夏の暑い日は、猫も熱中症になります!予防と対策は?症状と対処方法は?

人間や犬と同様に、猫も熱中症になります。地球温暖化の影響でしょうか、最近の異常気象で、日本の夏はまるで東南アジアの亜熱帯気候のようです。北海道でも気温が30℃以上の真夏日や35℃以上の猛暑日が珍しくなくなりました。飼い主さんが注意しないと、愛猫が熱中症になってしまう事態もありえます。可愛い愛猫が熱中症にならないための予防・対策と、万一、熱中症になってしまった場合の症状と対処方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

熱中症の原因

blue-sky-196230__340

人も猫も犬も、熱中症は起きます。

原因は、脱水症状により体温が上昇することに起因します。体温上昇により、全身の血流が低下し、体内の臓器が働かなくなり、やがて死を迎えます。

さらに外気への適応力は、人間と猫、犬とは違います。

人間には、皮膚から汗をかくことによって体温を調整する機能があります。

しかし猫や犬は、足裏の肉球にしか汗腺がありません。体内にこもった熱を逃がすのは口と鼻しかないのです。暑いからといって全身を覆う毛皮を脱ぐわけにもいきません。

飼い主さんが、自分が大丈夫だからと思っていても、猫や犬にとっては厳しい環境になっているかもしれないということを忘れてはいけませんね。

熱中症を起こしやすい環境

cat-532305__340

私たちが共に暮らしている猫(イエネコ)の祖先はリビアヤマネコといわれています。中東の砂漠地帯がご先祖の出身地ですから、暑さにはある程度強い動物です。しかし乾燥した地域に適しているので、湿度の高い環境にはあまり強くありません。

30℃を超える気温と、60~70%を超える湿度が続くときは、注意しなければいけません。

犬の場合は、飼い主さんと外を散歩したりドライブに出掛けたりするので、熱中症になるケースも多いです。それに比べれば、猫が熱中症になる事故は少ないらしいです。

だからといって、猫の飼い主さんは油断をしてはなりません。

窓ガラスから真夏の日光が照りつける閉めきった室内は、時にとっても危険です。一気に気温が30℃台後半まで上昇します。

何かの用事でキャリーケースに入れて車で外出するときも、真夏の車内は想像以上に過酷な環境です。エアコンを入れれば飼い主さんが我慢できるレベルかも知れませんが、もともと熱がこもった車内(エアコンを止めたら5分も経たずに50℃を超える環境)の狭いキャリーの中は、猫にとっては大変苦痛です。ストレスは、熱中症の引き金にもなります。

それから、飼い主さんが気づかないうちに、高温になるような場所(スチール製の物置など)に入り込んで、飼い主さんが知らずに閉じ込めてしまったりすると、大変なことになります。猫が家の中のどこにいるか、いつでも把握するようにしましょう。

熱中症になりやすい猫

□ ペルシャ猫やヒマラヤン猫に代表される、鼻が短い短頭種の猫は、熱中症になりやすいです。鼻腔の構造上、呼吸によって熱を逃がすのが、他の猫に比べ難しいためのようです。

□ 肥満気味の猫も注意が必要です。内臓を覆う脂肪が、体内の熱を逃がしにくくしているのに加え、循環器や呼吸器にも良くない影響を与えているからです。

□ 子猫と高齢猫も、若い猫に比べて熱中症になりやすいです。体の機能が未成熟あるいは衰えていることが原因です。人間でも90歳を超えたお年寄りが、真夏の40℃近い閉めきった室内で、暑さを感じないで過ごしているうちに熱中症になる、ということがあります。猫も老いたら同じです。飼い主さんのきめ細かな注意が必要です。

余談ながら、高齢猫の場合は、冬のこたつで熱中症になるケースもあるそうです。人も猫も、お年寄りには普段からの観察と気遣いが必要ですね。

スポンサーリンク

予防と対策

cat-1027489__340

室温28℃以下、湿度60%以下の場所を確保する

屋内でそのような場所がないときは、エアコンをかけましょう。家を留守にするときも同様です。電気代はガマンです!いざ熱中症になってしまったら、治療費のほうがもっと大変ですよ!

愛猫が上記「熱中症になりやすい猫」にあてはまるときは、念のため温度湿度計で正確に計っておくと安心ですね。

水をいつでも飲めるようにする

水は3か所ほど用意しておきましょう。愛猫がもし水飲みをひっくり返してしまっても、複数の水を用意しておけば安心ですね。

先に書きましたように、熱中症は脱水から始まります。熱中症の予防は、まず水からです。

日陰を確保する

愛猫に留守番をさせるときは、窓のカーテンやブラインドは閉めていきましょう。うっかり開けたまま外出すると、夏の日照りで室内の温度がぐんぐん上がってしまいます。

とくに高齢猫は人間のお年寄りと一緒で、暑さを感じなくなります。真夏の室内に日差しをつくらない工夫が必要です。

風が通る場所をつくる

家にいるときは、窓を開けるなどして、風を通しましょう。閉じられた空間で空気の流れが滞る環境は、熱中症の原因になります。

暑さ対策グッズを使う

ペットショップで、座るとひんやりするシート、マット、ベッドなどを売っています。

またはアイスノンや保冷剤をタオルにくるんで、愛猫が好みそうな場所に置いてみましょう。

ペット用ドリンクを常備する

ポカリスエットのペット版、商品名ペットスエットを、愛猫が熱中症になったときのために常備しておくといいと思います。ペットショップやネット通販で購入できます。

緊急的な強制給水に備えて、スポイトの備えもお忘れなく。

猫用の体温計を常備する

猫の様子に異常があったときのために、備えておくと便利です。もちろん耳または直腸(肛門から入れる)で計りますので、使うことができる人に限ります。

ちなみに猫の平熱は成猫で37.5℃~38.5℃くらいです。子猫や高齢猫だと、もう少し低くなるときがあります。愛猫の平熱は何℃くらいか、覚えておくといいでしょう。

猫を連れて外出しなければならないときは、こまめな対策を

車で出掛けるならば、暑さ対策グッズやアイスノン、保冷剤を活用したり、車内の空気を滞らせないよう気を配るなどの工夫を十分にしましょう。車内の留守番も最大限させないようにしましょう。

スポンサーリンク

症状

winking-cat-1145191__340

まず、元気がなくなり、食欲がなくなります。この時点で気づくことができれば、かなりラッキーです。

次に、口を開けてハッハッハッとあえぐような荒い呼吸(パンティングといいます)をして、よだれをたらします。歩くとよたよた、ふらふらします。この段階で、あれ、なんかおかしいぞ、と気づくことができればラッキーです。

症状が進むと、ぐったりして起きられなくなります。体温は40℃を超え、吐き気やおう吐、下痢の症状を示します。この状態で気づいたら、すぐに手を打たないと生命にかかわります。

その後は、意識が徐々になくなり、全身のけいれんを起こします。

さらには口や便、尿から血が出ます。この時点ですでに循環器に障害が出ているため、血液を通じて酸素を全身に送ることができなくなっています。

最後にはショック症状に至り、命を落とします。

具体的な症状をいろいろと挙げましたが、まずは「暑い」プラス「様子がおかしい」と感じたら、すぐに「熱中症」を疑うと思います。

猫は人のように「なんだか体の調子がおかしい」と言いません。むしろ体調の悪さは隠して、人目につかない場所でじっとしている動物です。飼い主さんが気づいたときには、すでに症状がかなり進行している可能性もあります。

最悪の場合は突然死に至ります。つい数時間前まで元気だった愛猫と突然の別れを迎えてしまったら、飼い主さんとしては悔やんでも悔やみきれません。大至急、対処しましょう。

スポンサーリンク

対処方法~まず動物病院に電話を!

stethoscope-147700__340

とにかく動物病院に連絡しましょう。重症の場合は一刻を争います。状態によっては、後遺症が残る場合もあります。

症状を話して、獣医師さんの指示を仰ぎましょう。飼い主さんが家で行う応急処置に、愛猫の命がかかってきます。

もし動物病院の休診日や、夜間・早朝で動物病院が閉まっている時間帯の場合は、インターネットで

「(お住まいの地名) 動物病院 救急」「(地名) 動物病院 夜間」

「(地名) 動物病院 休日」「(地名) 動物病院 日曜日」

等、救急診療をしている動物病院を検索して探しましょう。

まず、家ですべきことは、体温を下げることです。

獣医師さんから指示があると思います、落ち着いて従ってください。早期に適切な処置をすれば、回復が見込めます。

水に濡らしたタオルなどで体を覆ったり、身体に直接水を掛けるなどして、体温を下げるよう努めます。扇風機やうちわで風を送り、気化熱による体温の低下を図ります。

ただし氷水を使うのは厳禁です。血管の収縮を招き、循環器に悪影響を与え、酸素の供給に逆効果になります。

さらに動脈が通っている首や脇、股に、保冷剤やアイスノンをあてます。

猫の姿勢にも気をつけてください。息が楽にできるよう、首が自然と伸びた状態にしてあげましょう。

動物病院に連れて行くときは、保冷剤やアイスノンをあてた状態で、キャリーケースに入れましょう。

水分を取らせる必要があれば、先に書いたペット用ポカリスエットが役に立ちます。スポイトやシリンジで、口に流し込んであげましょう。

あとは、可能な限り、一刻も早く動物病院に連れて行ってください。

スポンサーリンク

まとめ

cat-1246716__340

熱中症は、万一かかると命を奪う、恐ろしい症状ですが、日頃の心掛けと工夫で十分予防できます。愛猫がひとりで留守番しても熱中症にならずに済む環境づくりをしましょう。万一、熱中症にかかった場合、気づくのが遅くなりがちです。おかしい!と気づいたら、一刻も早く動物病院に連絡して応急処置を行い、獣医師の治療を受けてください。

熱中症から愛猫を守るのは、飼い主の務めです。思いやりと気遣いで、暑い夏を乗り切りましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です