マチカンの特徴や性格を知って飼い方を学ぼう!マチカン大全!

短い足でちょこちょこ歩く姿に多くの人々が魅了される「マンチカン」。
その独特の外見から「猫界のダックスフンド」とも呼ばれ、毎年人気ランキングの上位に入るほど大人気の猫種となっています。
そんなマンチカンですが、短足ゆえにかかりやすい病気があり、交配をする際にも気をつけなければいけない点があるとされています。
本記事では、マンチカンの特徴から飼い方、病気から歴史に至るまで、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

マンチカンの特徴

特徴的な短い足

マンチカンといえば、なんといっても極端に短い足が特徴的で魅力的な猫です。
短足ながら動きは素早く、他の猫種さながらジャンプしたり、ちょこちょこと短い足で駆け回る姿はとても愛らしく、見る者をほっこりさせてくれることでしょう。
しかし、マンチカンについては全ての個体が短足ではなく、普通の長さの足を持つマンチカンも多く存在しています

筋肉質で引き締まった体のマンチカン

マンチカンは体高が最も低い猫種とされており、体型は筋肉質で、しっかり引き締まったセミフォーリンとなります。
一般的なオスの体重は約3、0~4、0kg程度で、メスはオスよりも小さく丸みを帯びた耳くるみの形をした目体長よりも少し短い尾を持っています。
マンチカンは太りやすいため、食餌の量には気を付け、こまめに運動をさせるよう心がけましょう。

こちらの記事も参照してください。

・猫のダイエットを成功させる3つの方法と3つの注意点!

多種多様な被毛と毛色

マンチカンは、様々な猫種と交雑されてきた歴史をもっており、毛の長さや色などには豊富なバリエーションが存在します。
被毛は、短毛長毛の二種類のタイプがあり、短毛種の場合は抜け毛が少ないですが、長毛種の場合は換毛期に大量に毛が抜けるため、こまめなブラッシングが欠かせません。
また、マンチカンの毛色は多種多様で、すべての毛色が認められています

スポンサーリンク

マンチカンの性格

社交的で人懐こいマンチカン

マンチカンは、とても社交的人懐い性格の持ち主です。
見知らぬ人に対しても上手に接することができ、お迎えをする際にすでに先住猫がいるご家庭でも、喧嘩せずうまく共生していくことができるでしょう。

癒し効果抜群の甘えん坊猫

マンチカンは賢い猫種とされており、留守番も難なくできますが、とても甘えん坊なため、長時間の留守番などの後にはしっかりスキンシップの時間を取って甘えさせてあげてください。
甘えん坊のマンチカンが時折するお茶目な仕草や、すり寄ってきて甘えてくる姿には癒される方も多く、それらもマンチカンの魅力の一つと言えるでしょう。

こちらの記事も参照してください。

・猫は一人でお留守番できる?留守番ができる日数や準備するもの、注意点紹介!

陽気で遊び好きなマンチカン

マンチカンは陽気好奇心が旺盛なため、家の中であちこち元気に動き回っている姿が多く見られます。
また、遊び好きなため、時間がある時はおもちゃなどで遊んであげたり、室内にキャットタワーなどを設置して好きな時に高いところに上れるようにしてあげることも大切です。

感情的な躾には気を付けよう

陽気人懐こい性格のマンチカンですが、一方でやや臆病な性格も持ち合わせています。
飼い主さんに大きな声で叱られるようなことが続くと恐怖から懐かなり、それまでの信頼関係を失うこともありますので、マンチカンに躾をする際は優しく話しかけ、感情的にならないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

マンチカンの飼い方

遊びやすい環境を用意しよう

マンチカンは、遊ぶことが大好きな猫ですので、おもちゃや遊ぶスペースなどはしっかりと用意してあげるようにしましょう。
ただし、マンチカンは足が短いため、他の猫種に比べるとやや跳躍力が劣ります
マンチカンを飼う場合は、怪我をしないようキャットタワーの高さを低めに調整してあげると良いでしょう。

こちらの記事も参照してください。

・猫の飼い方超入門編!準備に関する9つのポイントご紹介します!

タイプ別の被毛のケア

マンチカンの被毛には短毛タイプと長毛タイプがありますが、長毛タイプは抜け毛が多く、特に換毛期には大量に毛が抜けます。
普段は週に2〜3回程度、換毛期には毎日ブラッシングコーミングを行い、毛球症を予防するようにしましょう。
短毛タイプは抜け毛が少ないものの、定期的なブラッシングは必要となります。

シャンプー2〜3週間に一度は入れてあげるようにしましょう。

こちらの記事も参照してください。

・現役トリマーが猫のグルーミング、トリミングの必要性、頻度、料金等の疑問を解決!

・猫のシャンプーの必要性について。仕方、頻度、いつからかを徹底解説!

防げる誤飲事故を無くそう

マンチカンは、好奇心が旺盛な性格の持ち主です。
そのため、落ちている小さなものを飲み込んでしまったり、室内に置かれているものをかじってしまうことも少なくなく、事故も多く報告されています。
誤飲は時に命にかかわることもありますので、マンチカンが口にしてしまいそうなものは放置しないようくれぐれも注意が必要です。

スポンサーリンク

マンチカンのしつけ

賢いマンチカンのしつけ方

マンチカンは、しつけには苦労しにくい猫種とされています。
知能が高いため、トイレのしつけも難なく理解し、覚えてくれます。
猫特有の爪とぎなども、専用のおもちゃなどを用意してあげると良いでしょう。

ただし、マンチカンはやや臆病な性格の持ち主ですので、しつけを行う際に大きな声を出したり、失敗した時に強く叱らないよう気をつけましょう。
荒っぽいしつけを続けると恐怖を感じてしまい、飼い主さんとの間の信頼関係にヒビが入ってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

マンチカンの病気

マンチカンは、様々な種類の猫との交雑が行われてきた猫種のため、先天性・後天性の疾患がいずれも少ないとされています。
ただし、ともに短足の両親から生まれた短足の子猫の場合、突然死となることがあり、その原因は現在も不明とされています。
本記事では、そんなマンチカンを飼う際に気をつけておきたい病気をいくつか取り上げてご紹介します。

椎間板ヘルニア

マンチカンは、短足で他の猫種に比べるとやや胴が長いため、肥満などが原因で足に体重がかかり、支えきれなくなると椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうことがあります。
椎間板ヘルニアは、背骨の間にあるクッションのような役割を持つ椎間板が潰れてしまい、変形した状態を指します。
椎間板は、肥満加齢怪我高いところからの落下などによって破れることがあり、破れると中にある髄核が外へと飛び出し、側にある脊髄や神経を圧迫します。

症状が出ない場合もありますが、それまで元気だった愛猫が急に動かなくなったり、足を引きずったり、不自然な歩き方をするようになった場合は髄核が完全に飛び出している可能性があります。
重症化してしまうと、歩行困難になって死に至ることもあります

治療法は、軽度であれば薬を投与して症状を和らげたり悪化しないように運動制限を行うことがあります。
重度の場合は、飛び出した髄核を取り除く手術を行いますが、手術のリスクや再発の可能性もありますので、獣医師と十分に相談し、納得した上で治療法を選択するようにしましょう。

こちらの記事も参照してください。

・猫の腰痛の原因は3つあった!治療法や費用、飼い主さんによる介助方法について

毛球症

毛球症は、飼い主がブラッシングなどのケアを怠り、毛づくろいによって飲み込む毛の量が増えてしまったり、加齢や内臓の不調によって飲み込んだ体毛を上手に吐き出すことが出来なくなると、消化器官内に毛玉が出来て発症するとされています。

症状としては、食欲不振になったり吐こうとしても吐けなくなったり便秘になって排便することが難しくなります

治療法は、軽度であれば、毛球除去剤を口元に塗って舐めさせることで体外に毛球を排泄させるよう促します
それでも効果が無い場合や、腸閉塞の危険がある場合は、手術によって開腹し、胃や腸から直接毛球を取り出します

予防するためには、日頃のこまめなブラッシングが基本となります。
無駄毛を取り除いてあげることで、猫が毛づくろいをする際に飲み込む毛の量を減らすことができます。
その他にも、食物繊維が豊富な猫草を食べると毛玉を体外に排出しやすくなりますので、積極的に食べさせてあげると良いでしょう。

こちらの記事も参照してください。

・猫の毛づくろい(グルーミング)する5つの理由と3つの注意点について。

・現役トリマーが猫のグルーミング、トリミングの必要性、頻度、料金等の疑問を解決!

スポンサーリンク

マンチカンの寿命

マンチカンの一般的な平均寿命は約10〜13歳ぐらいで、日本における猫の平均寿命が約15歳程度であるのに比べると、やや短い傾向にあります。

愛猫と長く健康に暮らすために

マンチカンは太りやすい体質の猫種ですので、様々な病気を引き起こす可能性のある肥満には日頃から気をつけ、適切な運動とバランスの良い適量の食餌を心がけましょう。
また、定期的に健康診断を受診することで、病気の早期発見・早期治療が可能となります。
気づいた時に手遅れになっていることのないよう、愛猫の様子を日々しっかりと観察し、気になることがあればすぐに受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

マンチカンの購入相場

マンチカンはブリーディングが難しいとされており、他の猫種に比べて高額になる傾向にあります。
一般的な平均価格は、約15〜35万円程度とされていますが、血統顔つき毛色体格月齢、また足の長さによっても価格は変動します。

足の長さによって変動する価格

マンチカンは、足の短さが特徴的な猫ですが、足の長い個体も多く存在しています。
基本的に、足が短い個体の方が価格が高い傾向にあり、親猫がキャットショーのチャンピオンになっているような場合は、さらに価格が高くなります。

毛色では、クリームレッド&ホワイトが人気となっており、他のカラーに比べて高く販売されています。

マンチカンのミックスを見かけたら

近年では、マンチカンと折れ耳のスコティッシュフォールドを交配させたり、巻き耳のアメリカンカールと交配させ、それぞれの特徴を持つ子猫を販売していることがあり、その可愛さと希少さからマンチカンのミックスは一部の人たちから非常に人気があります。
しかし、これらは先天性疾患を引き起こすとされており、血統登録機関であるTICAでは公認されていません

マンチカンはあくまでも同種、または雑種との交配しか認められていませんので、他の純血種とのミックスの子猫が販売されているようなペットショップやブリーダーはあまりオススメしません。
どうしても購入したい場合は、先天性疾患がないか、子猫の動作に気になる点がないか、しっかりと事前に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

マンチカンの歴史

マンチカンの起源には諸説あると言われていますが、その直接的な原型は1983年アメリカのルイジアナ州で発見された短足猫であると考えられています。
見つかった短足猫はその珍しい姿形から研究の対象となりましたが、足に障害はなく、遺伝子の突然変異により変形したものであることがわかりました。
遺伝学上において健康とされた短足猫は、様々な異種交配が進められていき、1995年には世界最大の血統登録機関である TICAから新種として認定されました。

遺伝学者や愛好家たちの間で、長年にわたってマンチカンについての倫理的な見解の相違は根強く残っているものの、短足で愛らしい外見から、マンチカンは人々から愛される人気の猫となっています。

まとめ

短足で歩く姿がなんとも可愛いらしい「マンチカン」。
陽気で賢く、しつけもしやすい猫種ですが、短足であるがゆえに気をつけなければいけないことも多くあります。

これから家族に迎えようと考えられている方は、見かけの可愛さだけで決めるのではなく、1日でも長く愛猫と楽しく暮らすために、親猫や交配、病気の有無についても事前にしっかりと確認するようにしてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です