愛猫のキュートな目を守りたい!飼い主さんが知っておきたい、猫の目の病状、治療法、予防法について。

cat-1045782__340

とても大切な愛猫ちゃんの目。猫の瞳は見ていても本当に美しく、ついつい吸い込まれそうになりますよね。その猫の目も、時には様々なトラブルが出てしまい病気になってしまうこともあります。もちろん、トラブルが出たらすぐに獣医師さんに見せて処置をして頂くことが大切となってきますが、発見が遅れて視力が低下してしまったり失明しては手遅れです。今回は、そんな美しい猫の目の病気についてのいろいろな病状や治療法をはじめ、予防法などもあわせてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

あれ?なんだかいつもと目が違う気がする!

cat-2532550__340

猫の目のトラブルは様々な原因で引き起こされますが、まず、症状としてすぐにわかりやすくでるものは以下の症状です。

【充血】

【涙がよく出る】

【目をしばしばさせる】

【目を気にしている様子が見られる】

【物にぶつかって歩いている(見えていない?)】

もし、このような症状が出ていたら、すぐに獣医師さんに見せることをおすすめします。『少し放っておいて様子を見ていたら自然と治るんじゃないの?』と思っている飼い主さんも多いかと思いますが、猫の目の病気には実は何らかの体の不調があるために目にも症状が出てしまっている・・というケースもあるのです。

細菌やウィルスによる感染症にかかってしまった場合や体調不良によっても目に何らかの症状が出たりしますので自己判断せずに動物病院で診察してもらいましょう。とにかく「あれ?なんだかいつも見ている目とは違うな」と感じることが猫の目の病気や体調不良の早期発見の第一歩となります。

スポンサーリンク

猫の色々な目の病気ってあるけど、どんな病気があるの?

animal-17545__340

猫の目の病気には実に様々物があげられますが今回は代表的な目の眼病をお話ししていきたいと思います。

結膜炎

目が赤く充血している時に(特に白目の部分が赤く充血している)結膜炎の症状が出ているかもしれません。原因はホコリや異物などの刺激、また何らかの感染症にかかってしまっていることなどがあげられます。結膜炎になってしまうと、白めの充血だけではなく、涙目になってしまったり、目やにが多く出たり、目の周りに刺激が出てかゆみや腫れが出てしまったりという症状が出てしまいます。

感染症から結膜炎の症状が出ている場合は、鼻水や発熱を伴っていたり、元気がなく、食欲もなかったりという症状が現れていることもありますので少しでも早く獣医師のところへ連れて行くようにして下さい。

結膜炎は点眼や内服薬の投与が基本的な治療で行われます。ウィルスや細菌感染の場合は、それらの治療も同時に行われます。

角膜炎

結膜炎同様、目の充血、特にこちらは白目ではなく、黒目の方の充血時に角膜炎の症状が出ているかもしれません。角膜炎は、目を引っ掻いてしまったりして角膜に傷がついてしまい炎症が起きてしまうことおこります。ホコリや真菌、ウィルス感染などが原因で目を強くこすったりしてしまうと角膜炎になりやすいです。

角膜炎になると、光をまぶしがったり涙目になったり、痒がる、痛がるなどという症状が現れてきますので症状の悪化を防ぐためにも早目の治療を開始するようにしてください。

基本的な角膜炎の治療法は点眼をはじめ、内服薬の投与、また場合によっては角膜に穴が開いてしまったなど重症化している際は外科的手術を行うこともあります。

ウィルスや感染症から来ている場合は、それらの治療も角膜炎の治療と一緒に行われていきます。

白内障

目の水晶体が白く濁ってきたら白内障が疑われます。白内障になると目の視覚がどんどん低下していってしまいます。白内障は先天性のものや後天性のものがあります。もちろん老化でだんだん水晶体が白く濁ってきてしまうということもあります。

後天性の白内障は、糖尿病疾患や外傷からくることが多いですし、緑内障やブドウ膜炎が原因で白内障になってしまうというケースもあります。白内障は進行してくると生活にかなり支障が出てきてしまうので点眼治療をはじめ、手術をして治すというケースもありますので、目の白濁がみられるようになったらすぐに動物病院を受診してください。今では眼科専門医がいる動物病院もありますので、眼科専門医のいる動物病院を受診してみるのも良いでしょう。

緑内障

緑内障は急性の緑内障と慢性の緑内障が存在します。急性緑内障にかかってしまうと、食欲不振や嘔吐の症状がでたり、また強い目の痛みから、触られることを嫌がるようになります。急激な眼圧の上昇から目の色が変色したり、光をまぶしがる様子が見られたりすることもあります。とにかく眼圧を下げることが大切となってくるので早期発見、早期治療がとても大切な目の病気となってきます。

慢性緑内障の場合は急性緑内障がそのまま慢性化してしまったことが原因でなってしまう場合と、徐々に少しずつ眼圧が高くなって行って発症してしまう場合があります。眼球は次第に大きくなっていき、激しい痛みと共に視神経が圧迫され失明などの障害が起こってくることがあります。

緑内障になると基本的には眼圧を下げ、視覚障害の進行を抑えつつ、痛みをとるための治療法が行われます。内服薬を飲んだり、点眼薬で眼圧を下げてたり、進行を抑えたり、痛みをとって行きます。もちろん、場合によっては外科手術を行うこともあります。

緑内障により視力を失ってしまっても、それでもなお痛みが発生することがあります。どうしても痛みが抑えられない場合は眼球摘出をして義眼挿入をする手術を行う場合もあります。

スポンサーリンク

猫の眼病予防法ってあるのかな?

cat-2479772__340

今回は代表的な猫の目の病気についてお話ししていますが、もちろん、それ以外の猫の目の病気はあります。とにもかくにも猫の目の眼病予防法があれば、知っておきたいとは思いませんか?ということで、猫の目の眼病予防法をお話していこうと思います。

ワクチン接種はできていますか?

やはり様々な眼病を予防していく近道の1つに定期的なワクチン接種が有効となってきます。ワクチンを定期的に接種しているとウィルスや細菌からのリスクに守られる率が高くなりますので眼病予防のためにもまた、その他の病気を発症させないためにもぜひワクチン接種を行うようにしてあげてください。勿論ワクチン接種を行いと共に健康診断も忘れずにしてあげてください。

室内飼いですか?

猫を飼育する環境は様々だと思いますが、やはり、一番安全で、色々なリスクから守られるのは室内飼いに限ります。ウィルス感染や細菌感染、また『何らかの病気を持っているかもしれない』と考えられる知らない猫とのケンカなどをさけることができます。もちろん、病気を持ちこまない、目を傷つけないという意味で眼病予防にもつながってきますので、室内飼いは予防策の1つといえます。

手や衣服の消毒はちゃんとできていますか?

実はこの事項はとても大切なこととなってきます。1匹だけで猫を飼っていればそれほど神経質にはならなくても大丈夫かと思われますが、多頭飼いの場合や、他の猫ちゃんを触ったあとは手や衣服の消毒ができているかいないかで、眼病予防(病気の予防)ができるかどうかにかかわってきます。というのも、やはり目の見えないウィルス感染が飼い主を媒介して行われてしまう可能性があるからなのです。とにかく猫をはじめ、動物を触った場合は必ず目に見えないウィルス感染が行われないためにも手をしっかりと洗い、できれば衣服の消毒も行うことをしてみましょう。

栄養状態はどうですか?

眼病予防と栄養状態って一体何がどう関係しているのかしら?って思いますよね。近年ではキャットフードの栄養バランスが大変良いものとなってきたので、あまり栄養状態が悪くて目の病気が発症するなどということは少なくなってきているとのことですが、赤ちゃんの時の栄養の状態があまり良くなかった場合に限り、白内障などの疾患が現れることがあるそうです。ですから、小さいころからの栄養管理は眼病予防だけではなく、健康な体を作るためにも大切なこととなってきます。

スポンサーリンク

まとめ

cat-2369169__340

今回は「知っておきたい!猫の目の病気のいろいろ」ということでお話しさせていただきましたがいかがだったでしょうか?猫の目の病気はホコリや様々な外部刺激をはじめ、ウィルス感染や真菌などから感染したり先天性のものがあったりと、わかって頂けたかと思います。毎日の生活の中で愛猫ちゃんのグルーミングをする時や遊ぶときなど、よく目の様子を見てみてください。『涙が多いかな?』『なんか目が赤くないかな?』『あれ?なんだかまばたきが多い気がするかも・・・』そんな些細なことが重要な目のトラブルのサインかもしれません。ぜひ目のトラブルのサインを見逃さないように日々のケアの時間を大切にしてあげてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です