシウム

骨や歯などの形成に必要な栄養素です。

他の野菜に比べて、キャベツに含まれるカルシウムは吸収率が良いと言われています。

●カリウム

心機能の維持、神経や筋肉などが正常に機能する為に必要な栄養素です。

たんぱく質の合成にも役立っています。

ダイエット食・水分補給に

犬のダイエット時のかさ増しや、余り水分を摂らない犬などの水分補給にキャベツが良いと言われています。

これは水分食物繊維が多い為、腹持ちが良く摂取カロリーを抑えることが出来るからです。

犬のダイエットについては、

犬のダイエットは計画的に!食事や運動などの方法色々

こちらもご参照下さい。

スポンサーリンク

キャベツを与える際の注意点

fox-terrier-163962_640

甲状腺の持病がある

キャベツにはゴイトリンという成分が多く含まれています。

この成分はヨウ素の吸収を阻害してしまう働きがあり、これによりヨウ素不足だけでなく甲状腺ホルモン不足が起こってしまいます。

その為、これを補う為に甲状腺を刺激するホルモンが分泌され、甲状腺肥大甲状腺腫を引き起こしてしまう可能性があると言われています。

しかし、適量を与えている場合にはその心配はいりません

相当量(一説にはキャベツ10玉分程)を食べ過ぎない限り、影響は無いとされています。

ですが、元々甲状腺に持病のある犬には注意が必要となります。

これらの持病がある犬にキャベツを与える際には、獣医さんなどに相談されてみるのが良いかと思います。

結石

キャベツにはシュウ酸という、物質が多く含まれています。

このシュウ酸は結石の原因になると言われており、元々結石の持病を持つ犬にキャベツを与えることは良くないとされています。

また、キャベツを食べ過ぎることも尿路結石の原因になってしまうと言われていますので、注意が必要です。

シュウ酸は水に溶け易いと言われていますので、キャベツを茹でて与えることで発症の確立を抑えることが出来ます。

また、キャベツの外側の葉より内側の葉の方がシュウ酸が含まれる量が少ないとも言われていますので、なるべく内側の葉を与えることが望ましいとされています。

その他に、十分な水分を一緒に与えることも有効だと言われています。

大量に与えない

犬は元々野菜の消化吸収が苦手ですので、キャベツを大量に摂取してしまうと何かしらの問題が引き起こされる場合があります。

食物繊維を大量に摂り過ぎてしまうことで便秘下痢になってしまったり、胃酸過多になり嘔吐してしまうこともあります。

また、腸内細菌の働きにより発酵されたガスが腸に溜まってしまう場合もあります。

これらは特に胃腸が弱っている時などに起こり易いとされていますが、消化吸収能力には個体差があります。

少しの量を与えただけでも便秘下痢嘔吐をしてしまう場合もありますし、多めに食べても平気な犬もいます。

犬によって適量が異なりますので、キャベツを与える際は犬の体調食後の様子などに注意してみて下さい。

生が合わない場合もある

キャベツを生のまま与えることも、基本的に問題はありません

ですが、生のまま与えた場合には『大量に与えない』の項でもお伝えした様な、便秘下痢嘔吐などの症状が出易くなってしまいます。

これは生のままのキャベツが消化吸収し辛い為です。

しかし、犬は食感的に生のままのキャベツを好む傾向が強いと言われていますし、熱を加えることで壊れてしまう栄養素もあります。

その為、生のままで与えたいという場合には、消化し易い様に細かく刻んだり、与える量に注意することが必要となります。

キャベツの芯

基本的には、キャベツの芯を与えることも問題は無いとされています。

しかしキャベツの芯には硫酸イオンが含まれており、胃酸の分泌が少ない際には中毒症状を起こすとも言われていることから、与えないことが望ましいとされているケースもあります。

体や胃腸が弱い犬老犬などには控えた方が良いかもしれませんが、何の問題も無くキャベツの芯を食べ続けているという犬も多く見受けられます。

こちらも個体差がありますが、多くの場合は大量に与えなければ大きな問題は無いともされています。

スポンサーリンク

キャベツの与え方

dog-945241_960_720

キャベツはその調理方法が豊富であり、手軽であることも魅力のひとつだと言われています。

茹でたり焼いたり蒸したりレンジでの加熱生のままでも与えることが出来ます。

基本的には食物繊維の消化吸収を助ける為に、加熱し軟らかくしてから与えることが望ましいとされています。

また、犬が余り噛まずに大きいまま飲み込んでしまい消化され辛くならない様に、小さく切っておくことも効果的だと言われています。

与え方としては大量に与えることは望ましくない為、いつものドッグフードにトッピングとして乗せる程度から始めて、愛犬の適量を探してみて下さい。

ダイエット中の食事量のかさ増し水分不足を補う為に与える場合にも、いきなり多めに与えるのではなく、少しずつキャベツの割合を増やして様子を見るなど与える量には十分注意して下さい。

色々試してみて、愛犬に合った調理法や量を探してみるのが良いかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

dog-974084_960_720

今回は、ワンちゃんにキャベツを与える際の良い点注意点キャベツの与え方などをお伝えしました。

栄養満点のキャベツをワンちゃんに与えることは良いことだということが分かりましたね。

キャベツは調理法が簡単ですし、飼い主さんの食事の準備の片手間に用意することも可能でしたので、手軽に取り入れることが出来そうだと思いました。

その際には与える量に注意することが重要ですが、普段の食事のトッピングでも十分にワンちゃんの健康に役立ってくれそうでしたので、試してみてはいかがでしょうか?

関連記事として

犬の便秘ってどの位大丈夫なの?原因と対処法、便秘予防まで

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加