猫の目やにが気になる!原因と知っておいてほしい病気、取り方の方法のついて

猫の目頭についている黒い塊のようなもの。そう、それは目やにです。気付いた時に取り除いてあげても、翌日見たらまた目やにが出ているなんていうこともしょっちゅうですよね。

猫は犬と比べて目やにの問題が多い動物といわれています。繰り返し目やにが出ていても、その都度取ってあげれば問題ない…と思うかもしれませんが、目やににも色々な原因があるのです。もしかしたら目の病気にかかっている場合もあります。

なぜ目やにはでるのでしょうか?目やにが出ないようなケアはあるのでしょうか?そこで今回は、猫の目やにについて調べてみました。

猫の目やにをどうにかしたい!と思っている方はこちらの記事を参考になさってください。目やにの原因から、正しいケアの方法など、わかりやすくお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 そもそも目やにって何?

IMG_5497

目やにとは、目から出る分泌物のことです。私たち人間の目にも目やにが出ていることがありますが、ほとんどが目の代謝活動によるもので、目の中に入り込んだゴミやほこり、古い角質などの老廃物が目やにになります。

目やには通常、まばたきをすることで涙とともに鼻から喉へ流れていきます。朝起きた時、目頭や目尻についている目やには、この代謝活動によるものです。

スポンサーリンク

 どうして目やにが出るの?

cat-2437961_640

目やにが出る理由としてはおおまかに2つ挙げられます。

  1. 目の代謝活動によるもの
  2. 細菌やウイルスに対する免疫反応

目の代謝活動は上記でも書いたように、目の正常な機能ですので問題はありません。しかし目やにの量や色、状態によっては何かしらの異常が考えられます。

スポンサーリンク

 まずは目やにを確認

どちらの目から出ているか

目やにが片一方の目から出ているときは、代謝や外傷による目やにが多いです。また両目から出ている場合は、細菌やウイルス感染の可能性があります。

目やにの色は、原因を見極めるために重要なポイントの1つです。色によって異常か正常かを判断する基準になります。詳しくは下記で説明します。

目やに以外の異常

感染症による目やにの場合、目やに以外の症状が表れることがあります。目やにを見つけた時には、他に変わったところはないか猫の体をチェックしてください。特に目の様子を確認し、白目が充血していないか、瞳が濁っていないかなどを調べ、もし異常が見られるようなら動物病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク

目やにの原因を色別で解説

次に目やにの色で原因を探っていきます。

黒、茶、赤褐色

カサカサに乾燥していたり、少し湿っているような目やには、目の新陳代謝による老廃物なので、問題はありません。

黄、緑、白

ネバネバした目やにだった場合、細菌感染を疑ってください。感染症にかかると涙に膿が混ざるため、正常な色とは明らかに異なります。

スポンサーリンク

目やにが出る病気

cat-2306705_640

異常な目やにの色がわかったところで、具体的にどんな病気が考えられるのかを見ていきましょう。

角膜炎、角膜潰瘍

細菌やウイルス、真菌の感染や、ケンカなどによる物理的刺激が原因になります。猫ではヘルペスウィルスの感染が殆どで、角膜の一部が欠損する角膜潰瘍も、ヘルペスウィルスと細菌の混合感染によって起こることが多いです。

主な症状として、涙が出る、まぶしがる、粘液性の目やに、眼瞼けいれん、結膜炎があげられます。

結膜炎

結膜が炎症を起こす病気です。疼痛、充血、涙が出る、目やになどの症状がみられるようになります。ウィルス性の呼吸器疾患が原因で起こることも多いです。

ドライアイ(乾性角結膜炎)

猫の目は通常涙で膜が張られ、感染や異物から保護しています。しかし何かしらの理由で涙が出なくなると目の表面が乾き、まばたきをするたびに角膜や結膜に傷ができてしまいます。それらの傷が炎症を引き起こし、目やに以外にもさまざまな症状を引き起こします。

目をシパシパさせていたり、目の開きが悪いようであればドライアイの可能性があるかもしれません。

上部気道炎

鼻から咽頭までの鼻腔の炎症を指します。この病気の90%以上は猫ヘルペスウィルスと、猫カリシウィルスが原因です。

症状は、発熱、食欲不振、くしゃみ、鼻水、涙ではじまり、細菌の二次感染が起こると鼻水と涙が粘液膿性になり、鼻孔を詰まらせ、目やにで瞼が開かなくなります。猫ヘルペスウィルス感染は目の症状が多いのが特徴です。治療は、効果的な抗ウィルス薬がないため、点眼薬や食欲増進、二次感染の予防に抗生物質などを投与します。

 猫ウィルス性鼻気管炎

鼻水やくしゃみ、咳など人の風邪と同じような症状が出ることから、猫風邪とも呼ばれています。これはヘルペスウィルスの感染によって起こる、呼吸器系の病気です。

症状の1つとして結膜炎があり、目やにが出るようになります。結膜炎は酷くなると角膜炎や角膜潰瘍へと進行し、最悪失明する恐れもあるため、猫風邪だからといって決して侮れません。目やには緑がかった黄色や白色で、両目から出ることが多いです。

1歳以上の猫が発病することが多く、子猫は免疫系が未発達で抵抗力も弱いために、そのまま肺炎を起こして死亡する例もあります。猫風邪を起こす病原体は他にも、猫カリシウィルスや猫クラミジアなどがあり、ヘルペスウィルスとの混合感染もみられます。

もっとも注意するべきなのは、感染力が非常に強いウィルスという点です。複数猫を飼育している場合、他の健康な猫に病気を移してしまうことがあります。1匹の飼育であっても、飼い主がウィルスを運んでしまう可能性もあるので、他の猫と接した場合は手を洗うなどの予防が必要となります。

この病気にはワクチン接種があるため、定期的に予防しておいた方が良いでしょう。

こちらの記事も参照してください。

猫風邪って何?原因と予防法、症状例について。

猫クラミジア感染症

クラミジアという細菌によって、結膜炎や鼻炎などが起こります。感染後、片目の炎症からはじまり、ヘルペスウィルスよりもネバネバした粘着性のある目やにが出るようです。目やにの色は黄色や黄緑、白で、子猫がかかりやすい病気です。

アレルギー

私たち人間もいろいろなアレルギーに悩まされることがありますが、猫にもアレルギーがあるのを知っていましたか?

猫のアレルギーにもさまざまで、人間と同じく花粉症やハウスダストが原因になる時もあります。アレルギーの場合、ウィルスや細菌感染とは違って、サラサラした透明な涙が多くでます。涙の量が増えるので目の周囲が汚れやすく、目やにが溜まってしまうのです。

目やにの色は赤や黒、茶色などで、代謝による目やにと見分けがつきにくいかもしれません。頻繁に目やにが出るようであれば何かしらの原因を疑い、動物病院に相談してください。

スポンサーリンク

 キャットフードが原因?

hafuhafu9V9A9746_TP_V

フードが原因で目やにが止まらないという情報を目にすることがあります。これは普段食べているフードに、猫のアレルゲンが含まれているという考えがあるようです。

キャットフードに使用されている原材料には、アレルギーの原因になりうる穀物が含まれていることがあります。スーパーなどで安価に入手できるフードの大半は、穀物が主原料として使われており、猫本来の栄養バランスには適さないという意見もあります。

フードと目やにの因果関係ははっきりとわかっていませんが、良質な食材を使用したフードを食べれば体内環境が改善され、目やにの軽減に繋がるとも考えられます。

病気にかかっているわけでもないのに、目やにが止まらないという場合には、思いきってフードを変えてみるのも方法かもしれません。実際、フードを変えたことで目やにが改善されたという話もあります。

目やにを改善させるフードとは?

実際、原材料の何が目やにの原因になるのかを特定するのは難しいです。フードを変える人は、今まで使用していた原材料とは違うものを選んでいるようですが、1つ1つ見比べていくのも正直手間がかかります。

フード選びの基準は、猫にとって必要な栄養がしっかり含まれていて、猫に必要のない材料は含まないことです。シンプルですがこれが1番だと思います。

猫は元来肉食動物ですので、動物性たんぱく質を豊富に含んだフードを選ぶと良いでしょう。またアレルギーの原因として危惧されている穀物を使っていないフードもあります。ほかにも着色料や防腐剤、香料などの添加物も猫の体にはあまり良くありません。

良質なフードは値が張りますが、猫の健康を考えて作られたものが多いので、目やに改善以外の効果も期待できそうです。

スポンサーリンク

目やにがでやすい品種?

himalayan-2316115_640

ペルシャやヒマラヤンなど、鼻の低い猫は構造上、涙が多く出やすい品種です。鼻涙管の角度の異常で涙が鼻へ流れず、目から流れ続けることで目の周りが汚れてしまいます。

目の周りが湿っていると細菌の温床になりやすく、涙やけといって目の周りが茶色く変色してしまうこともあります。涙や目やにをそのままにしておくと、目の病気に繋がる危険もありますので、顔の平らな猫は目の周りを清潔に保つ必要があります。

スポンサーリンク

目やにの取り方

cotton-swabs-610613_640

目の周りをきれいにしておくのは大切ですが、指で無理やり取ろうとすれば、逆に目を傷つけてしまう恐れもあります。そうならないためにも、目やにのケアは正しく丁寧に行うことが大切です。

方法

目やにが固まっているとなかなか取れにくいので、ガーゼやめんぼう、コットンなどを水で濡らしてから優しく拭き取ってください。

また目の周りを洗浄するものとして、ホウ酸水があります。ホウ酸は薬局などで市販されていますが、使用上の注意をよく読んでから使いましょう。

病院で処方された点眼薬がある場合、点眼する前に目を洗浄しておくことで、薬の効果が高まります。その他、市販されている目やに取りシートを利用する方法もあります。その時は無香料やノンアルコールのものを選ぶようにしてください。

また使用したガーゼやシートは感染症にかかっている場合、細菌やウィルスが付着することがありますので、他の猫に使わないようにしてくださいね。

目やにをとらせてくれない!

猫が嫌がって目やにを取らせてくれない場合、力任せに取ろうとすればお互いに怪我をする可能性もありますし、猫がストレスや恐怖を覚えるようになってしまいます。

目の手入れは、爪きりやブラッシングなどと同じようにグルーミングの1つです。そのため小さい頃から顔に触れることに慣れさせておけば、大きくなった後も大人しくしてくれていることが多いです。

まずは根気強く慣れさせましょう。猫が気持ちいいと感じる場所(耳の裏など)を触り、猫がリラックスしている間に、手入れを済ませるようにすると良いと思います。

日頃から顔をマッサージをするなど、触れる機会を増やしておけば、徐々に抵抗が薄れていくでしょう。また手入れ後においしいおやつをご褒美としてあげれば、猫のストレスも緩和されるのではないでしょうか。

こちらの記事も参照してください。

猫の毛づくろい(グルーミング)する5つの理由と3つの注意点について。

まとめ

IMG_5628

今回は猫の目やにについて調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

目やにといっても正常な新陳代謝によるものや、病気によるものなど、多くの原因が考えられることがわかりました。ふと猫の顔を見たときに何気なくついている目やにですが、まずは色や状態を確認して、異常が感じられる場合は動物病院へ相談するといった方法が良いでしょう。

生理的にあらわれる目やにであっても、目の周りを清潔に保つことは重要です。今日からはぜひ、爪切りや耳掃除などと同様に、目の周りのケアも心掛けてみてくださいね。

こちらの記事も参考にしてください!

猫の耳掃除の必要性と4つの方法と注意点について

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です