現役トリマーが肛門腺絞りの必要性、絞り方、コツ、注意点、頻度、料金等を徹底解説します!

肛門嚢ってご存知でしょうか?
犬が興奮した時に「なんか臭いな」って思った方、いらっしゃると思います。
このニオイの元が肛門腺から出る分泌液です。

これをトリマーさんや獣医さんが絞ってくれるのが肛門腺絞りなのですが、
「わざわざやってもらう必要はない」と思われた方、
「今まで大丈夫だったからやらなくても…」と思った方はぜひご一読ください!
定期的に行うべき理由がきちんとございます。。

今回は現役トリマーが肛門腺絞りの必要性、絞り方、ポイントやコツ、頻度、料金等を詳しくご説明します!

スポンサーリンク

肛門腺絞りの必要性

草原の犬後ろ姿

肛門嚢とは?

お尻から強烈なニオイで外敵を撃退するスカンクはとても有名ですが、犬や猫にもこれが付いています。
スカンクの場合、目に入ると失明の危険もあるほど強烈ですが、そんな危険はないにしても犬の場合も結構な臭さです。

ニオイの感じ方ですが、鉄のような、もしくは鉄が錆びたようなニオイだったり、少し酸っぱいニオイだったりもします。

この肛門腺の分泌液の役割は便をスムーズに出す潤滑油になっている事と、犬同士でのご挨拶にお互いに肛門腺のニオイを嗅ぎあって名刺代わりになります。お尻を嗅ぎあってから仲良く遊び出すというのは、こういう理由があったからなんです。

分泌液について

肛門腺から出る分泌液は、本来自力で出せるものです。
しかしお尻の括約筋があまりなかったり、年齢で筋力が落ちてしまったりすると自力では排出出来なくなります。

その他、肛門腺の分泌液の質によっても溜まり具合は変わってきます。
出やすいのは水っぽい場合です。さらさらとして絞るとシャーッと出ます。次に粒が混じったタイプです。こ
れは出口に粒が詰まると自力では難しくなります。そして粘土質タイプがあります。この粘土質タイプが一番出しにくいです。

このいろいろな分泌液のタイプは、毎月絞っていると変化することがあるのがわかります。
粘土質だったのに、水っぽくなることもあります。逆に水っぽかったのに、粒々が混じるようになることもあります。
今までは出ていたのに、急にパンパンになった状態になっていることもあるのです。

ちなみに色は茶色が一般的ですが、黒っぽい茶色だったり、赤っぽい茶色だったり、たまに黄緑色だったりするコもいます。

肛門絞りをしないとどうなるのか

犬がお尻をしきりに舐める、お尻を地面に擦り付けて歩くようなしぐさをした時、「溜まったよ」の合図で一つの目安になります。
飼い主さんが気が付かなかったりして長い事放置してしまうと、お尻を擦り付けすぎて尻尾の毛が切れていたり、肛門の皮が剥けてしまっていたりすることもあります。
犬の合図を見逃さないようにしましょう。

もしそれに気が付かなかった場合、排出出来なくなった肛門腺の分泌液は肛門嚢の中にんどん溜まっていき、中では細菌が繁殖します。
そして出口を探して破裂を起こします。お尻の脇に穴が開いて出血してしまうのです。
穴の大きさによってはひと針ぐらい、縫わなくてはならなくなります。

スポンサーリンク

肛門腺の絞り方

肛門腺の場所ですが、肛門の八時と四時の方向に二つあります。まず尻尾を利き手じゃない手で持ちます。
この時に犬が座ったり伏せをした状態だと、のけ反るような姿勢になり腰や背中が痛めますので必ず立たせた状態で行いましょう。

尻尾を背中側に少し倒します。そうすると肛門が出てわかりやすくなります。
優しく親指と人差し指で肛門の両側を探ってみましょう。溜まっているとポコッと膨らんでいるのがわかります。
場所がわかったらその膨らみの下を挟むようにします。もしはっきりわからなかったら、八時と四時の場所の下側に指を当てます。
そのまま肛門に向かって上から手前に絞り上げます。

動物病院で絞ってもらう場合で、この絞り方の他に肛門に指を入れてかき出すように絞るやり方や、肛門腺があまりにも固い粘土状の場合は軟膏を肛門嚢に注入して出す方法もあります。

たまに肛門嚢が生まれつき奥まっている事があり、絞りにくい事があります。
それでもうまく絞れていれば良いのですが、溜まってしまっている時はこのようにして出すこともあるのです。

スポンサーリンク

ポイント(コツ)と注意点

見返りヨーキー

ポイント(コツ)は尻尾をしっかり立たせて背中側に軽く引っ張るイメージでやると肛門腺の場所がわかりやすいと思います。それと必ず立たせて行いましょう。

シャンプー時に行うと洗い流せて楽ですが、お風呂場などではない場合はティッシュペーパーで肛門を覆って、飛び散りを防いでから行うと良いです。
ただ慣れるまでは、直接触った方が場所がわかりやすいと思います。

この肛門腺、勢いよく吹き出した時に髪についてしまったり、洋服についてしまったりすることがあります。
それにあまり覗きこんでやっていると顔に飛んでしまうこともあるで注意しましょう。

もちろん手にもつきます。普通に洗っただけだとニオイが残ることがあります。
犬用のシャンプーは犬特有のニオイを研究して作られていますので、このニオイに対しても消臭効果が高いのです。
ですから、肛門腺が付いた手は犬用のシャンプーを使うとスッキリ落ちるのです。お試しになると良くわかると思います。

スポンサーリンク

頻度と料金

定期的なケアが必要な項目であることはおわかりいただけたと思います。
ではその頻度ですが、一か月に一度は絞ってあげられると良いと思います。
シャンプーとセットでお考えいただいていたら、忘れることもないでしょう。

やってみたけどうまく出来ない場合や、たくさん溜まっていると痛がってなかなかやらせないことがあります。
あまり長くいじられると犬も嫌がりますし、お尻を触られること自体が嫌になってしまったら、本末転倒です。
その場合はペットショップさんか動物病院さんにお願いする事にしましょう。

ペットショップでは¥500~やっていただけると思います。
動物病院さんですと初診料、もしくは再診料がプラスになるのでもう少しお高めになるかと思いますので、お電話で問い合わせられても良いと思います。

動物病院、ペットショップに頼む利点

肛門の辺りに出来る疾患は意外と多いものです。
腫瘍が出来ていたり、ヘルニアになっていたりすることもあります。
普段、飼い主さんが触られたりするのは便の後にふき取る事ぐらいで、なかなかしっかり見ることも少ない場所だと思います。

獣医さんにしてもトリマーさんにしても、その時に心配事などを相談される良い機会になりますし、定期的に触ってもらうことで病気の早期発見にも繋がる事があります。

筆者もつい最近、定期的に肛門腺を絞っていた犬の異変を見つけました。
動物病院の受診の結果、腫瘍だろうとの事でした。
高齢の犬ということもあって、また定期的に触って大きさの変化などを報告して様子を見ることになりました。

手術をしない決断をされた飼い主さんでしたが、犬との時間をもっと大事に過ごす事が出来る、と感謝していただくことが出来ました。

以下の記事も参照してください。

犬の腰痛は軽度からヘルニアまである!症状や原因、ケア方法と予防法

犬にできものが!色や大きさ、症状別に推測出来ることと治療やケア

スポンサーリンク

まとめ

白い子犬

最初はおっかなびっくりでやっていても、飼い主さんもだんだんと慣れてきます。
またわんちゃんによっては場所がわかりやすかったり、触っただけで出る出やすいコもいます。
まずはトライしてみましょう。

そして、もし出来なくても先ほど申し上げたように利点もたくさんあるのです。
トリミングやグルーミングでは必ず行っていますので、その場合はおまかせしちゃいましょう。

動物病院やショップに連れて行ったついでなので「わざわざ聞きにいくほどではないけど」という、ちょっとした相談も出来ちゃいますよ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です