バレンタイン間近の愛犬トラブル!犬のチョコレート誤食には要注意!

この時期になると犬のチョコレートの誤食によって動物病院を受診する犬が増えるといったデータがあるそうです。獣医さんでも電話での問い合わせが多くなり、自宅での様子見と来院による催吐処置の判断をされるとか。

バレンタインも近づくと、たまたま机の上に少しの時間だけ置いておいたチョコレートを知らないにうちに愛犬が食べてしまった!というトラブルが増えてくるのが原因の一つだそうです。

犬にチョコレートを食べさせてはいけないということは皆さんも一度は耳にしたことがあるかと思いますが、何故チョコレートを食べさせてはいけないのか?その原因は何なのか?もし、誤食してしまったらどうすればいいのか?etc
疑問点、気になることがたくさんあるかと思います。

より快適なペットライフを愛犬とおくれるように、チョコレートと犬の関係を理解していきましょう!

スポンサーリンク

チョコレートを食べさせていけない理由

puppy-1082141__180

チョコレート中毒とは

犬は人間と異なり、チョコレートに含まれるテオブロミンの分解能力が低く、代謝速度が遅いため、大量に摂取すると中毒症状が発生します。

チョコレート中毒を引き起こす成分はテオブロミンというカカオに含まれている苦味成分です。板チョコやチョコレートパウダーやシロップ、ココア、コーラ、お茶などに含まれております。特に、チョコレートやカカオ豆には含有率が高いです。
テオブロミンは大脳興奮や呼吸興奮といった症状を引き起こします。この症状を総じてチョコレート中毒と呼んでいます。

中毒症状

代表的な症状は以下のものがあります。

●嘔吐

●下痢

●血色素尿(血尿)

●血便

●震え

●痙攣

●興奮

●不整脈

●発熱

●呼吸が荒くなる

愛犬が誤ってチョコレートを誤食した際に、上記の症状が見受けられた場合は、
直ちに受診されることをおすすめします。

中毒量と致死量

個体差はあれども中毒症状が表れる目安としては、体重1kgあたり、テオブロミン50mg〜100mg
致死量の目安としては、体重1kgあたり、テオブロミン250mg〜500mgを摂取した場合は、50%の確率で死亡してしまうというデータがあります。

一般的に100gあたりに含まれているテオブロミンは各種チョコレートによって異なります。
以下を参考にしてみてください。

ホワイトチョコレート  3.7mg
ミルクチョコレート   155mg
ダークチョコレート   460mg~650mg
ベーキングチョコレート 1300mg~1600mg
ココアパウダー     500mg~2120mg

単純に愛犬の体重で計算して目安を認識いただければと思いますが、人間と同様に個体差がありますので、知らないところでつまみ食いなどしないように徹底することをおすすめします。

中毒症状が出てくる時間

チョコレートによる中毒の症状が起こるのは、6時間から12時間以内が一般的と言われています。中毒の症状を起すまでには少し時間がかかります。

というのも、チョコレートに含まれるテオブロミンを摂取してから17時間以上経ってやっと50%程度が代謝されるといわれています。
なので、チョコレートを誤食してしまってから24時間は中毒が起こる可能性があります。また、中毒症症状は3日程度続く場合もあります。

スポンサーリンク

チョコレートを食べてしまった場合の対処法

dogue-de-bordeaux-1047522__180

かかりつけの動物病院へ

大量に食べてしまった場合、基本的には早急に動物病院を受診することをおすすめします

中毒症状などに対してご自身で判断が付き兼ねる様でしたら、取り敢えず動物病院に電話で相談されてみるのも良いと思います。

夜間である場合は、夜間でも行なっている動物病院に連絡してみて相談することも有効的です。

吐かせる

誤食してからの素早い対処が重要であることから、一般的には吐かせることが有効であると言われています。

ただし、以下の方法は誤食してからすぐ(1時間以内)に行わなければ意味がない方法になり、若く健康な犬にのみ出来る応急処置になりますので、愛犬の様子を十分に見て実行するかの判断をしてください。

そして、緊急時に飼い主さんご自身が落ち着いて対処できるかどうかという問題もあります。やり方がよく分からない、吐かせるべきか悩んでしまう、という場合には一度動物病院に連絡し支持を仰いでみて下さい

また、無理矢理吐かせるということは犬の胃などを荒れさせてしまうなど、体への負担が伴いますのでその後のケアにも気を配ってあげて下さい。

食塩

体重4~5kgあたり小さじ1~7杯の食塩を舌の上に乗せ与え、自ら嘔吐する様に促します。

を与えただけで嘔吐する場合と、違和感から水をたくさん飲みそれにより嘔吐する場合とがある様です。

どちらのケースで吐かせた場合でも、吐かせた後は脱水症状に陥ったり、胃が荒れてしまわない様にたくさん水を飲ませてあげて下さい。

この方法は吐くまでに10分程掛かると言われており、塩を与えても吐かない場合もあります。

また、大量に与え過ぎてしまうと食塩中毒を起こしてしまう恐れもありますので注意して下さい。

オキシドールを薄めたオキシフル

小型犬で1回1~2ml大型犬で1回3~5mlを目安に、原液を2倍程度に薄めたオキシドールを飲ませその発砲作用により嘔吐させる方法です。

口の端からスポイトスプーンなどで与え、口が開かない様に押さえ上を向かせて飲み込ませて下さい。

こちらも吐くまでに10分程掛かるとされていますが、食塩より成功率は高いと言われています。

1回与えただけでは吐かなかった場合は、15分程様子を見てから再度繰り返してみて下さい。

しかし、オキシドールはかなり胃を痛めますので、無理はしない様にして下さい。

どちらの方法を行った場合でも、2・3回試してみて吐かせることが出来なかった場合には、早急に動物病院を受診されて下さい

また、無事に吐かせることが出来た場合でも、その後に何かしらの症状が引き起こされるケースも有り得ますので、その後の犬の体調などには十分注意してあげて下さい

スポンサーリンク

まとめ

dog-674605__180

今回はチョコレートについて学びました。人間とは異なり、テオブロミンの分解能力が低く、代謝速度が遅いため中毒になることが分かりました。
最悪の場合は死亡してしまう恐れもありますので、チョコレートは与えない方が良いということも分かりました。
万が一、誤食してしまった場合で獣医さんの受診以外の緊急処理は、限られた愛犬にしか対応できない処置ですので、実際にチョコレートを誤食してしまった時に落ち着いて対処できるかは難しいと思います。
飼い主様のみならず、ご家族の方や小さなお子様にもご協力いただいて、チョコレートの管理を徹底することをおすすめします。

関連記事として、

犬が震えてる!怖いの?寒いの?痛いの?考えられる犬の震えの原因

犬の下痢の原因はストレス?食べ過ぎ?症状から分かる病気や治療法

犬のウンチが緑?血便?色と形状で分かる原因や健康状態

犬が嘔吐する原因は?心配のいらないものから病気が疑われるものまで

犬が白や黄色の泡を吐いた!嘔吐物や色で分かることと対処法

こちらも合わせてお読みください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加