犬にできものが!色や大きさ、症状別に推測出来ることと治療やケア

犬に人間でいうニキビの様なできものが、体に出来ているのを発見したことはありませんか?

だったり、背中だったり、お腹だったり、だったり、大きさも様々で、しこりと言える様なものではなく皮膚の突起みたいなものでも、何かの病気だったらどうしよう?と心配になってしまいますよね。

今回は犬のできものの色や大きさできものの状態などの症状から推測出来ることできものの治療法やケア法をお伝えします。

スポンサーリンク

犬のできもの

samoyed-76183_640

犬は比較的できものが出来やすい動物で、その比率は人間の34倍だとも言われているそうです。
更に、年齢を重ねる程できものが出来易くなるとも言われています。

できものの形状もかさぶたの様なものや、小さなブツブツしたものがカリフラワーの様に集まってひとつのできものになっているもの、ニキビの様なものなど様々で、硬さ大きさなども多種多様にあります。

その為、その見た目だけでは病気などの判断が難しいと言われています。

できものというよりしこりと言える様なものになってしまうと、良性か悪性かの判断検査などをしてみないと分かりません。

また、良性のものがほとんどであると言われているウイルス感染になどによるできものでも、治療や切除などが必要になるケースもあります。

犬によってはできものの大小に関係無く気になってしまい、できものを舐め続けてしまったり、噛み壊してしまう場合も有り得ます。

今回は主に皮膚病としてのできものを中心にお伝えしますので、何かしらの皮膚病からのできものではなくしこりや腫瘍であることが疑われる場合には、早目の受診をおすすめします。

こちらも合わせてお読み下さい。

愛犬家に絶対読んでほしい!犬の健康を守る14個の老化チェック

現役トリマーが肛門腺絞りの必要性、やり方、コツ、注意点、頻度、料金等を徹底解説します!

犬の病気の中で最も多い皮膚病!代表的な3つの原因と症状のまとめ

スポンサーリンク

できものの色

australian-terrier-76296_640

白・ピンク・赤

パピローマウイルスに感染してしまい、できものが出来ている可能性があります。

免疫力が下がっている場合や皮膚の水分量が低下している場合などに、すでに感染している犬からうつってしまうことが多いと言われています。

直接の接触がなくとも唾液やおしっこなどからも感染してしまう為、お散歩の際やドッグランなどで知らない内に感染していたという場合も多いようです。

腫れて赤くなってしまっている場合でも、通常は数週間~数ヶ月で自然に取れてしまい、悪性のできものでは無い場合がほとんどです。

黒・赤黒い

黒や赤黒いできものが出来ている場合は、その大きさや状態などに関係無く悪性の腫瘍の可能性が高くなりますので、早目の受診をおすすめします。

早期発見早期治療により犬の体や命に大きな危険が及ばなくなることもありますので、出来るだけ早く適切な診断と治療を受けることが重要になります。

ほくろマダニだったというケースも有り得ますが、マダニの場合も適切な処置をして取り除かないとマダニの顎だけが皮膚に刺さったままになってしまいますので、受診が必要となります。

スポンサーリンク

できものの大きさ

puppy-1056124_960_720

小さなもの

直径が1センチ未満で、色がピンク赤色のできものはパピローマウイルスに感染している可能性が高いです。

一時的なものである場合が多い為、ぽろっと自然に取れてしまう場合が多く悪性腫瘍などである可能性は極めて低いものになります。

※できものの色の項もご参照下さい。

段々大きくなるもの

段々大きくなってくるできものは悪性のものである可能性がありますので、早目の受診をおすすめします。

特に、急激に大きくなる場合や硬くなってくる場合は注意が必要です。

数か月単位や年単位など緩やかに大きくなっている場合にも、1センチを超えた際には念の為に1度受診されてみることをおすすめします。

また、1度良性と診断された場合でもどんどん大きくなってくる場合は、再診セカンドオピニオンを受けてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

できものの症状

animal-664780_640

炎症している

できものに炎症が伴っている場合には、できものに膿が溜まっているケースが考えられます。
また、痛みや腫れを伴っている場合も多いようですので、早目の受診をおすすめします。

他には、何かが刺さったり、何かに咬まれてしまったり、注射をした箇所などが炎症を起こしできものになってしまっているケースも考えられます。

できものが気になって犬が引っ掻いていたり、噛んでしまって炎症を起こしている場合もありますので注意が必要です。

膿や血が出ている

毛穴の中に角質や脂質、汗や唾液などの分泌物老廃物脂肪などが溜まってしまっている、表皮膿腫という皮膚病の可能性が考えられますので、早目の受診をおすすめします。

悪性のできものではなく人間でいう大きなニキビの様なもので、自然に破裂しできものの中の脂肪や膿などが出てくることから、出血などを伴うケースも多いようです。

できものの中身が出てしまったり、中身を抜く処置をしてもらっても、できものが出来た箇所は空洞になってしまいます。

その為、しばらくするとまた老廃物や脂肪が溜まってしまい再発し易やすかったり、出来易い体質の犬もいる様ですが、ある程度大きくなると簡単に潰れ自然と消えていきます。

他に膿や血が出てしまうケースは、何かしらのできものが気になった犬が引っ掻いたり、噛み潰してしまったケースも考えられます。

血が出る程引っ掻いてしまったり、噛んでしまうと傷口が化膿してしまいますので、体の何処かを気にしている仕草や行動が見られたら注意して下さい。

痒みや痛みがある

どんな色や大きさのできものでも痒みを伴っていたり、触ると痛がる様な場合には早目の受診をおすすめします。

痒みにより犬が引っ掻いてしまったり、噛み潰してしまったりしますと、その傷口から他の病気などの感染に繋がってしまったり、できもの周辺まで何らかの皮膚病などにかかってしまう恐れがあります。

痛みを伴う場合は、皮膚下で膿やできもの自体が神経を刺激する程大きくなっている可能性もあります。

ニキビの様な状態

人間の思春期のニキビの様に、膿が伺えるできものが沢山出来て広がり痒みが伴っている場合には膿皮症という皮膚病の可能性が高くなります。

病気が進行していくと、痛み脱毛かさぶたなどの症状も現れ、皮膚が黒ずんできます。

また、悪化すると発熱してしまったり、元気や食欲の低下が見られる場合もあり、治療が長引いてしまうケースも多く見られます。

病院での適切な処置が必要となりますので、早目の受診をおすすめします。

膿皮症は通常皮膚が持っている皮膚バリアと言われる細菌の侵入を防ぐ機能の低下により、皮膚がブドウ球菌などの細菌に感染することで引き起こされます。

その原因は不衛生な環境免疫力低下皮膚の水分不足などと言われており、擦り傷や噛み傷などから感染するとされています。

また、シャンプーのし過ぎ皮膚に合わないシャンプーの使用も、発症の原因に成り得ると言われています。

皮膚の下の出来ている

皮膚が盛り上がり突起してできものになっているというより、明らかに皮膚の下に何かしこりの様なものが出来ている場合は脂肪種である可能性があります。

脂肪種は脂肪細胞が増殖し腫瘍化したもので、良性である場合が多くゆっくり大きくなっていき、全身の何処にでも出来る可能性があるものです。

このしこりを摘まんでみた際に前後左右に軽く自由に動く場合には良性である可能性が高く、皮膚に癒着している様に重く動き辛い場合には悪性の疑いが出てきます。

悪性の疑いがある場合や急激に大きくなる場合、痛みが伴うなど他の症状を伴う場合には、早目に受診し検査などを受けてみることをおすすめします。

また、乳腺上にしこりの様なものある場合も乳腺腫瘍の疑いがあり、見た目や手触りなどでは判断が付き兼ねるケースがほとんどですので、その大きさなどに関わらず早目の受診をおすすめします。

スポンサーリンク

できものの治療やケア

standard-poodle-163963_640

病院での治療

病院でのできものの治療は、軽度であれば原因となる皮膚病に合わせた抗生物質などの投薬塗り薬によるものが多くなるようです。

犬が気になり引っ掻いてしまったり、噛んでしまう場合はエリザベスカラーなどを使用し、患部に触れさせないようにします。

また、自然と取れてしまうものであったり、良性の脂肪種と診断された場合は経過観察などになる場合もあります。

できものが大きくなってしまい生活に支障が出る場合や、悪性であったりする場合には切除手術などが行われます。

麻酔を使った外科手術が行われるケースの他に、病院の設備などによってはレーザーで焼き切る治療法や炭酸ガスレーザーというものが使用される場合もあるようです。

皮膚病の治療は長引くケースが多く、できものが出来易い体質の犬のできものがなるべく出来ない様にする治療や、できものを小さくする治療なども長期に渡るケアが必要になります。

自宅で出来るケア

放っておいても自然治癒する程度のできものだった場合、ヒマシ油ビタミンEできものの治りを助けると言われています。

ヒマシ油はとうごまの種子が主成分になっており、鎮痛効果炎症を防ぐと言われているレシノール酸が含まれていて抗菌作用もあり、ヒマシ油を塗ることでできものが軟らかくなり小さくなってきたという飼い主さんを多く見受けます。

また、犬が舐めてしまっても体に害は無い為、気軽に使用出来るというのも評判が高い理由の1つです。

1日2・3回できものに塗る程度でも徐々に効果が見られるということですので、試してみるのも良いかもしれません。

他には、免疫力が上がることで自然治癒力を高められますので、ビタミンEなどのサプリメントなども効果があるようです。

飲み水やいつもの食事に混ぜるだけで手軽に試してみることが出来ますので、できものが出来易い体質の犬に取り入れてみるのも良さそうですね。

また、ビタミンEは日光にも含まれているそうですので、お散歩日向ぼっこなどを積極的にしてみるのも効果があるかもしれません。

ビタミンEが含まれる食材のこちらの記事もご参照下さい。

ブロッコリーを犬に与えて良いの?芯は?スプラウトは?良い点と注意点

犬がアーモンドを食べた!アーモンドプードル・ミルク・オイルは大丈夫?

犬がぶどうに似たブルーベリーを食べるのは大丈夫?白内障や視覚機能への効果は?

栄養満点のトマト!犬に食べさせても大丈夫?注意点をしっかり守ろう!

スポンサーリンク

まとめ

white-70661_640

今回はワンちゃんのできものの色や大きさできものの状態などの症状などから推測出来ることと治療法やケア法をお伝えしました。

色や大きさ・症状によって放っておいても良さそうなものや、治療が必要な皮膚病悪性の疑いがあるものが推測出来るということが分かりました。

黒いできものなんて見るからに何か悪いものの様な感じがしますし、膿や血が出ていたら皮膚に何かが起こっているんだと分かりますが、白くても赤くても小さなものであれば自然に取れてしまい、大きな心配はいらないものだということも分かりました。

しかしもし皮膚病や悪性のものだったら…と考えると、やはり早期発見早期治療が大切になります。

全身を毛で覆われているワンちゃんの体から、小さな内にできものを発見するのは大変な作業になると思われますので、毎日のスキンシップの中でワンちゃんの体を触り、何処かに異常が無いかを確認することを習慣にしておきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加