ラグドールの特徴や性格を知って飼い方を学ぼう!ラグドール大全!

ふわふわの長毛にサファイアブルーの美しい目、ずっしりとした大きな体が特徴的な「ラグドール」。
抱っこされると脱力して体を預けてくる様から、英語で布製のぬいぐるみを意味するラグドールと名付けられました。
そんな愛くるしいラグドールの特徴から性格、買い方から歴史まで本記事にてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ラグドールの特徴

大きな体と美しく青い目

ラグドールの平均体重はオス6〜8kgメス4〜5kg程度で、大きい個体では10kgを超えることもあり、純血種の猫の中では最も大きい猫種の一つであると言えます。

体型はロング&サブスタンシャルタイプ筋肉質な体をしており、しっかりとした骨格幅広の頭サファイアブルーの目は吸い込まれるように美しく、丸いマズル丸みを帯びた輪郭大きな丸い足が特徴的です。

長い成長期間をゆっくりと楽しもう

ラグドールは他の猫とは異なり、生猫になるまで3〜4年ほどかかると言われており、可愛い子猫の時期を長く堪能することができます。
また、被毛の模様が出来上がるのも遅く、生まれてすぐのラグドールの仔猫は全身真っ白ですが、少しずつ毛色に変化が起こり、約2年ほどかけて模様を完成させると言われています。

小さな鳴き声のラグドール

ラグドールは、鳴き声が小さいことでも知られています。
もともとほとんど鳴くことがない猫種ですが、鳴いてもあまりうるさくないため、都会のマンションやアパートなどでも鳴き声に神経質になることなく飼うことができるでしょう。

華やかな被毛と毛色

ラグドールの被毛は、シルクのような滑らかな毛質ダブルコート長毛種で、毛量は多く、首から下の毛が長くなっており、ふさふさとした被毛には華やかさがあります。

基本的な毛色は、バイカラー、ポインテッド、ミテッドの3種類ですが、CFAではバイカラーしか認められていません。

スポンサーリンク

ラグドールの性格

穏やかでおとなしいラグドール

ラグドールは、非常に温和おとなしく、飼い主に対しては愛情深く従順な猫です。
また、名前の由来にもある通り、抱っこされることが大好きで、体を預け、脱力しながらじっとしている様は本当にぬいぐるみのように見えます。
落ち着いていて鳴くことも滅多になく、狩りへの関心が低いため室内の家具などを引っ掻いたり爪を立てることもほとんどないラグドールは、初心者の方にもオススメの猫種と言えるでしょう。

高い社交性と懐の深さ

ラグドールは、社交的人懐こい一面も持ち合わせています。
見知らぬ人に対しても警戒せず、わんぱくな子供に対しても攻撃的にならず優しく穏やかに接することができるため、小さなお子さんがいる家庭でも安心して飼うことができます。

低い自己防衛本能

ラグドールは、物事にあまり動じることがなく物怖じしない性格と言われている一方、自己防衛本能が低くリスク回避の意識が薄いとも考えられています。
ラグドールを飼う際には、日々の生活の中で怪我をすることのないよう安全な環境を整えてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

ラグドールの飼い方

安心できる環境を作ろう

ラグドールは、他の猫種に比べ強い帰巣本能を持っていると言われており、自分の住処に対して強い愛着を持っています。
そのため、環境の変化を苦手としていますので、引越しや極端な模様替えなどを行うとやや神経質になる可能性があります。
ケージやハウスなどはあまり頻繁に変えないようにして、愛猫が安心して過ごせる環境を整えてあげるよう心がけましょう。

食事管理と運動の必要性

ラグドールは、3〜4年かけて生猫になりますが、その体はがっしりとした筋肉質で、非常に大きくなります。
そのため、子猫の時期から高タンパクで栄養のある食事で、しっかり身体作りを行うようにしましょう。

しかし、もともと穏やかな猫で部屋の中を動き回ることが少ないため、肥満にならないよう適度に運動させることも大切です。
キャットタワーなどはオススメですが、体が大きいラグドールの安全のため、しっかりと土台を固定をすることを忘れないようにしましょう。

ラグドールの被毛のケア

ラグドールは、長毛種厚く豊かな被毛を持っています。
毛球症皮膚炎などにならないよう、スキンシップも兼ねて毎日ブラッシングとコーミングを行ってください。
また、換毛期には抜け毛が増えますので、1日2回程度を目安に行うようにしましょう。

こちらの記事も参考にしてください。

現役トリマーが猫のグルーミング、トリミングの必要性、頻度、料金等の疑問を解決!

猫の毛づくろい(グルーミング)する5つの理由と3つの注意点について。

スポンサーリンク

ラグドールのしつけ

ラグドールは、基本的に穏やかおとなしく賢い猫で、しつけに困ることはほとんどないとされています。
鳴くことも滅多になく狩りへの関心も低い猫種ですので、部屋の中の壁紙や家具を引っ掻いたり爪を立てるといった心配も必要ないでしょう。

スポンサーリンク

ラグドールの病気

ラグドールは遺伝性の疾患については比較的少ない猫種とされていますが、ペルシャと交配してきた歴史があり、ペルシャに多いとされている「肥大型心筋症」には気をつける必要があります。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は、ラグドールではオス猫で発症する可能性がより高いとされており、少しずつ肥厚した心筋壁によって心臓の動きが悪くなっていき、やがて動脈が詰まってしまう恐い病気です。

症状としては、疲れやすくなる、呼吸が荒くなる、起き上がれなくなる、食欲が落ちてくる、などがあり、突然呼吸困難になって心停止してしまうこともあります。

少しの遅れが命取りにつながりかねませんので、愛猫の呼吸が荒くなるなどの症状が見受けられたら、すぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

治療としては、絶対安静が基本で、呼吸困難を起こしている場合は酸素吸入を行い、血栓を除去する薬を使ったり、時には手術をする場合もあります。

毛球症

毛球症は、加齢や、日々のブラッシングを怠り毛づくろいして飲み込む毛の量が増えたり飲み込んだ毛を上手く吐き出すせなくなると発症すると言われています。

症状には、食欲不振、吐こうとしても吐けなくなくなる、便秘になる、などがあります。

治療は、軽度の場合、毛球除去剤を舐めさせ毛球の排泄を促します
しかし、腸閉塞の危険がある場合は、開腹して胃や腸から毛球を取り出す場合もあります

予防は、日頃からのブラッシングが基本となります。
毛づくろいの際に飲み込む毛の量を減らすことができますので、無駄毛はしっかり取り除いてあげるようにしましょう。
また、体外に毛玉を排出しやすくなりますので、食物繊維が豊富な猫草を食べさせるのもオススメです。

スポンサーリンク

ラグドールの寿命

ラグドールの平均寿命は14〜16歳程度で、一般的な猫の寿命よりもやや長めとなっています。
ラグドールは体が大きな猫で、他の猫種に比べてカロリーやたんぱく質を多く摂取する必要がありますが、日頃から室内を動き回るようなタイプの猫ではないため太りやすいとされています。
太りすぎてしまうと、足腰への負担も大きくなり、寿命を縮めることにもつながりかねませんので、肥満につながらないよう食事管理を徹底し、適度に運動させるようにしましょう。

こちらの記事も参考にしてください。

猫のダイエットを成功させる3つの方法と3つの注意点!

スポンサーリンク

ラグドールの購入相場

ラグドールの平均価格は、ブリーダーから直接購入する場合は約10〜20万円、ペットショップで購入する場合は約20〜30万円程度となっています。ラグドールは国内ではかなり人気の高い猫種のため、ペットショップでは高めの価格が設定されていることが多く、ブリーダーからの購入を検討してみるのもオススメです。

また、ラグドールはオスに比べてメスの方が落ち着いている個体が多いとされており、メスの方がやや高めの価格になっている傾向があります。

スポンサーリンク

ラグドールの歴史

ラグドールは、1960年代にアメリカ・カリフォルニア州在住のアン・ベイカーという一人の女性ブリーダーが、白色のペルシャバーマンを交配させ、生まれた猫にバーミーズを交配させて作出した猫が始まりとされています。

作出者のアン・ベイカーは、産まれてきた猫が新しい品種としてビジネスになると考え、既存の猫血統登録団体には登録せず新たに団体IRCAを設立し、ラグドールの特許を取得して法外な使用料を設定し、フランチャイズビジネスを始めました。
しかし、厳しいルールのフランチャイズ体制に疑問を持ち、次第に袂を分かつ人が出てきてIRCAは分裂の道を辿りました。

反発して独立した一部のブリーダーたちは、後にラグドールを基礎とした「ラガマフィン」という猫種を新たに生み出しており、この2つの猫種はとても近い関係にあるとされています。

ラグドールにおいては、作出者以外の繁殖者によってアメリカの血統登録団体CFAで猫種としての登録が行われ、2000年に公認されています。

まとめ

穏やかでおとなしく、鳴くこともほとんど無いラグドールは、初心者の方でも飼いやすく、室内で飼うのに理想的な猫種です。
ラグドールの特徴の一つである長い成長期間をゆっくりと楽しみながら、ぜひ愛情たっぷりに育ててあげてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です