誰でも分かる!猫の多頭飼いの注意点と相性について

今は猫を1匹ではなく、複数飼う方が増えています。

一緒に産まれた兄弟猫だったり、親子だったり、さまざまです。かわいい猫に沢山囲まれたらとても賑やかで楽しいですよね。

ですが、多くの猫を飼うにあたり、注意しなければならないこともあります。

そこで今回は猫の多頭飼いについて取り上げます。

記事には、

  • 1匹だけではさみしそう?
  • 多頭飼いのメリット
  • 多頭飼いの注意点
  • 多頭飼いのタイミング
  • 相性が良い組み合わせって?
  • 新しい猫を迎えいれたら
  • 多頭飼いには届出が必要?

以上の点についてまとめていますので、多頭飼いに興味がある方は読んでみてください。

スポンサーリンク

1匹だけではかわいそう?

kittens-555822_640

猫はもともと群れを形成せずに単独で行動する動物です。そのため1匹だから寂しいだろうという考えは、あまり当てはまらないかもしれません。

先住猫がいる場合には、環境に大きな変化が生じることでストレスを与えてしまうことも。しかし猫は個体差が大きく個性の強い動物でもあるため、スキンシップを好む猫もいます。

そういった猫であれば、新入り猫とも上手く付き合えることが多いので、お互いに良い影響を与えてくれるでしょう。

スポンサーリンク

多頭飼いのメリット

cat-727265_640

1匹の子猫を飼い始めたとします。小さな子猫はとくに遊び回るのが大好きなので、飼い主が一緒に遊んであげると喜びます。ただ子猫が望むときに、望む分だけ遊んであげるというのは、なかなか難しいですよね。

子猫が夜中に暴れ回って寝れない。という声を聞きますが、それは子猫がまだ遊び足りない証拠です。そんなとき、一緒に遊んでくれる仲間がいれば子猫は満足します。

スポンサーリンク

多頭飼いの注意点

cat-1410745_640

多くの猫を飼育するのは、想像以上に大変なことです。猫の性格がみんな穏やかで、協調性がある場合には問題ないですが、安易な考えから飼育してしまうと後々さまざまな問題にぶつかってしまうことがあります。

猫の多頭飼いによる問題

保健所や動物愛護センターに多く寄せられる苦情として、このようなものがあります。

「近所で猫をたくさん飼っている家がある。放し飼いで糞や尿もそのままで困っている」

完全室内飼いではなく、猫を放し飼いしている家でこういった光景がよく見られます。多頭飼いの多くは、元々飼っていた猫が子供を産んで増えていくケースが多いです。

猫は繁殖力が高い動物なので、1年に数回出産し、1度に4~6匹も産みます。産まれた子供は1年もしない内に妊娠が可能になりますので、ネズミ算式に増えていくわけです。

餌をあげるだけであとは野放し状態では、そうなってしまうのは当たり前ですね。近隣住人に限らず、飼っている本人が保健所に「たくさん猫が産まれて困っている」という相談の電話をかけることもあるくらいです。

また室内飼いでも同じような状態に陥ってしまうことがあります。室内飼いで増えた猫は血縁同士の繁殖が多いため、疾患を持っていたり奇形があったりという問題も付随します。

これらは飼い主側の知識不足が原因となるものです。

新しい飼い主を見つけると言っても、そう簡単に探せるものではありません。すべての猫の面倒を見る覚悟がなければ、むやみに増えすぎないよう対策が必要です。

 飼育費がかさむ

猫が増えることは、その分お世話にかかる費用も増えるのは明らかだと思います。

トイレの数は飼育頭数よりも多めに用意することが理想ですから、5匹猫を飼っていたら6個は必要です。もちろん猫の年齢、状態によってフードの内容も替えなければならないこともあるでしょうし、病気になれば治療費もかかります。

猫の寿命は10年以上。20年生きることも十分に在り得ます。自分の生活を見直し、将来を見据えながら本当に飼えるのかどうかを検討しなければなりません。

スポンサーリンク

多頭飼いのタイミング

cats-387761_640

多頭飼いを望む場合、子猫のうちから同居させて慣れさせるのがベストです。小さいうちから一緒に生活させることで、お互いの臭いが付いているため、仲良く過ごすことができます。

先住猫がいて、あとから新入り猫を同居させる場合は慎重にならなければなりません。人にも気が合う、合わないがあるように猫にも相性が存在します。

スポンサーリンク

相性が良い組み合わせって?

two-ginger-cats-650546_640

子猫×新入り子猫

どちらも子猫であれば、上記で書いたように仲良く生活していける可能性が高いです。

 高齢猫×新入り子猫

高齢の猫は子猫との相性がよくありません。元気で活発な猫がまとわりついてくると、高齢猫がストレスを感じることがあるのです。その時は高齢猫がゆっくりくつろげる専用のスペースを用意し、子猫から離すようにします。

しかし社交性の高い高齢猫であれば、子猫と一緒に遊ぶことで運動不足の解消にもなりますので、性格によって上手くいくケースもあります。

成猫×新入り子猫

成猫と新入り子猫は比較的上手くいくことが多いです。子猫が無邪気にじゃれあってくれば遊び相手になってくれますし、噛みついた時には叱ることもあります。

その中で、子猫はしてはいいこと、いけないことなど家のルールを学んでいきます。

 オスの成猫×オスの新入り成猫

もっともトラブルになりやすい組み合わせです。オスは縄張り意識が強いので、自分の縄張りに他のオス猫が入り込んでくるとケンカの元になります。

去勢をしたオス猫は性格が穏やかになることがあり、ケンカのリスクも減ります。

猫×新入り野良猫

元々外で暮らしていた野良猫を、室内で飼い始めたい。といった時、野良猫の健康状態が確認できるまでは、一緒にさせないことが基本です。

外での生活の間に、何かしらの感染症にかかっていた場合、健康な先住猫に移してしまうといった懸念があるからです。初めは別部屋で飼育し、新入り猫を触った手で先住猫に触らない、など衛生面にも注意してください。

新入り猫を増やす時には、先住猫の性格や状態に合った猫を選ぶようにしましょう。シャイで臆病な猫に、社交的な猫を合わせても馬が合わないといった結果になることが多いです。

そして飼い主側の心得として、新入り猫よりも先住猫を可愛がるようにしてください。

新入りが子猫だった場合、可愛らしさから甘やかしてしまいがちですが、その様子を見た先住猫がヤキモチを妬き、精神的な不安を覚えてしまいます。常に先住猫を優先することを意識しましょう。

スポンサーリンク

新入り猫を迎え入れたら

odd-couple-2372106_640

始めから同じスペースで自由にはせず、新入り猫をケージにいれるなどして、様子をみます。先住猫が警戒するようなら、しばらくそのままにして慣れさせます。お互いの存在に慣れてきたらケージから出して様子を見ます。

すんなり遊び始める子たちもいれば、威嚇を見せる子もいるでしょう。また初めの印象が悪かったからといって、その後も上手くいかないとは限りません。

徐々に慣れていく内に相手を受け入れ、スペースの共有を許すようになる事例もありますので、ゆっくり時間をかけてみてください。

また新入り猫の体に先住猫のトイレの砂を少しつけておくと良い、という意見もあります。

どうしてもケンカをしてしまう場合には、ケージ飼いを検討してください。人の目が届かない夜や留守にしている間は、両方、またはどちらか一方をケージに入れて過ごさせます。

そうすることで猫は自分のスペースを保つことができ、落ち着いて過ごせるようになります。

スポンサーリンク

多頭飼いには届出が必要?

writing-1149962_640

ペット人口の増加に伴い、不適切な多頭飼育が問題視されるようになりました。近隣住民からの苦情や猫の引き取り件数が増えるといった背景から、多頭飼育の届出制を導入した自治体があります。

新潟市は「新潟市動物の愛護及び管理に関する条例」により、飼育している犬と猫が合わせて10匹を超えた場合、30日以内に市に届け出をすることが義務付けられました。

届出申請書には、繁殖を防止するための措置の内容、排せつ物その他汚物の処理方法、周辺の生活環境を保全する方法などを記入する欄があり、飼い主に最後まで適正飼育を心がけるよう求めるものになっています。

届出を取り入れた自治体は全国的にまだ少ないですが、平成26年10月から埼玉県の条例でも定められました。こういった取り組みは犬や猫の殺処分を減らすことにも繋がります。

近い将来、全国でもこの条例が拡がっていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

animals-87281_640

猫がいる暮らしは楽しく、心が癒されます。

とはいえ闇雲に猫を増やしてしまうと、ご近所トラブルに発展してしまったり、猫にとっても負担をかけたりと、さまざまな問題に頭を抱えてしまうことになります。

しかし多頭飼いでも、猫たちが幸せに暮らせるよう適正に飼育している方がいるのも事実です。それは猫の習性を理解し、猫にとって必要なことが何かをきちんと把握しているからに他なりません。

これから多頭飼いを検討している方は、すべての猫を幸せにできるかを考えて、行動に移していただきたいと思います。

少しでもこの記事でお役にたてたら幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です