猫のワクチン接種の必要性について。時期、費用、種類、副作用まで一括まとめ!

猫は人間と同じように様々な病気にかかります。猫の状態や飼育環境によってかかる病気は異なりますが、中には命にかかわる怖い病気もあります。それらの病気に対する処置として、ワクチン接種が行われています。

どんなワクチンがあるのか。
ワクチン接種は必要なのか。

ワクチンに関する疑問を持っている方は多いと思います。そこで今回は、猫のワクチンについて詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

ワクチンとは?

syringe-1884758_640

ワクチンの目的は、病原性をなくした、あるいは弱めた病原体を動物の体内に入れることで抗体を作り、感染症にかかった時の症状を軽減させることです。抗体とは、体内に侵入した抗原(病原体)に反応し、体から追い出すための対抗物質をいいます。

 ワクチン接種は義務?

犬や猫のワクチンは色々な種類がありますが、現在義務化されているワクチンは犬の狂犬病予防接種のみで他の感染症に対するワクチンは任意になっています。

また、コアワクチンといって、全ての猫に接種すべきとされているワクチンと、感染のリスクに応じて接種するノンコアワクチンがあります。

猫のコアワクチンは、猫パルボウイルス、猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルスといった伝染力が強く、死亡率が高いウイルスが含まれています。それ以外がノンコアワクチンです。

どのワクチンをどのように接種すべきかは、それぞれの猫に合わせて獣医師と相談しながら行っていきます。

 ワクチンの種類

ワクチンには微生物を弱毒化した生ワクチンと、微生物を殺したり毒素の活性をなくしたりした不活化ワクチンがあります。

生ワクチンは発病させるほどの毒はありませんが、自然感染と同じように動物に免疫記憶を植え付けることができます。そのため多くの細胞性免疫と液性免疫の両方が誘導されます。

不活化ワクチンは化学物質により微生物をのタンパク質や核酸を変性させ、感染症を消失させたものです。動物の体に注入すると、免疫系が異物として認識し反応します。

感染症の特性によって、ワクチンを選択する必要があります

生ワクチン

内容:弱毒化した微生物

免疫の持続:長い

安全性:まれに病原性の復帰あり

不活化ワクチン

内容:不活化した微生物や毒素

免疫の持続:短い

安全性:注射後のアレルギー反応が起こりやすい。線維肉腫の発生の危険がある。

その他、生ワクチンと不活化ワクチンを混合したワクチンもあり、現在販売されているものは3種混合ワクチンです。アジュバント(免疫反応を増強する物質)を含まずに不活化することで安全性を高めています。この2つのワクチンを組み合わせたものが1番効果的だと推奨する獣医もいます。

※アジュバントについては下記の「ワクチン接種の危険性」で詳しく説明しています。

スポンサーリンク

室内飼いだから大丈夫?

cat-2092451_640

うちの猫は家の中で飼っているからワクチン接種は必要ない。と考える方も多いのではないでしょうか?しかし人が病原体を運んでしまう場合もありますし、うっかり外に逃げ出してしまった時に他の猫から移されてしまうなんてことも無いとは限りません。

猫の中にはキャリアといって、病原体を体内に保持しながら発症しない個体もいます。目に見えて症状が現れないので油断してしまいがちですが、感染力を持っているので、他の健康な猫に感染させてしまう恐れもあります。

多頭飼いをしている家はとくに注意が必要になるでしょう。そのため万が一の時に備えて、室内飼いであってもワクチン接種を受ける人が多いのです。

スポンサーリンク

子猫にワクチンは必要?

kitten-2482743_640

幼い猫は病気になるリスクが高いですが、母猫の母乳に含まれる抗体で守られています。これを「移行抗体」といいます。母猫が持つ抗体価が高いほど子猫に与えられる抗体の量も多くなります。

移行抗体は通常、8週齢〜12週齢の間だけ免疫力を与えます。そのため子猫の体内に母猫からもらった抗体が残っている間は、ワクチン接種をしても意味がありません。

子猫のワクチン接種時期は、母猫からの抗体が切れる生後1ヶ月から2ヶ月の間に行うのが普通です。

スポンサーリンク

 ワクチン接種の時期

kitten-2451804_640

感染症に対して免疫をつけ、さらに持続させるために、産まれてから定期的にワクチン接種を行います。一般的にワクチンプログラムと言われています。

1回目:生後1ヶ月から2ヶ月

2回目:2ヶ月から3ヶ月

3回目:3ヶ月から4ヶ月

その後は1年に1回のワクチン接種が薦められます。ワクチンプログラムは猫の状態や動物病院によって変わることがあるので、獣医師に相談して決めましょう。

スポンサーリンク

 ワクチンの対象疾患は?

virus-1812092_640

それではどんな病気に対してワクチン接種があるのでしょうか。現在猫に用いられているワクチンを下記にまとめました。

猫汎白血病減少症

病原体:猫パルボウイルス

猫パルボウイルスの感染によって起こります。感染力が非常に強く、数日の潜伏期間を経て急性の胃腸炎を起こし、下痢や嘔吐、脱水症状、食欲不振などが見られます。

子猫の場合は進行が早く死亡するケースも多いです。成猫では感染しても発症せず、発症しても軽度で済む場合があります。

パルボウイルスは何年も感染力を保持できるので、飼育環境を消毒し、清潔に保つ必要があります。

猫ウイルス性鼻気管炎

病原体:猫ヘルペスウイルス1型

猫カリシウイルスと混合感染することが多く、重症になることが多いです。接触感染や飛沫感染など感染力が高い病気です。

感染後3〜4日で元気消失、食欲不振、鼻水や咳、結膜炎、流涙、よだれなどの症状が見られるようになり、結膜炎が悪化すると潰瘍性角膜炎や眼球炎により失明のおそれもあります。

子猫の感染が最も多く、重篤になると衰弱死の可能性があります。

 猫カリシウイルス感染症

病原体:猫カリシウイルス

症状は発熱、くしゃみ、鼻水、口腔内潰瘍が主です。目や鼻からの分泌物や唾液にから感染したり、分泌物で汚染された環境によっても感染が見られます。

症状が回復した後もウイルスが体内に残り、キャリアとして数週間から1年以上続く場合があります。

 猫白血病ウイルス感染症

病原体:猫白血病ウイルス

感染猫の唾液に多くのウイルスが含まれているので、咬傷やグルーミングなどによって感染します。母子感染もあります。子猫から成猫に多く見られ、感染しても発症しないケースもあります。

感染後の症状は、発熱、リンパ節の腫れ、下痢、くしゃみ、鼻水などです。慢性期になると口内炎や歯肉炎、皮膚炎、体重の減少が見られるようになります。

 猫クラミジア症

病原体:クラミジア

感染後3〜10日後、目の炎症やくしゃみ、鼻水、咳、流涙など風邪に似た症状を引き起こします。また結膜炎を患い、症状が慢性化しやすいのが特徴です。接触感染や母子感染があり、子猫が感染した場合は数日で死亡する場合もあります。

スポンサーリンク

混合ワクチンって?

animals-2471943_640

ワクチン接種は、主に混合ワクチンとして接種する場合が多いです。

3種混合ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症1種類、猫汎白血球減少症

4種混合ワクチン

上記の3つに加えて、猫白血病ウイルス感染症

5種混合ワクチン

上記4つに加えて、クラミジア感染症

7種混合ワクチン

上記5つに加えて、猫カリシウイルス感染症3種類(猫カリシウイルスには多くの型があります)

1種類だけワクチンを選ぶこともできるの?

猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症など混合感染することが多いウイルスや、感染力が高いものに関しては混合ワクチンを推奨します。

しかし内容によって単体ワクチンを選べることもあります。例えば、猫白血病ウイルスは咬傷などの直接感染が原因になるので、他の猫と接触する可能性がある猫のみ接種するという考えがあります。

 ワクチンの費用

費用は動物病院によって取り扱っている内容や値段が異なります。かかりつけの病院に問い合わせしてみてください。

3種混合ワクチン3500〜6000

4種混合ワクチン 5000円〜8000円

5種混合ワクチン 5000円〜7000円

7種混合ワクチン 7500円から8000円

猫白血病ワクチン 2500〜4000円

スポンサーリンク

ワクチン接種の危険性

cat-2356021_640

ワクチン接種はさまざまな副作用を伴います。一般的な副作用は以下の通りです。

  • 接種部位に腫れや発赤
  • 元気消失、食欲減退
  • 嘔吐、下痢
  • 線維肉腫
  • アレルギー反応

線維肉腫とは

線維肉腫は数千から数万頭に1頭の確率で、接種部位に線維肉腫を発症することがあります。原因は不活化ワクチンに含まれるアジュバンドです。アジュバントはワクチンと一緒に投与することで効果を強める目的があります。

これまでワクチンを含む注射は猫の肩甲間で行われることが多く、その部位によく肉腫が発生していました。肉腫ができてしまった場合は手術で取り除くことになりますが、肩甲間にはほとんど筋肉がなく、深いところまで腫瘍ができるので、完全な摘出ができません。

それらのリスクを考慮した結果、アジュバントが添加されているものは使用しないと決めている方もいます。線維肉腫のリスクを減少させるために、ワクチンガイドライン・グループでは以下の方法を推奨しています。

  • できる限りアジュバント非添加ワクチンを投与する
  • ワクチンは肩甲骨に投与しない
  • 最も接種しやすい部位は胸部、腹部外側の皮膚である
  • ワクチンは毎回違う部位に接種する。 

最も接種しやすい部位については、万が一肉腫ができてしまった場合、摘出しやすいからだそうです。後肢への接種を推奨しているところもありますが、これも肉腫ができた際に断脚によって命を救うことを可能にするためです。

これらの情報を見ていると、不活化ワクチンは危険性が高いように感じますが、猫は注射によってその部位にしこりができやすい動物です。

そのため万が一しこりができた時に、治療のしやすい場所を選ぶのが良いでしょう。また、ワクチン接種後は接種部位が膨らんでいないかを確認してください。膨らみがずっと残るようであれば動物病院に連絡しましょう。

アレルギー反応

ワクチン接種によって、アレルギー反応が出ることがあります。接種後すぐに起こる即時型と、数時間経ってから起こる遅延型があります。

即時型の症状としては痙攣や呼吸困難です。こうしたアナフィラキシーショックは、ワクチン接種後から1時間以内に起こる場合が多いので、すぐ動物病院に問い合わせてください。

遅延型は顔面の腫れや、かゆみ、接種部位の発熱、嘔吐や下痢などが見られます。これらのアレルギー反応は不活化ワクチンを接種した場合に多く見られます。

ワクチン接種前、後の注意

ワクチン接種には少なからず副作用がみられますので、犬が体調不良の場合は別日に行うのが良いと思います。不安があるようなら獣医師に相談して決めてください。

接種後は激しい運動を避け、しばらく安静に過ごすよう心がけてください。副作用は軽度であれば数日で良くなります。

スポンサーリンク

まとめ

cat-1225758_640

ワクチン接種は義務ではありませんが、万が一の時に備えて行います。猫にとって危険な感染症から守るために最も効果的な方法ではありますが、副作用などの不安があるのも事実です。

大事なのはそれぞれの猫にあったワクチン接種を行うことだと思います。猫の環境や、年齢、状態にとって適正な選択をし、危険な病気から愛猫を守ってあげましょう。

こちらの記事も参照して下さい。

猫の寿命についてのエトセトラ!老化のサイン、病気、ケア等のまとめ!

猫の下痢には6つの原因があった!対処、改善策について。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です