見逃さないで!猫のストレスの症状とその対処法!

cat-1009284__340

最近は猫ブームで室内飼いの猫ちゃんが多くなってきました。そして猫は飼育しやすいという点から多頭で飼育されることも多くなりつつある今日、人間同様にストレスを感じている猫ちゃんが増えてきたという現実もあります。ストレスを感じることで病気になってしまったりする猫も少しずつですが増えてきているようですので、今回は猫のストレスについて様々な点より分析し、皆様にお話ししていこうと思います。

スポンサーリンク

本当に猫もストレスってたまるの?

cat-1708309__340

いつものんびり気ままな猫ちゃん。そんな猫はストレスなんてたまるものなのでしょうか?答えは『YES!』です。もちろん猫だってストレスを感じることもあります。ではどのような時に猫はストレスを感じているのでしょうか?また、猫はストレスが溜まると、どのような行動をして私たちに「今、ストレスが溜まってるんだけど・・」と伝えてくるのでしょう。

猫がストレスを感じる時

では猫がストレスを感じる時とはどのような時なのでしょうか?一番ストレスを感じることが多いのは【お留守番の時】や【お引越しの時】などといわれています。基本的に猫ちゃんは一匹でお留守番をさせられるとつまらない、退屈する、などの理由からストレスを感じることがあるようです。飼い主さんが家をどうしても離れなくてはいけない時などは強烈なストレスを感じてしまいますので、一人でお留守番させる時や、長期間家を開けなくてはいけない時はあらかじめ「今日はお出かけしないといけないからね」「少しおうちを開けるから、○○ちゃん、お泊りだよ」とかあらかじめ声をかけ、猫に伝えているという飼い主さんもいるようです。

お引越しに関してはかなりのストレスを感じてしまいます。今までの大切に築いてきた自分の縄張りが一瞬にしてなくなってしまうのですから、それは当たり前です。引っ越し作業の際は、見知らぬ人も出入りしますし、神経質な猫ちゃんはなかなか新居になれずにしばらくはびくびくしながら隠れて生活をする猫ちゃんもいるようです。

基本的に猫ちゃんがストレスを感じる時は『環境』に関する部分が多いです。たとえば、以下のようなことでも、猫ちゃんはストレスを感じてしまいます。

・今までは一匹でのんびり生活していたのに多頭飼いになってしまった

・餌が決まった時間に出てこない

・トイレが汚れている

・病気やけがをしている

・落ち着く場所がない

・知らない人が自分のテリトリー内を出入りする

・物音など大きい音がしてうるさい

・しつこいことをされる

などもかなりのストレスを感じてしまいますので、生活する環境を整え、規則正しく、そして猫ちゃんの嫌がる事をしないように十分に気を付けてあげてください。

こちらの記事も参照してください。

猫は一人でお留守番できる?留守番ができる日数や準備するもの、注意点紹介!

猫がストレスを感じているときのサイン

猫がストレスをあらゆる場面で感じることは理解できましたが、では猫がストレスを感じているときはどのようなサインを出すのでしょうか?猫のストレスサインを理解することで、猫ちゃんの「ストレスのもと」をいち早く取り除いてあげましょう。

・とにかくよく鳴くようなる(訴えている)

・毛づくろいなどを長時間するようになった(落ち着かせるため)

・食欲がなく、食事をとらない

・病気でもないのに下痢や便秘によくなる

・トイレ以外の場所で粗相をするようになる

・攻撃的になる

・急に臆病になって何かあることにビクビクするようになった

・オス猫に限りますが、去勢をしたにもかかわらず、スプレーをするようになってしまった

・猫の耳が伏せ気味だったり、逆に警戒中の様にピーンと立っている時

このようなことが頻繁に見られるようになった時は、それは猫ちゃんのストレスサインのはずです。見逃さずに、【何が原因で、ストレスサインを発しているのか】を分析し、いち早くストレスのもとを取り除いてあげることをしましょう。

スポンサーリンク

ストレスサイン(症状)が出た時の対処法

cat-1375793__340

猫のストレスサインが出たらまずは、猫のストレスのもとを取り除いてあげることが一番大切な対処法となってきます。ストレスサインが出た時の対処法をここでは少しご紹介したいと思います。

【お部屋の模様替え・お引越しでストレスを感じる】

お部屋の模様替えやお引越しなどが原因でしたら、おそらく、今まで愛猫が築いてきたの自分のテリトリーが無くなってしまって落ち着かない状態になっているのであろうから、それを察してあげて、なるべく、愛猫のにおいの付いているものを置いて気分を落ち着かせてあげたり、身を潜ませて隠れることのできる場所を作ってあげることをしてみましょう。数日~数週間でその環境には慣れてきますので、少し気長に待ってあげることも大切なポイントになってきます。

【決まった時間にご飯が出てこない・トイレが汚い場合】

決まった時間にごはんが出てこないとか、トイレがいつも汚れているなどのせいで猫がストレスを感じている場合は、まずは、なるべく決まった時間にご飯を上げられる時間帯を見つけてその時間にご飯を与える習慣を付ける、トイレはこまめにチェックして掃除をしてあげるなど、猫が気持ちよく生活できる環境を整えることをしてあげましょう。私たちも、なるべく決まった時間にご飯は食べたいですし、トイレだって、綺麗なトイレであってほしいですよね。猫ちゃんもそれと同じなのです。トイレの問題はエスカレートすると、お部屋の中でマーキングスプレーをしてしまうなんてこともあります。そうなると、色々と大変になってしまいますのでストレスフリーなトイレ環境を作ってあげるようにして下さい。

【多頭飼いになってしまった場合】

いきなり新たな新入りさんが入って多頭飼いになってしまって先住猫がストレスを感じている場合はテリトリーを分けて生活させることも大切です。ご飯を食べる場所や、トイレの場所を分違う場所にしてみることで案外解決してしまうこともあります。勿論相性もあるので、時期に仲良くなってしまうこともありますので、時間をかけてゆっくりとなれさせるようにしてあげましょう。もちろん、何をやるにも先住猫ちゃんを優先にしてあげることを忘れないでください。

こちらの記事も参照してください。

誰でも分かる!猫の多頭飼いの注意点と相性について

【ストレスの原因が病気やケガの場合】

猫ちゃんは病気やケガをしている時も多大なストレスを感じイライラしていることが多いです。元気に走り回りたいのにそれが出来なくなったとしたら、やはりイライラしますよね。ぐったりしてて、何もしたくないのに、そっとしておいてくれなかったり、撫でまわされたり・・・やはり、嬉しいものではありません。ですから、病気やケガの時は心配ですが、なるべくそっとしておいてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

cat-757843__340

猫という生き物は本当に愛らしく可愛いですよね。でもとても繊細でデリケートな動物でもあります。だからこそ、ストレスを感じやすいのです。いつでも「きまま」に見えても、実はそうでもないのが猫です。ストレスというのは人間だけではなく、猫にとってもたまるものです。ストレスは知らず知らずに日々の生活の中で心と体に影響を及ぼしていきます。それもいい影響ではなく、悪い影響です。ですから、早い段階で、飼い主さんが気づいてあげることが大切になってきます。猫ちゃんは「今ストレスを感じているから助けて」というSOSをストレスサインとして発しています。このストレスサインを見逃さずにしてあげてください。ストレスは進行してしまうと、本当に体を壊してしまう原因になってしまいます。体を壊してしまっては楽しい愛猫ちゃんとの生活も大変なものでしかありません。健康管理ができるのは飼い主さんだけです。どうか、大切な愛猫ちゃんのストレスをいち早く見つけて解放してあげるようにしてあげてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です