気を付けて!猫の腎不全。初期症状と治療法と予防法について

background-2154644__340

可愛い大切な家族の一員となった愛猫が急に『腎不全』という病気になってしまったらどのような治療をしていったらよいのでしょうか。初期症状の特徴や、腎不全にならないための予防法をしていったらよいのでしょう。獣医師さんとご相談したり、治療法などをきちんと聞いたとしても、やはり病気に対して色々な不安があると思います。今回は猫の腎不全について色々とお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

要注意!あれ?水をたくさん飲むようになった?

cat-635552__340

猫の腎臓病の初期症状

腎臓病の初期症状を知っておくことで腎臓のSOSサインを知ることができます。腎臓のSOSサインとはどのようなサインなのでしょうか。実はとても分かりやすい症状が出ます。それは、多飲多尿の症状です。

「あれ?最近お水をがぶがぶ飲むようになってる気がする・・・」

そんな症状が出て来たら腎臓のSOSのサインかもしれません。このサインを放っておくと症状は悪化し、やがて腎不全に至るケースもありますので、まずは『多飲多尿』がみられたら腎臓病?とにかく要注意だな・・・と思っておくよいでしょう。もちろん、できればすぐに獣医師の所に連れて行くことをおすすめします。

その他、腎臓病の初期段階に見られる症状としては、元気がない、体重が落ちてくる、貧血気味、食欲が以前に比べ減っている、最近なんだか毛づやがよくない、下痢が続いている、原因はよくわからないけど嘔吐してしまうなどという症状も現れることがあります。

これらの症状が見られると、猫の腎臓病の初期症状である可能性が高いSOSのサインだといえますので、もし、このような症状が見られた場合でも、多飲多尿と同じく、できるだけ早く獣医師に見せて診断してもらうことをおすすめします。

腎臓の働きと腎臓病のメカニズム

まずは、腎臓の働きと、腎臓病のメカニズムを簡単にお話しすることにしましょう。腎臓の働きを少しでも理解するということは、『腎不全』という病気の理解をする上で必要となってきます。

まず、腎臓についてです。腎臓は血液をろ過して体の中の余分な塩分や老廃物をおしっことして排出するというとても重要な臓器です。その他に腎臓の働きは血圧の調整をはじめ赤血球を作るホルモンを作るという働きもあります。

その重要な『腎臓』という臓器が不調を起こしてしまうと体の中の老廃物や毒素をうまく体の外に排出するという機能が働かなくなってきます。ここまでが腎臓の働きと、腎臓病にいたるまでの経緯です。

腎臓病になると、自然とお水をたくさん飲んでしまいます。お水をたくさん飲むことで、体の中でどんどん濃縮されていく老廃物や毒素をおしっこと一緒に体の外へ排出しようと体が働くようになってきます。もちろん、お水をたくさん飲みますから自然におしっこの量も増えます。もし、多飲多尿が見られたら、『もしかしたら腎臓が悪いのかも??』と疑ってみてはいかがでしょうか。そうすることで早めに検診に行く事が出来るのです。

また、さきほど腎臓には『血圧の調整』という大切な働きがあると書きましたが、これも腎臓が不調を起こすとできなくなってきますので、高血圧やその逆の貧血という症状を引き起こすこともあります。『なんだか元気がなく、だるそうにしているな・・』と感じたらとにかくよく、愛猫ちゃんを観察しながら様子をメモしておくとよいでしょう。そして数時間その様子が改善されない場合は早めの段階で動物病院へ連れて行き、検査をしていただくことをおすすめします。

スポンサーリンク

猫の腎不全とはどんな病気なの?

cat-1285634__340

猫の腎不全とはどのような病気なのでしょう。腎不全は主に猫の中年齢から高年齢に多く見られる病気で、腎臓の機能が徐々に低下して腎臓機能不全に陥って行く病です。急性的な場合や、重症化していくと体の毒素が排出できなくなり、命の危険も高くなってくる病気です。それだけ早期発見が大切な病気といえるので、日頃の健康チェックをはじめ、年に数回動物病院での定期検診が大切となってきます。

猫の急性腎不全

猫が急性腎不全に陥ると大変命の危険があり、とても深刻な状態になってしまいます。「急性」と病名に付くくらいですので、病気の進行は、とにかく「急」です。腎臓の機能が急速に低下していってしまいます。早い段階で治療ができないと、体は脱水症状を起こし、痙攣をおこし重度の尿毒症の症状が出て来たりします。尿毒症の症状が出てきた時には体温が低下してそのまま昏睡状態に陥って死に至るケースも・・という場合もありますので発症後はとにかくすみやかに集中治療を受けることが大切となってきます。

急性腎不全の治療方法と予防

もし、急性腎不全だと獣医師さんに診断された場合は早急な集中的治療が必要となってきます。点滴や利尿剤で治療していくのが基本的な治療法ですが透析をしたり場合によっては手術をすることもあるようです。

予防法はやはり年に1-2回の健康診断や血液検査をはじめ、室内飼いを徹底することや感染症にならないためのワクチン接種、日頃からの徹底した食事管理が大切となってきます。急性腎不全の場合は腎機能の回復が見込める病気ですので、早期発見と早期治療ができる環境をつくるようにしてください。

猫の慢性腎不全

猫の慢性腎不全は、急性の腎不全とは違い、少しずつ少しずつ徐々に徐々に・・・と進行していく病気です。もし、猫が慢性腎不全を一度発症してしまうと、急性腎不全とは違って、もう、完治することはない病であります。

慢性腎不全は中期の症状になってくると、高血圧の状態になったり逆に貧血気味になってしまったりと大幅な血圧の変化が見られるようになってきます。血圧が高くなってくると、目の方にも症状が出てくることがあります。たとえば、網膜剥離や眼底出血などがその症状の1つといえるでしょう。反対に血圧が低くなって貧血の症状が起きてくると、だるさ、疲れなどの症状が出てくることもあります。

これがもっと症状が進んで中期以降から末期の症状へと進行していくと体の中に排出できなくなってしまった毒素や濃縮された老廃物、塩分やミネラルが体内に溜まってしまい痙攣をはじめそのまま昏睡状態に陥って死に至るケースへと進行する場合があります。

慢性腎不全の治療法と予防

慢性腎不全は急性腎不全と違い、腎機能の回復は見込めないので、とにかく現状維持、もしくは症状の緩和という形が慢性腎不全の治療法といえます。食事は処方食でコントロールをしながら腎臓をはじめ体に負担がかからないものに変えたり、点滴治療をすることで脱水症状を緩和したり、電解質のバランスを整えたりしていきます。

血圧の変化に応じて薬を飲んだり、嘔吐の症状が出てきた場合は、それを抑制する内服薬や点滴治療をしたりと症状に合わせて必要な治療を早急に進めていきます。

基本的に慢性腎不全の予防法は、慢性の状態になるまで病状を放置しないこと、日頃の食事管理の徹底、室内飼いの徹底や定期検診を年に数回受診するなどがあげられます。定期検診の内容には血液検査も加えると良いでしょう。もちろん感染症の予防にワクチンの定期的な摂取をすることや、病気にならない環境つくりをすることなどが予防法だといえます。

スポンサーリンク

まとめ

cat-1686730__340

今回は『気を付けて!猫の腎不全』ということで猫の腎不全についてお伝えしていきましたがいかがだったでしょうか?猫の腎不全は急性のものと慢性のものがあり、どちらも、初期症状は『多飲多尿』であるということが分かったと思います。

急性の腎不全は命の危険もありますが、腎臓の機能さえ壊れなければまだ腎臓の回復が見込めたりしますので、とにかく慢性腎不全になる前の症状でとどめておきたいところです。慢性の腎不全は猫のあらゆる病気が引き金で発症することがありますので、日頃の健康管理が本当に重要となってきます。もちろん飼育環境や栄養状態などをはじめ、年に数回の動物病院での定期検診など、猫の腎不全を発症させないための予防は大切です。

猫はつらいとか、苦しいとか、痛いとか、自分の状態を話すことはできません。ですから、飼い主さんが、毎日の愛猫ちゃんの状態を把握し、心の声で愛猫ちゃんと話すしかないのです。目の輝きはどうなのか?食欲はあるのか?便の状態はどんなかんじか?元気はあるのかないのか?体を触ってみてどうなのか?毛づやは?ぜひ毎日愛猫ちゃんとぜひボディタッチをし目を見て心の声で会話してみましょう。

そうすることで、愛猫の健康状態がわかってくるはずです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です