これだけは押さえてほしい!犬のしつけで大切とされている5つのポイント!

dog-1861839__340

犬のしつけをするにあたって、実はいくつか大切なポイントがあるのをご存知でしょうか?犬を飼い始めるとすぐに「しつけの大切さ」に気が付くと思います。

子犬が家に来たその日からトイレトレーニングをはじめ、無駄吠えや甘噛み対策など、しつけの大切さについて痛感すると思います。

今回は犬をしつけるときにキーとなる「押さえておきたい5つのしつけ」や、まずはやっておきたい犬のしつけについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

犬のしつけの基本とは何?

dog-280332__340

しつけは、可愛い家族となる犬を迎えたその日から実は始まります。犬のしつけは、人間と犬が共存し、信頼関係を築いていくうえでとても大切なこととなってきます。『可愛いから・・・』と思って、ついつい甘やかしてしまうことが後々『トラブルわんこ』になってしまう・・ということになりかねませんので、犬のしつけは始めが肝心となってきます。

犬のしつけの基本は、人間の子育てととても似ており、悪いことをしたときは、ちゃんと叱り、頑張ったことや、言うことをきちんと聞けたときは思いっきり褒めてあげることとなってきます。また、飼い主ときちんとした主従関係を築くためにもこの基本はしっかりと守るべき事項となってきます。

スポンサーリンク

日常生活の中で必要になってくるしつけ

dog-705820__340

犬はとても利口な動物ですので訓練すればするほど色々なことを覚え、飼い主との信頼関係も強くなってくる動物です。あなたの家族となる愛犬が来たその日から始めなくてはいけないしつけもありますので、日常生活の中で最低限必要となってくる犬のしつけについて順を追ってお話ししていきましょう。

トイレトレーニング

まず、愛犬を家族に迎えたその日から始まるのはトイレトレーニングでしょう。トイレトレーニングがしっかりとできていると、飼い主の指示でトイレができるようになるまでになります。トイレトレーニングをしっかりとしておくと、決まった場所でしかトイレをしませんので、ソファーの上、お布団の上、カーペットの上、廊下などあらゆるところで粗相をしなくなり、生活の場を汚すことがなくなります。では、早速どのようにトイレトレーニングをしていったらよいか説明していきましょう。

用意するもの:大き目のケージやサークル、トイレシーツ

犬は基本的に決まった時間でトイレに行きます。朝起きた後や食事をした後などです。そのタイミングを見てトイレトレーニングをしていきます。

大き目のケージかサークルにトイレシーツを沢山敷き詰め、愛犬がトイレに行きたそうなそぶりをしたら、トイレへ導きます。そしておしっこやうんちを始めたら「ワン・ツー、ワン・ツー」と声をかけ続けてあげます。ちゃんとトイレシーツの上でできたら「上手に出来たね!」と大げさに褒めてあげるのを繰り返し行います。

たとえ失敗してしまったとしても、怒らずに、そのときは、何も言わずに粗相をした部分をさっと片づけます。そしてトイレシーツの範囲をまた広くします。成功したらトイレシーツの範囲を狭くし、失敗したら広くするをくりかえします。決して失敗したときにおこってはいけません。これはトイレトレーニングを成功させるための大切なポイントとなります。

最終的には、目的の大きさのトイレトレーの広さでトイレができるようになるまで根気よく何度も繰り返し躾をしていきます。次第に「ワンツー・ワンツー」の掛け声でだけでトイレに行き、失敗なくトイレができるようになってきます。

スポンサーリンク

無駄吠え対策

patterdaleterrier-1794324__340

愛犬が来た日に、「無駄吠え」に直面して頭を抱えてしまう・・・・という飼い主さんもいることでしょう。犬を飼ううえで無駄吠えについての対策もとても重要なしつけの1つとなってきます。犬が吠える理由は様々ですが、基本的には「要求吠え」か「威嚇吠え」のどちらかに当てはまってくると思います。

子犬のころは要求吠えが多いかと思われますが、どちらにしても、大切なことは、犬がなにを求めているかを飼い主側が即座に理解することです。早いうちから無駄吠え対策に取り掛かることで近所迷惑になるなどトラブルを避けることが容易になってくることでしょう。

『○○ちゃん、どうしたの~?』などかまったり、むやみにきつく怒ったりすると無駄吠えは治りません。無駄吠えを直させるにはいくつかの方法があります。

①徹底的に無視をする:犬が吠えるのをやめるまで目を合わせず、徹底的に無視をする。吠えるのをやめたらほめる。

②天罰:無駄吠えを始めたら、嫌なことが起きると犬にインプットさせます。方法としては、ふたがきちんとしまる空き缶を2-3個用意し、袋の中にいれ、吠えたら犬に当たらないように投げる。もしくは、ふたの閉まる空き缶の中にチェーンをいれ、吠えたらおもいっきりそれを振って音で驚かす。

③無駄吠えを防止するグッズ:様々なタイプのものが売られていますが、首輪タイプのものは、無駄吠えをすると首輪からシュッと犬が嫌う香りがでるものなど販売されているので効果的にそれらを使う。

④コマンド:伏せ、待て、座れ、などコマンドをだして、吠えるのを止めさせ、ちゃんとできた時は思いっきり褒める

①~④の中から1つ決めて、徹底的に取り組んでみましょう。決して怒ってはいけません。

こちらの記事も参照してください。

犬が吠える原因は?無駄吠えの理由と対処法

スポンサーリンク

リーダーウォーク(散歩)

dachshund-672780__340

犬のしつけの中でもリーダーウォークはあらゆる場面で大切となってきます。まずはリーダーウォークについて簡単に説明をしますと、リーダーウォークとは、お散歩の時に飼い主の前に出ずにしっかりと横について飼い主の指示に従いながら歩くことを言います。飼い主の指示に従って歩くことができるという事は、飼い主に服従している証拠となります。

やり方は簡単です。お散歩をする時に愛犬を自分の左隣に来るようにします。そして『つけ』または『ヒール』というコマンドで歩き始めます。愛犬が飼い主の前に出ようとしたら、くるりと反対側を向き、犬が前を歩かないように歩き続けます。時々犬と目を合わし、犬が目を合わせたら「いい子ね」と軽く褒めたり、少しだけおやつをあげたりします。(歩きながらです)それを繰る返していくと、犬は、「歩くときは左について、飼い主より前に出てはいけない」と理解しますし、お散歩で、ぐいぐい引っ張ってゆうことを聞かないということはなくなってきます。

スポンサーリンク

座れ

dog-2655472__340

「座れ」のコマンドは犬を落ち着かせたり、突発的な危険な行動を抑制するのに大切なものとなってきます。「座れ」ができるようになれば、お散歩時の犬通しのトラブルや急に道路に飛び出してしまうなど怪我や事故を防ぐ効果もありますので、日常生活の中で覚えておくべきしつけの1つとなってきます。

訓練方法:愛犬に「座れ」と一言言って、おやつをいぬの鼻先から徐々に上方へ上げて行きます。自然と座る体制になり、お尻を地面につけ座ります。座れたら「いい子ね」言っておやつを与えます。しばらく繰り返し練習すると「座れ」のコマンドで自然と落ち着いて座るようになります。地面にお尻を付けて飼い主さんの目を見るといいことがある・・ということを徹底的に理解させることで「座れ」のコマンドができるようになります。

スポンサーリンク

待て

bernese-mountain-dog-216113__340

「待て」のコマンドは、座れと連動させて覚えさせたいコマンドです。突発的な行動を制止するには「マテ」を覚えさせるとよいです。待てのコマンドは不安からの無駄吠えをする犬を落ち着かせるにも役に立ちます。

訓練方法:愛犬に「座れ」と指示をし、愛犬が座ったら『マテ』とそのまま指示をします。そして犬から一歩だけ離れてみます。犬が動かなかったら「いいこ」と言って軽く撫で、おやつをあげましょう。

そしてまた、愛犬に「座れ」のコマンドを入れ、「マテ」と指示。そして今度は2歩犬から離れてみて、動かなければ軽く撫でてほめ、おやつをあげる・・という繰り返し。徐々にはなれる距離を伸ばしていきます。じっとしていたら飼い主さんは必ず戻ってきて褒めてくれることを学習させていきます。犬が動いてしまったとしても絶対に怒らないことがポイントです。

スポンサーリンク

まとめ

girl-1160441__340

今回は「犬のしつけで大切とされている5つのこと」として、覚えておきたい犬のしつけについて書かせていただきましたがいかがだったでしょうか。犬と飼い主が信頼関係をしっかりと結ぶことは犬との共同生活をしていくうえでとても大切なこととなってきます。そしてトラブルなく共同生活を送るためにはしつけはとても大切です。今回は日常生活の中で最低限覚えておくといいしつけについて書かせていただきました。犬と楽しく暮らすためのヒントとして読んでいただけたら幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です