猫風邪って何?原因と予防法、症状例について。

猫も風邪をひくの?

と疑問に思ったことはありませんか?

「猫風邪」という言葉がありますが、実際には人の風邪と同じような症状がでる病気のことを指します。

風邪に似た猫の病気はさまざまありますが、具体的にどんな原因で、どうすれば治るのか…など気になることが沢山ありますよね。

そこで今回は猫風邪と呼ばれる病気について、詳しく解説していきたいと思います。

「最近猫が涙や鼻水を流している」

「せきやくしゃみをしているけど大丈夫?」

といった心配事をお持ちの方は、こちらの記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

猫風邪の症状

kitten-2099333_640

まずは具体的に症状をみていきましょう。

  • 目やに・涙が出る
  • 鼻水・くしゃみをする
  • せきをする
  • 熱がある
  • 呼吸が荒い

猫風邪と呼ばれるものには、主に上記のような症状がみられます。

これらはウイルスなどの病原体が体内に入り込むことで発症します。症状を見て、「ただの風邪だから」と、甘く見てはいけません。中には感染力の高い病気もあり、多頭飼育をしている家では他の健康な猫に移してしまう可能性があります。

まずはどのような症状が出ているかをチェックし、その情報を獣医師に伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

猫風邪と呼ばれる病気の正体

cat-1593073_640

それでは具体的に「猫風邪」と呼ばれる病気にはどんなものがあるのかを説明していきます。

猫ウイルス性鼻気管炎

症状:鼻水、くしゃみ、せき、40度前後の発熱、口呼吸、結膜炎

原因:ヘルペスウイルス

1歳以下の子猫に多く見られる疾患です。とくに若すぎる子猫は免疫力が低く、体の抵抗性弱いため、処置が遅れると肺炎をおこして死亡することもあるので要注意です。

また、妊娠している猫は死亡や流産の原因にもなります。

原因はヘルペスウイルスですが、これは栄養不足、ストレス、体が冷えるなどから、病原体を増殖させ、風邪の症状を誘発します。ヘルペスと聞くと口周りにできものが出来るイメージがありますよね。猫も口の中に潰瘍ができる場合もありますが、あまり多くはありません。

目や鼻からの分泌液や唾液で感染することが多いため、症状の出ている猫を触る時には他の猫に移さないようにしなければなりません。涙や鼻水が多いので、顔が汚れたように見えるのが特徴です。

症状に結膜炎がありますが、これが悪化すると角膜炎、角膜潰瘍と進行して最悪失明のおそれもでてきます。

治療:ウイルスを直接排除する薬はないので、原因ではなく症状を軽減させる対症療法を行います。具体的には脱水防止、抗生物質による二次感染防止、あとは支持療法として栄養補給などが必要になります。

猫カリシウイルス感染症

症状:発熱、食欲不振、元気消失、鼻水、涙、涎

原因:カリシウイルス

猫ウイルス性鼻気官炎と似ていますが、比較的症状は軽く、口腔内に潰瘍が多く見られるのが特徴です。そのため大量の涎が確認されることがあります。このウイルスに感染した猫の分泌液が口や鼻を介して移る直接感染が多いです。

しかしケージやエサの容器、衣服に分泌液が付着していた場合は、間接的に感染することもあるので、多頭飼育をしている家では食器類を塩素で消毒するなどの注意が必要です。

症状は1~2週間ほどで回復しますが、その後も長時間ウイルスを持ち続け、他の猫に感染する場合もあります。肺炎を起こすと死亡することもあるので、子猫や免疫力の下がっている猫、高齢猫は特に気を配った方が良いでしょう。

ただし成猫は、発症しても症状が軽かったり、感染しても発症しないこともあります。乾燥しているとウイルスの生存が長引くため、冬に多く見られる病気の1つです。

治療:ヘルペスウイルス同様、ウイルスに直接効く薬はありません。そのため対症療法が基本になります。

具体的に抗生物質による二次感染防止、インターフェロンの投与などです。このインターフェロンとは「サイトカイン」の一種で、免疫反応を促進させたり逆に抑制したり、免疫系の機能を調整する物質です。だいたい2週間ほどで回復します。

猫クラミジア症

症状:鼻水、くしゃみ、せき、結膜炎、目ヤニ、気管支炎

原因:細菌

クラミジアは細菌の一種で、感染するとまず目の異常が見られます。結膜炎が特徴で、症状は長時間続くことが多く、慢性化しやすいとされています。主に母猫から受け継いだ免疫力が弱まる、生後2か月から6か月の子猫に多い病気です。

この感染症の多くは、クラミジアに感染した猫と接触することで移る接触感染によるもので、猫ウイルス性鼻気官炎や猫カリシウイルス感染症と複合感染する場合が多いです。

上記で紹介した2つの病気同様、口や鼻から感染するので、やはり多頭飼育をしている家庭は気をつけなければいけません。

1度感染すると鼻腔の中にウイルスが残ります。保菌したまま何の症状もなく過ごしている猫もいますが、ほかの細菌やウイルス感染によって免疫力が低下すると発症(日和見感染)します。

治療:抗生物質の投与が有効です。症状が重い猫にはさらに点滴などをしますが、通常は2~6週間で治ります。

スポンサーリンク

人にも移るの?

cat-691175_640

猫ウイルス性鼻気官炎や猫カリシウイルス感染症は人に移ることはありません。ただしクラミジア種は、人獣共通感染症(動物から人に移る病気)の1つで、まれに人にも感染する場合があります。その場合、結膜炎を発症するとされています。

スポンサーリンク

猫風邪を予防するには

medical-350935_640

ワクチン接種を受けて予防します。産まれたばかりの子猫は母親からもらう抗体によって守られているので、その期間にワクチンを接種しても効果がありません。ワクチン接種は抗体が切れる生後1~2か月の間にはじめて行います。

いくつかのワクチンを組み合わせた混合ワクチンが主ですが、種類は獣医師と相談して決めるのが良いでしょう。

猫は、猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)・猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症に対する3つの混合ワクチンが一般的です。他にも猫白血病ウイルス感染症や、猫クラミジア症のワクチンもでてきています。

飼い主として出来ることは、手洗いや消毒をまめに行い、猫に使うケージや容器を清潔に保つなど衛生管理の徹底です。人には移らない病気でも衣服や手にウイルスが付着していれば、そのままウイルスを運んでしまうことになります。

飼育環境下での感染源をなくすため、日頃から予防に努めるようにしましょう。

こちらの記事も参考にしてください。

猫のワクチン接種の必要性について。時期、費用、種類、副作用まで一括まとめ!

スポンサーリンク

これって本当に風邪?症状別に解説!

cat-1151519_640

風邪のような症状でも、上記で説明した病気とは異なる場合もあります。

「せきはしているけど熱はない」
「鼻水はあるけどせきはある」

…など、これが本当に猫風邪なのかどうか迷うこともあるでしょう。そのため、症状別でみられる病気について調べてみました。いろいろと病気の可能性を探りたい方は、参考にしてみてください。

 目やに・涙が出る

ペルシャやヒマラヤンなどの短頭種(鼻が短い)は、目ヤニが多く出ます。

また猫同士のケンカやじゃれあいによって目に傷が出来るなどの外傷や、アレルギー性結膜炎、角膜炎などが考えられます。

涙や目ヤニをそのままにしていると皮膚炎を起こすことがあるので、ホウ酸水などでふき取って清潔に保ってください。

鼻水・くしゃみをする

アレルギー性鼻炎や、鼻の中に腫瘍ができることで鼻水やくしゃみが出ます。鼻水は色や粘度、血が混ざっていないかを確認してください。鼻血が出ていたり、顔が腫れていたりする時は、悪性腫瘍の恐れがあります。

 せきをする

くしゃみは嘔吐の仕草と似ているので、一見せきとはわかりにくいかもしれません。

せきが出る原因として多いのがぜんそくです。アレルギー症状を起こす原因物質を吸い込むことで気管支が収縮し、せきが出ます。また細菌性や真菌性の気管支炎の可能性もあります。

感染症による気管支炎は発熱をともなうので、熱が出ていないかを確認しましょう。その他、フィラリア症や肺腫瘍、急性咽頭炎などが考えられます。

熱がある

猫の平熱は人間よりも高めですので、普通に抱っこしていても温かいと感じると思います。そのため熱の有無を確かめるのは難しいので、体温計を使って測るほうが確実です。

発熱の主な原因は感染症によるものですが、他には関節炎や腫瘍なども考えられます。

免疫の弱い子猫が発熱した場合は要注意ですので、痩せていないか、元気はあるかなど、注意深く観察する必要があります。

 呼吸が荒い

「ゼエゼエ」と音がしたり、口を開けていたり、胸を使わずお腹だけで呼吸をしている時には、早期対応が重要です。

熱中症や、感染症、気管支炎、心筋症など…非常に多くの原因が考えられます。猫が苦しそうにしていたら、早めの受診をおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

friendship-2112623_640

猫風邪というと、人と同じ風邪のように捉えてしまいがちです。確かに症状は似ていますが、感染力の強さからあっという間にウイルスが伝染してしまう怖い病気です。

人間がインフルエンザの予防でマスクや手洗い、うがい、消毒などを行うように、猫たちも常に病気から守る態勢を整えていなければなりません。手洗いなどの予防や、ワクチン接種よりも効果的だと言われています。

細菌やウイルスは目に見えないものだからこそ十分に注意して、病気の予防・蔓延を防いでいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です