犬がぶどうに似たブルーベリーを食べるのは大丈夫?白内障や視覚機能への効果は?

犬にぶどうを与えるのは良くないというのは知っているけど、ブルーベリーはどうなんだろう?と気になったことはありませんか?

見た目などはぶどうに似ているけど、ブルーベリーと言うくらいだからベリー類なのかな?とも思いますが、詳しいことはよく分からないですよね。

人間では目に良い・視力回復効果があると言われているブルーベリー、犬に与えて良いものだとしたら積極的に取り入れたいという飼い主さんは多いと思います。

今回は、ブルーベリーの良い点・注意点ブルーベリーの与え方などをお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ブルーベリーの良い点

dog-1173509_960_720

ブルーベリーの栄養素

ブルーベリーはツツジ科の果実になります。

近年犬に与えることは良くないと言われているぶどうはぶどう科になりますので、別の種類の果実です。

この様なことからもお分かりの様に、犬にブルーベリーを与えることは基本的に問題ありません

ぶどうの様な中毒症状が出ることないと言われていますので安心して下さい。

ブルーベリーの主な成分は炭水化物です。

また、体内の活性酸素を減少させ老化を防止する抗酸化作用があるβカロテンビタミンEビタミンCを含んでいます。

その他には、アントシアニン食物繊維なども豊富に含まれており、ポリフェノール(エラグ酸)カリウムなどのミネラル類も含まれています。

ポリフェノールのエラグ酸は、抗がん作用老化防止として知られている成分です。

関連記事として、

犬とぶどうの組合せに要注意!あまり知られていないNG食の理由について

こちらもご参照下さい。

ブルーベリーの代表的な栄養素はこちらになります。

アントシアニン

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種で青紫色の天然色素のことを言います。

眼精疲労視力回復視力低下の防止や向上など、視覚機能の改善に良いとされている栄養素です。

また、抗酸化作用が非常に強く免疫力の向上や老化防止などの効果もあり、花粉症メタボリックシンドロームの予防にも良いと言われています。

その他には、抗炎症作用毛細血管の保護や強化、血液をサラサラにするなどの循環機能の改善にも役立ちます。

ビタミンE

活性酸素により老化を防止してくれる抗酸化作用の働きがあります。

特に脂質の酸化を防いでくれる成分です。

また、毛細血管の血行促進の効果もあり貧血動脈硬化高血圧を防いだり、抵抗力を高める栄養素でもあります。

食物繊維

食物繊維は胃腸のバランスを整えてくれます。

腸内のお掃除をしてくれる効果もありますので、便秘の改善に繋がります。

更にブルーベリーは約86%が水分であると言われていますので、便秘改善の効果が高い食材と言えます。

その他には、消化に時間が掛かる為、腹持ちが良いとも言われています。

白内障や緑内障の予防

ブルーベリーは、眼精疲労視力回復視力低下の防止など視覚機能の改善に良いとされているアントシアニンを多く含んでいます。

しかし、犬の目にも人間と同様の効果が得られるかどうかということに関しては、ハッキリとした見解がなされていません

犬の視力回復は余り期待出来ないとされている場合が多いのですが、それでも眼精疲労視力低下の防止には適している食材です。

また、ブルーベリーには体や目の老化を防ぐ強い抗酸化作用もあります。

その為、白内障や緑内障の予防や進行などを遅らせる為に、犬が若い頃から与えるのが望ましいと言われています。

関連記事として、

犬の目の病気?目やにや充血、白濁から分かる症状と治療法

こちらもご参照下さい。

スポンサーリンク

ブルーベリーを与える際の注意点

holi-colour-672711_960_720

大量に与えない

犬は元々野菜や果物などの消化吸収が苦手ですので、ブルーベリーを大量に摂取してしまうと何かしらの問題が引き起こされる可能性があります。

ブルーベリーは食物繊維が豊富ですので、大量に摂り過ぎてしまうことで下痢便秘になってしまったり、胃酸過多になり嘔吐してしまうこともあります。

また、腸内細菌の働きにより発酵されたガスが腸に溜まってしまう場合もあります。

これらは特に胃腸が弱っている時などに起こり易いとされていますが、消化吸収能力には個体差があります。

少しの量を与えただけでも便秘下痢嘔吐をしてしまう場合もありますし、多くの量を食べても平気な犬もいます。

犬によって適量が異なりますので、ブルーベリーを与える際は犬の体調食後の様子ウンチの状態などに注意してみて下さい。

また、ブルーベリーはカロリーが高いとされていますので、大量摂取による肥満にも注意が必要です。

ジャムなどの人間用加工品

ブルーベリージャムやブルーベリーヨーグルトなど、人間用の加工品は犬に与えないようにして下さい。

それらの加工品はお砂糖が使用されていますので、犬には良くありません。

また、人間用のブルーベリーサプリメントなども同様に、人間用の成分配合がされており、犬には良くない成分が入っている可能性もあります。

分量などの問題もありませので、サプリメントを与えたい場合には必ず犬用の物を選ぶようにして下さい。

スポンサーリンク

ブルーベリーの与え方

shiba-inu-262847_960_720

ブルーベリーを皮ごと与えてしまっても問題ありません。

ただ皮は栄養が豊富ではありますが、消化が良くない部分になります。

その為、犬が余り噛まずに丸のまま飲み込んでしまわない様に、すり潰したり小さく切るなど、消化吸収を助ける工夫をした方が良いと言われています。

ブルーベリーの表面に付いている白い粉の様なものですが、これはそのまま食べてしまっても問題ありません

この白い粉はブルームと呼ばれている、ブルーベリーの実の鮮度を保ち病気から守る成分です。

ブルームにも抗酸化作用があると言われており、犬の体に悪影響を及ぼすものではありませんので心配はいりません。

ブルーベリーの与え方としては、おやつとして与えるのも良いですし、その甘みによる食い付きの良さを利用して、食の細い犬療養食を嫌がる犬などのトッピングなどに使用出来ると思います。

スキンシップしつけの際に使用するのも良さそうですね。

与える量としては、一般的に果物は1日の食事量の10%未満以内で与えることが望ましいとされていますから、目安としては1日10粒程度になります。

ブルーベリーの大きさによっても異なりますが、参考にしてみて下さい。

その他、個体差により適量が異なる点もありますので、いきなり1日10粒程度を与えるのではなく1日2~3粒程度から始めるなどして、愛犬の適量を探してみて下さい。

手作りおやつ

ブルーベリーパウダードライブルーベリーなどを使用して、クッキーやマフィンなどの手作りおやつを作ってみるのも良いと思います。

無糖ブルーベリージャムソースを作っておくのも、後で色々なものに使用出来るので良さそうです。

勿論プレーンヨーグルトにこれらや、そのままのブルーベリーをトッピングして与えるおやつも良いと思います。

果物は飼い主さんのひと手間や工夫で様々なことに使用出来る食材ですので、アレンジ等色々試してみて下さい。

サプリメントやボーロ

近年では犬用のブルーベリーサプリメントや、ブルーベリーボーロに代表されるブルーベリーを使用したおやつがたくさん販売されています。

サプリメントの形状も粒タイプであったり、いつもの食事にふりかけるだけの粉末タイプ、飲み水などにも混ぜられる液体タイプなど種類も豊富です。

白内障や緑内障の防止の為にブルーベリーを摂取させたいという場合には、これらを使用することで手軽に取り入れることが出来ますので、試してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

eyes-782872_640

今回は、ブルーベリーの良い点・注意点ブルーベリーの与え方などをお伝えしました。

人間の目に良いとされるブルーベリーですが、人間への効果と同様のものが全てワンちゃんにも得られるわけではないというのは、非常に残念でした。

しかし、視力回復の効果は得られないかもしれなくとも、視力低下白内障・緑内障などの予防には良いとされていました。

ブルーベリーはそのまま与えるだけでなく、サプリメントボーロなどのおやつなどで手軽に摂取することが出来そうでしたので、ワンちゃんの目の健康の為に是非取り入れてみて下さい。

関連記事として、

犬の便秘ってどの位大丈夫なの?原因と対処法、便秘予防まで 

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

こちらも合わせてお読み下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加