アメリカン・ショートヘアの特徴や性格を知って飼い方を学ぼう!アメリカン・ショートヘア大全!

「アメショー」の愛称で親しまれ、人懐こく陽気で可愛いアメリカン・ショートヘアは、常に人気ランキングの上位に位置し、世界中で愛されている大人気の猫です。
しかし、その昔はネズミなどの小動物を狩るための「ワーキングキャット」として飼われていました。
そのため運動能力や狩猟本能が非常に高く、動くものに対してはとても敏感に反応する猫です。

そんな興味深い歴史と特徴を持つアメリカン・ショートヘアについて、特徴や性格、飼い方やしつけまで本記事で詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアの特徴

筋肉質でたくましい体を持つアメショー

アメリカン・ショートヘアの一般的な体重は、オスが約4.0kg〜7.0kg、メスが3.0kg〜6.0kg程度で、体高よりも体長の方が長く、しっかりとした筋肉質な体と四肢を持っています。

外見は、丸い顔大きく幅の広いアーモンド型の目獲物を捕らえやすい長さと力強さのある顎先が少し細くなった立派な長い尾が特徴的です。

身を守るための厚い被毛と多彩な毛色

被毛は、密度が高く分厚い短毛で、寒さを凌ぎ、皮膚を守るために十分な役割を果たしています。

毛色は非常に多彩で、体全体に黒とシルバーの縞模様が入ったクラシックタビーが日本では一般的ですが、他にも三毛猫柄で3色のシルバーパッチドタビークリームと茶色の虎模様のレッドタビーホワイトブラックブラウンブルーレッドなど70色以上の豊富なバリエーションが認められており、ソリッドカラーバイカラーの個体も存在しています。

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアの性格

陽気で人見知りの少ないアメショー

アメリカン・ショートヘアの性格は、基本的に陽気人懐こく賢くて素直なため、飼いやすい種類の猫であると言えるでしょう。
人見知りが少なく、飼い主以外の人や猫に対しても仲良くできる社交性もあるため、多頭飼いはもちろんのこと、小さな子供がいる家庭でも安心して飼うことができます。

動くもの大好き!いまだ残る強い狩猟本能

もともとネズミ獲りをする役目の猫として飼われていたアメリカン・ショートヘアは、狩猟本能が強く好奇心旺盛運動能力も高いため、動くものに対してはとても敏感に反応します。
おもちゃのボールや猫じゃらしなどで遊ぶことが大好きですので、ストレスを溜めていたずら好きにならないよう、飼い主さんが適度に遊んであげると良いでしょう。

適度な距離感を保つようにしよう

昔から人と共に過ごしていたアメリカン・ショートヘアは、人間に対してとても優しくおおらかな性格の持ち主で、飼い主さんに対しても愛情深く甘えん坊な子も多いとされています。
しかし、自由奔放な性格を持つアメリカン・ショートヘアは、しつこく付きまとわれたり、必要以上に触られたり抱っこされることはあまり得意としていませんので、愛猫の性格に合わせて適度な距離感を保つようにしましょう。

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアの飼い方

アメショーの高い運動能力

アメリカン・ショートヘアは、活発運動能力が高く遊びも大好きなため、日々ストレスを溜めないよう運動させてあげることが大切です。
室内では、キャットタワーなどを設置して気軽に身体を動かすことができる環境を作ってあげるようにしましょう。
動くものにはすかさず反応するほどの運動神経の持ち主ですので、猫じゃらしなどのおもちゃで遊んであげるのもオススメです。

こちらの記事も参照してください。

猫の飼い方超入門編!準備に関する9つのポイントご紹介します!

肥満になりやすい体質

アメリカン・ショートヘアは筋肉質な体つきをしており、運動量の増加にともなって食欲も旺盛となります。
そのため、日々の食事管理はとても大切となります。
もともとやや太りやすい体質ですので、肥満に注意しながら日々適度な運動をさせ、食事量のコントロールを心がけましょう。

こちらの記事も参照してください。

猫のダイエットを成功させる3つの方法と3つの注意点!

抜け毛の多さはワーキングキャットの名残?

アメリカン・ショートヘアは、名前の通り短毛で、2層の被毛を持つダブルコートの猫種です。
かつて船や農村でねずみ捕りとして活躍していたアメリカン・ショートヘアは、暑い季節には被毛の量を減らして密度を少なくし、寒い季節には細く柔らかな被毛を増やしながら厳しい季節を乗り越えていました。
そのため、現在でも抜け毛が多いと言われています。

普段は、短毛ですので毎日1回程度のブラッシングで十分ですが、春と秋の換毛期にはより抜け毛が多くなるため、この時期はこまめなブラッシングを心がけましょう。

こちらの記事も参照してください。

現役トリマーが猫のグルーミング、トリミングの必要性、頻度、料金等の疑問を解決!

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアのしつけ

アメリカン・ショートヘアは、賢く素直な性格の持ち主ですので、しつけに困ることはほとんどないとされています。
無駄鳴きも少ないため、都会のマンションやアパートなどでも問題なく飼うことができる猫種でしょう。
ただし、運動量が豊富活発な猫ですので、子猫のうちからトイレのしつけはしっかり行うようにしましょう。
しつけを怠ると室内のあちこちで排泄をしてしまいかねません。

こちらの記事も参照してください。

猫の飼い方超入門編!しつけに関する6つのポイントご紹介します!

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアの病気

アメリカン・ショートヘアは、様々な猫と交雑してきた歴史を持っているため遺伝性の疾患が少なく体も頑丈で病気やケガをしにくいと言われています。
しかし、そんなアメリカン・ショートヘアにも気をつけておかなければいけない病気がいくつかあり、中でも肥満が原因で発症する以下の病気には注意が必要です。

糖尿病

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの量が減ったり、インスリンの抵抗性が高くなることによって、糖をエネルギーとしてうまく利用できなくなる病気です。
先天的な要因によって発症することが多いとされていますが、肥満ストレスからも発症することがあり、アメリカン・ショートヘアは食欲旺盛なため肥満になりやすく運動量が不足していても糖尿病のリスクが高まるとされています。

症状としては、多飲多尿が挙げられます。
また、元気が無くなったり、栄養の吸収力が低下してしまうため、それを補おうと食事の量が増えるものの体重は減少していきます

治療法としては、毎日のインスリン注射に加え、徹底的な食事のコントロールが必要となります。

こちらの記事も参照してください。

猫の糖尿病の原因と症状は?治療法と費用を徹底調査!

関節疾患

アメリカン・ショートヘアが太りやすいのは先述の通りですが、体重が増えすぎると糖尿病だけでなく、手や足の関節にも悪影響が及ぶことがあります。
肥満から関節に負担がかかりすぎると、関節にある軟骨がすり減って関節炎を引き起こす可能性があり、発症した場合は慢性的な痛みが続き、動いたり遊ぶことを嫌がるようになったり、足を引きずったり、触ることを極端に嫌がるようになることもあります。

治療法は、基本的に痛みや炎症を抑えるものが多く、発症しないように肥満を予防することや、病気を早期発見することが何より大切となります。

一般的に、猫には病気を隠す習性があると言われていますので、気づいた時に手遅れとなっていることがないよう、日々愛猫の行動を観察し、気になることがあれば早めに受診するようにしてください。

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアの寿命

アメリカン・ショートヘアの一般的な平均寿命は、約10〜13年程度で、一般的な猫の平均寿命とされる15年より少し短くなっています。
体は頑丈で、遺伝性の病気も少ないとされるアメリカン・ショートヘアですが、他の猫種に比べて食欲が旺盛で太りやすいため、肥満が原因となって病気になることがないよう日々の健康管理には十分に注意し、1日でも長く一緒に愛猫と暮らせるようにしましょう。

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアの購入相場

アメリカン・ショートヘアの一般的な購入価格は、約10〜15万円前後となっていますが、血統毛色、また購入する場所時期によって価格は変動します。

ペットタイプとショータイプ

アメリカン・ショートヘアは、キャットショーでチャンピオンを獲ったことがある親猫から生まれた子猫や、スタンダードに近い子猫の場合は、価格が高くなる傾向にあります。
基本的に、ペットショップで販売されている子猫はペットタイプと言われショー向きではありませんが、愛猫をショーに出してみたいと考えられる場合は、値段が高くなることを覚悟の上で、専門のブリーダーへ相談してみると良いでしょう。

毛色と目の色はしっかり確認しよう

アメリカン・ショートヘアに限らず、ホワイトカラーの猫は先天的に難聴である可能性が高いと言われています。
左右で目の色が異なるオッドアイなどの場合はさらにその確率が高くなるとされており、ホワイトカラーの個体は価格も抑えられていることが多いようです。
購入を検討する際には、毛色目の色をしっかりと確認した上で選ぶようにしましょう。

なお、アメリカン・ショートヘアで最も人気の毛色は、体全体に黒とシルバーの縞模様が入ったクラシックタビーで、こちらは他の毛色に比べてやや高くなっています。

スポンサーリンク

アメリカン・ショートヘアの歴史

アメリカン・ショートヘアは、およそ400年ほど前に、イギリスからアメリカへと渡った渡航船に持ち込まれた短毛の猫が起源であるとされています。

アメリカへ渡った当初は、ネズミなどの小動物退治のために飼われ、ワーキングキャットと呼ばれて農村などで活躍していましたが純血種の猫としての人気は今ひとつでした。
その後、頻繁に交雑が行われていたアメリカン・ショートヘアは、ペルシャ猫との交配が行われた後の1965年に「アメリカン・ショートヘア」と名付けられて以降は人気が高まり、「キャット・オブ・ザ・イヤー」を受賞するまでとなりました。

日本へは1980年以降に入ってきたとされており、異種交配が重ねられたことで出来た強健な体や人懐こい気質などが人気を集め、現在においても毎年人気ランキング上位に入るほどの人気の猫となっています。

まとめ

人見知りが少なく社交的で明るいアメリカン・ショートヘアは、鳴くことも少なく、賢くてしつけもしやすいため、都会暮らしや初心者の方でも安心して飼える猫です。
しかし、活発なアメリカン・ショートヘアの高い運動能力を持て余してしまうとストレスが溜まり、肥満になったり病気を引き起こしてしまうこともあります。

アメリカン・ショートヘアを飼おうとお考えの方は、愛猫と向き合える時間を作れるよう、しっかり環境を整えてからお迎えしてあげてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です