猫の抜け毛が多いのはなぜ?抜け毛の多い時期や適切なお手入れ法紹介!

室内で猫を飼っている飼い主んさんの悩みとして多いのは、愛猫の「抜け毛」ではないでしょうか。

猫がいた場所には抜け毛がびっしり、猫がジャンプするたび、舞い散る被毛などな服が毛だらけなど、猫はなぜこんなに毛が抜けるのでしょうか。

猫の毛が抜ける理由や、抜け毛の多い時期、適切な抜け毛対策法について紹介します。

スポンサーリンク

1年に2回の換毛期(かんもうき)

cat-hair01

猫には、1年に2度、換毛期(かんもうき)と呼ばれる期間があり、この時期は普段とはけた違いに被毛が抜けます。

換毛期(かんもうき)とは?

換毛期(かんもうき)とは、1年に2回、春の終わりと秋の終わりにあり、人間でいう衣替えのように、被毛が生え変わる期間を指します。

猫の被毛は、上毛と下毛の2種類に分類されます。上毛は皮膚の外側の被毛のことで、外傷や日差しなどから身を守る役割があります。

下毛は皮膚側に生えてい、ふわふわした被毛で、体温調節の役割があります。換毛期には、主にこの下毛が生え変わります。冬場には増え、夏前には多く抜けることで、寒暖から体を守ります。

長毛種・短毛種とは?

猫には長毛種と短毛種が存在し、長毛種のほうが抜け毛が多く、念入りなお手入れが必要になります。ここでは、長毛種と短毛種の主な種類を見ていきましょう。

短毛種の猫

  • アメリカンショートヘア
  • シャム
  • スコティッシュホールド
  • マンチカン
  • ロシアンブルー

など

長毛種の猫

  • ペルシャ
  • スコティッシュホールド
  • ヒマラヤン
  • メインクーン
  • マンチカン

など

※同じ種類であっても短毛、長毛の種類がある猫種も存在します。

どうしても抜け毛が気になる方におすすめな猫種

どうしても猫の抜け毛が体質に合わない。そんな猫の方におすすめの猫種は以下の種類などです。

  • スフィンクス
  • バンビーノ
  • ピーターボールド

これらの猫種の最大の特徴は、被毛が存在しないことです。そのため、喘息や鼻炎、アレルギー体質のある方でも飼いやすく、ひそかに人気を集めています。

被毛が存在しないため、抜け毛の心配はありませんが、ほかの猫よりも入念な寒さ対策や、皮膚のお手入れが必要になります。

スポンサーリンク

換毛期中のケア

cat-hair03

換毛期中は、普段以上の抜け毛ケアが必要になることはもちろんですが、体力の消耗など体に負担もかかるため、適切なケアが必要です。

キャットフードの見直し

この時期は、特に体力を消耗するため、キャットフードの見直しも必要です。

  • 動物性タンパク質(肉)を主原料として使用しているもの
  • 食物繊維が多く配合されているもの

換毛期には、多くのエネルギーや適度な脂質を必要とします。そのため、主原料には穀物などの植物性タンパク質ではなく、肉や魚の動物性タンパク質を使用したフードがおすすめです。特に、新鮮な肉を原材料の多くに使用しているフードが良いでしょう。

また、猫は自分でも抜け毛を舐めとるグルーミングをします。飲み込んだ被毛がうまく排出されないと、毛玉が腸内に溜まってしまう毛球症(もうきゅうしょう)という病気のリスクが高まるため、毛玉ケア用のフードを始め、食物繊維が多く含まれたフードをおすすめします。

ブラッシング

換毛期の抜け毛ケアに、ブラッシングは欠かせません。最低でも1日に1度は行うようにしましょう。特に長毛種は抜ける量が多いため、短毛種よりも頻繁なブラッシングが必要になります。

ブラッシングは子ネコのときから習慣づけておくと、嫌がりにくくなります。ブラッシングをすることで、毛が抜が飛び散る前に処理することができます。

ブラシには種類があり、種類により使用用途も異なります。目的に合った種類のブラシを選び、使い分けることが必要です。

ブラシの種類

ツヤだしブラシ

被毛のほこりをとり、ツヤを出すことが目的です。抜け毛には、あまり効果はありません。

スリッカー

アンダーコートと呼ばれる下毛を刈り取るもので、抜け毛を取るのに適しています。しかし、先がとがっているため、皮膚を傷つけないよう注意が必要です。

コーム

毛並みを整えるためのものです。抜け毛を取るのには適していませんが、最後のの仕上げにコームを使い、毛並みを整えてあげると良いでしょう。

ピンブラシ

先端が丸くなっており、猫の皮膚に優しい作りです。抜け毛をとるよりは、マッサージの際に効果的です。

ラバーブラシ

柔らかく、抜け毛がよく取れます。マッサージ効果もあり、価格も安く手に入りやすいことが特徴です。

ほかにも、電動式のブラシなどが販売されています。

シャンプー

シャンプーは抜け毛を一気に洗い流すことができるため、おすすめです。しかし、猫の中には被毛が濡れることを嫌がる子もいますので、その場合には無理にせず、濡れたタオルで体を拭く、水の要らないドライシャンプーなどを利用しましょう。

また、特に換毛期の時期には、プロのトリマーさんにお願いすることもおすすめです。

こちらの記事も参考にしてください。

猫のシャンプーの必要性について。仕方、頻度、いつからかを徹底解説!

現役トリマーが猫のグルーミング、トリミングの必要性、頻度、料金等の疑問を解決!

スポンサーリンク

こんな場合は病気が原因かも!?

cat-hair02

猫は普段から被毛が抜けやすく、換毛期には特には抜け毛が増えますが、中には症状に抜け毛が伴う疾患も存在します。

ここでは、抜け毛がある場合に考えられる疾患を紹介します。症状に心当たりがある場合には、動物病院を受診してください。

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

主に顔の周りの毛が、円形状に脱毛します。ほかにも脱毛部の赤みやかゆみなどがみられます。真菌というカビが原因です。

食事性アレルギー

猫には、特定の食材にアレルギーを持つ体質のものが多く、アレルギー症状は主に皮膚現れます。毛が薄くなる、脱毛する、幹部が赤くなるかゆみなどが現れます。

特にアレルギーになりやすい材料には、

  • ある種の肉(鶏肉、牛肉など)
  • 穀物(トウモロコシ、小麦、米など)
  • 人工添加物
  • 副産物(ミート・ミール、動物性油脂)

などがあげられます。

過剰グルーミング

猫はストレスを感じると、同じ部分を執拗に舐めまわす行為が見られます。幹部の被毛は抜け落ち、皮膚は出血が見られるまで自傷を続ける場合もあります。

また、過剰グルーミングとは対照的に、同じストレス性の症状でも、全くグルーミングをしなくなる場合もあります。その場合は、よだれを垂らしたり食欲低下、性格の凶暴化などが見られます。

アトピー性皮膚炎

ハウスダスト、花粉、カビなどの吸引、接触により発症します。顔や耳の強いかゆみにより、自分で毛をなめて抜いてしまうなどの症状が現れます。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミに対する過敏症が原因です。ノミアレルギー性皮膚炎の場合は、少数のノミの寄生でも発症します。

症状としては、背中からお尻にかけての脱毛、かゆみが見られます。日頃からノミがいないかをチェックするほか、ノミに寄生された場合には、ブラッシングで取り除くほか、動物病院から処方される駆除薬で卵、幼虫を駆除することが大切です。

こちらの記事も参考にしてください。

猫のノミ駆除方法を伝授!首輪やシャンプーよりも画期的な駆除薬について!

スポンサーリンク

猫用抜け毛ケアグッズ紹介!

cat-hair05

実際に猫の抜け対策グッズには、どのような商品が人気なのでしょう。ここでは、猫の抜け毛対策グッズを紹介します。

ファーミネーター 小型猫 S

電動のブラシです。技術特許取得済みのステンレススチールでアンダーコートを画期的に取り除きます。抜け毛の処理のほか、毛玉を防ぐ効果もあります。

価格

4,080円(税込み) (短毛種用) ※Amazon

出典:Amazon

アイリスオーヤマ 簡単抜け毛取りクリーナー

粘着テープを使用しないので、消耗品がでず経済的に使用できるコロコロです。衣類や家具に付着した抜け毛を効果的に取り除きます。

価格

971円(税込み) ※Amazon

出典:Amazon

ペット ブラシ 手袋 グローブ

手袋型になっているラバーブラシです。手に持つブラシとは異なり、手袋のように手にはめて撫でるだけで、抜け毛を画期的に取り除く効果が期待できます。

抜け毛の処理だけでなく、撫でることによりスキンシップを深めることや、皮膚のマッサージを行うことが可能です。

価格

699円(税込み) ※Amazon

出典:Amazon

スポンサーリンク

まとめ

cat-hair04

猫には被毛の短い短毛種と、被毛の長い長毛種があり、長毛種のほうが抜け毛が多く必要なケアも多くなります。

年に2度、春と秋の終わりに換毛期(かんもうき)と呼ばれる時期があり、被毛が生え変わるため、この時期は抜け毛が非常に多くなります。換毛期中には、

  • 動物性タンパク質(肉や魚)を主原料としているもの、食物繊維を多く含んだフードを与える
  • ブラッシングを念入りにする
  • シャンプーをする

といった、ケアが必要になります。また、抜け毛のほかに、かゆみがあることや体の一部分だけが抜けるといった場合には、なんらかの疾患が原因の場合があります。

猫を飼う以上、抜け毛が全くない環境で生活することは不可能ですが、日頃の適切なお手入れにより、抜け毛を軽減させることや、巻き散る前に排除することが可能です。

便利な抜け毛対策用のグッズも多く販売されていますので、それらをうまく利用するなどして、愛猫の被毛とうまく付き合っていくことが大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です