猫が食べてはいけないもの、異物を誤飲したときの注意点について

人間にも食べていけないものがあるように、猫にも与えてはいけないものがあります。その昔は、猫の餌といえば白ごはんに味噌汁をかけた「猫まんま」を与えている人も多くいました。しかし猫に必要な栄養を考えれば、人と同じ食事を与えるのはやはり適切ではありません。

また、元来猫は肉食動物だからといって、スーパーで売られているような生肉を与えるのも安全とは言えないでしょう。猫を飼育する上で、食べてはいけないものをしっかりと把握しておくのは重要なことです。

そこで今回は猫が食べてはいけないものについて、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

食べてはいけない食材

potatoes-2046524_640

猫に与えるエサはキャットフードが一般的ですが、今は自分で猫の食事を調理する飼い主も増えています。猫にとって必要な栄養バランスを考え、新鮮な食材を使用するなど、手間はかかりますが、愛猫のために自家製のフードを用意したいという方も多いのでしょう。

しかし使用する食材には十分気を付けなければなりません。

生肉

トキソプラズマ症を引き起こす原虫が潜んでいる恐れがあります。またサルモネラ菌に汚染されている可能性が高いため、生肉は熱を通してから与えるようにします。

レバー

味が良く、栄養素も高いので猫は喜んで食べますが、ビタミンAが多く含まれているため、長時間与え続けていると中毒症状を引き起こします。

豆腐

豆腐は消化がしにくいため、軟便や下痢になることがあります。また猫の肺の中で、粘液の停滞を起こす恐れもあります。

牛乳

牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が不足していると、乳糖不耐性といって、下痢になりやすくなります。

子猫の腸内には乳糖を消化する酵素があるといわれていますが、加齢とともに酵素は減っていきます。そのため成猫や高齢猫には牛乳を与えない方が良いでしょう。どうしても与えたい場合は、乳糖を含んでいないものを選んでください。

マグロ、ニシン

猫は魚が好きというイメージがありますが、おいしいものがすべて体に良いわけではありません。マグロやニシンといった油脂の多い魚は、サイアミン(ビタミンB1)を破壊する酵素を含んでいて、サイアミン欠乏症を引き起こすことがあります。サイアミン欠乏症が起こると、食欲不振・神経以上・嘔吐・衰弱・心不全などの症状があらわれるため、注意しなければなりません。

ジャガイモの芽、緑色部

ジャガイモの芽や緑色になった部分は、食べると中毒を起こすといわれていますよね。芽の部分に含まれるソラニンという毒の成分が原因になり、猫だけではなく人や犬も中毒にかかります。

食べてしまった後の症状としては、虚脱・嘔吐・下痢・胃腸炎・急性中毒死などがあり、最悪死んでしまうケースもある危険な食べ物です。

タマネギ、ネギ、ニンニク、ニラ

猫や犬にタマネギやネギを与えてはいけない。というのは、よく知られている情報なのではと思います。

有毒成分となるn-プロピルジスルフィドが体内に入ることによって赤血球を破壊し、溶血性貧血を起こします。症状としては黄疸、ヘモグロビン尿、元気消失、下痢、嘔吐などが見られ、食材が皮膚に接触するだけでもかぶれることがあります。

 ワラビ

アノイリナーゼというビタミンB1分解酵素が原因となって、ビタミンB1欠乏症に陥ります。人でもアク抜きをしていないワラビを食した場合は、同様な症状がみられます。

他に体重減少や、貧血、ビタミンB1の欠乏によって起立不能を引き起こすことがあります。

マカデミアナッツ

アーモンドやピーナッツなども猫には良くないですが、特にマカデミアナッツは危険性が高いといわれています。

サリチル酸塩が原因になり、虚弱、嘔吐、震え、沈鬱、運動失調などの中毒症状がみられます。怖いのはたった1粒でも口にすれば中毒になる恐れがあるという点です。

こうしたナッツ類はおつまみとして身近な食材でもあるので、猫が手を出さないよう注意しておきたいですね。

チョコレート、コーヒー、コーラ、お茶、ココア

もしかしたらタマネギ中毒と同じくらい有名かもしれません。チョコレートに含まれるテオブロミンが、嘔吐や下痢、多尿、ふるえ、発作などを引き起こし、最悪の場合死に至ります。

テオブロミンを含むメチルキサンチン類には、テオフィリン、カフェインといった成分もあり、同様の症状を起こします。

アルコール

猫に試しにお酒を与えてみようとは思わないでください。人にとっては楽しみの1つであっても、猫にとっては有毒です。

アルコールを口にしてしまうと、運動失調や沈鬱、虚脱などの症状がみられます。多量に摂取した場合は死の危険もありますので、絶対にあげないようにしてください。

生イカ、甲殻類

エビやタコ、イカなどはそのまま食べてしまうと消化不良を起こしやすく、内臓に含まれるチアミナーゼ(ビタミンB1分解酵素)によって、ビタミンB1欠乏症に陥ります。また食欲不振や嘔吐や痙攣が見られることもあります。

猫は骨を食べる?

野生の猫は獲物をまるごと食べますが、骨には骨格の維持するためのカルシウムとリンが含まれています。しかし他の猫と競い合って食べるような状態だと、よく噛まずに骨を飲み込んでしまうことがあるため危険です。

与える場合には柔らかく煮たものを与えると良いでしょう。

スポンサーリンク

危険な食材を食べてしまった!

cat-2262916_640

状態は摂取量によっても異なりますが、すぐに症状がでない中毒もあります。気付いた時には手遅れ、という状況を防ぐためにも、動物病院へ連れていきましょう。

その時には「いつ、何を、どのくらいの量」を摂取したのか聞かれますので、答えられるようにしておいてください。また症状が見られていた場合にも、詳しい状態を伝えましょう。

対処法、治療法

胃の中に物が残っている場合、大抵吐かせるか、胃の洗浄を行います。それ以外の症状に対しては、対症療法を行うところが多いでしょう。

ひとまず様子見…と考える方も多いですが、万が一に備えて早めの受診をおすすめします。

スポンサーリンク

猫は草を食べてもいい?

cat-2406499_640

「猫草」という名の草が、ペットショップなどで販売されているのを見かけたことはありませんか?猫が好む草はいくつかあるそうですが、主に販売されているのがエンバクというイネ科の植物です。

どうして食べるのかは詳しくわかっていませんが、グルーミングで飲み込んだ毛を吐き出しや、便秘の予防ではないかといわれています。犬も同じように道端の草を食べることがありますが、猫草にも胃腸の調子を整える効果があるのかもしれません。

猫が自ら猫草を食べる場合には問題ありません。ただし外に生えている草は農薬などで汚染されていることもあるので、市販されているものを与えてください。また食べ過ぎて嘔吐する可能性もあるので、量を調整すると良いでしょう。逆に猫草をまったく食べない猫であっても、とくに心配はいりません。

有毒な植物に注意

猫が自ら好んで食べる猫草は良いですが、植物の中には毒を含んだものがあります。上記であげたワラビの他に、代表的なものとしてアサガオやスズラン、スイセンなどです。猫がそれらを積極的に食べることはあまりないと思いますが、誤飲・誤食の可能性を考えて、猫のそばへは置かないようにしましょう。

スポンサーリンク

与えるべきキャットフードとは?

cat-1088899_640

現在さまざまな種類のキャットフードが販売されていますが、安価なものは原材料に猫にとって不必要な添加物だったり、適さない原材料が使用されていたりする場合があります。

プレミアムフードと呼ばれる外国産のキャットフードが高いのは、日本に比べて安全の基準が高く、高品質な食材を使用しているためです。もちろん一般的に売られているキャットフードを与えていても、健康的に暮らしている猫もいますが、個体によっては下痢になったり、嘔吐がみられたりすることがあります。

逆に良質なフードを与えていれば、毛ヅヤや腸内環境の改善がみられるなどの効果も期待できます。できるだけ良いものを与えたいとお考えの方は、値段だけではなく原材料も気にかけるようにしてみてください。

原材料はパッケージの裏側に記載されており、含有量が多い順に並んでいます。良いキャットフード選びの基準は以下の通りです。

  • 主原料が動物性タンパク質
  • 余計な添加物(香料、着色料、保存料など)は含まない
  • 穀物が少ない

猫にもっとも必要な栄養は、動物性タンパク質(肉)です。チキンや魚肉が多く含まれていれば安心です。また食欲を増進させるための香料や、見た目を整えるための着色料は猫に不必要なものですので、そういった人工添加物を含まないものを選ぶと良いでしょう。

穀物については、小麦、大麦、玄米、とうもろこしなどと表記されています。これらの植物性タンパク質は安価のため、原材料のコストを下げるために使われることが多いのです。穀物は猫にとって消化が悪く、アレルギーの原因になる恐れもあります。そのため、今では穀物不使用のフードも販売されています。

とはいえ、穀物が含まれているから絶対にダメなのではなく、どのくらい含まれているかによって判断は変わるでしょう。どんなフードを選べばよいか迷った方は、上記の3つの基準を参考にしてみてください。

猫のエサはドッグフードでもいいの?

ドッグフードもキャットフードも見た目は同じような形状をしていますが、栄養バランスが全く違います。ドッグフードを与えていると、猫に必要な必須アミノ酸が不足してしまうので、必ず猫には猫の専用フードを与えるようにしましょう。

スポンサーリンク

異物

cat-1219037_640

猫が口にするものは、食べ物だけとは限りません。時には部屋の中にあるものを誤飲してしまう可能性もあります。

猫の誤飲しやすいアイテムを以下にまとめましたので、該当するものが室内に転がってないか注意してください。

  • ビニール
  • 毛糸、糸
  • ボタン
  • 輪ゴム
  • タバコ
  • ティッシュペーパー
  • コード・ケーブル
  • クリップ、安全ピン
  • タオル、布

上記の異物を誤飲してしまった場合、嘔吐や食欲不振、元気消失などの症状がみられます。異物を吐き出したり、便と一緒に排出されることもありますが、毛糸などは腸内でひっかかりやすいので要注意です。

目の前で異物を飲み込んでしまった場合はすぐに対処できますが、そうではない場合は気付きにくいため、口に入れやすい小さなものはきちんと保管しておきましょう。

スポンサーリンク

化学製品

medications-257344_640

私たちが日常的に使っている洗剤や消毒薬などにも気を付けなければいけません。積極的に食べようとする猫はあまりいないと思いますが、好奇心旺盛な猫はうっかり舐めてしまうこともあるでしょうし、被毛についた薬品をグルーミング時に舐めてしまう可能性も考えられるでしょう。

殺虫剤や、除草剤、人間の錠剤や化粧品など、猫が口にしてしまうと中毒を起こしてしまう危険な製品がたくさんあります。猫が誤って口にしてしまわないよう、取扱いと保管には十分な注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

british-shorthair-2230854_640

猫に食べてはいけないものについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

改めて調べてみると猫にとって有害なものが多くあることがわかりました。与えるつもりはなくても、目を離した隙に猫が食べてしまっていたというのが最も怖いパターンですよね。部屋の中で猫を自由にさせている方がほとんどだと思いますので、猫を危険なものから遠ざけるよう、飼育環境を整えていきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です