猫アレルギーの原因と症状は?飼う前に出来ることと飼った後の対策について

自然界にはハウスダストや花粉症など、アレルギー反応を起こすものが多くありますよね。ペットブームが起こり、猫を飼う人たちが増えていく中で、問題視されるようになったのが「猫アレルギー」です。

これは猫と接触することによって、アレルギー反応が現れ、くしゃみや鼻水などの症状を発症することを言います。

「猫を飼いたいけどアレルギーだから…」と、諦めてしまう方も多いようです。今回はそんな人に影響を及ぼす猫アレルギーについて取り上げます。

猫アレルギーの原因は何か?
猫を飼い始めた後に発症したら?

などなど、猫アレルギーに関する事柄をまとめましたので、詳しく知りたい方はご一読ください。

スポンサーリンク

猫アレルギーの原因

allergy-1738191_640

私たちの体には、体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物を退治しようとする「免疫」が備わっています。この「免疫」が特定の物質に過剰に反応してしまうと、いろいろな症状を引き起こします。これがアレルギーといわれるものです。

アレルギーになる物質を抗原、あるいはアレルゲンといいます。食べ物や花粉、ダニなど多くのアレルゲンがありますが、どのアレルゲンが反応するかは人によって異なります。

猫アレルギーの原因は主に、猫のフケや唾液、毛、尿にあるとされています。猫と接触したことで体内にアレルゲンが入り、アレルギー反応を起こすという状態です。しかしアレルギーにはまだわかっていないことが多いため、他にも原因がある可能性は十分にあります。

スポンサーリンク

アレルギーのでやすい猫?

cat-1996569_640

触れる猫によってアレルギーが軽い、重い場合があるようです。

体質によるものなので、症状の程度がどうかは接してみないとわかりませんが、短毛よりは長毛種のほうが苦手、という声を多く聞きます。長毛種は毛が長く、アレルゲンが付着しやすいのかもしれません。

またメス猫のほうがアレルゲンの分泌は少ないといわれています。オス猫であっても去勢を行うことでアレルゲンの分泌を抑えられるといいます。

スポンサーリンク

猫アレルギーの症状

desperate-2048905_640

猫アレルギーでみられる症状を、部位ごとにわけてみました。

  • 目の症状…腫れ、かゆみ、充血、涙
  • 鼻の症状…鼻づまり、鼻水、くしゃみ
  • のどの症状…咳、ひゅーひゅーという呼吸音
  • 皮膚の症状…かゆみ、発赤

これらの症状が現れた時、猫アレルギーを疑ってください。猫と直接触れ合わなくても、猫の毛が飛散している場所にいたり、誰かの服にアレルゲンとなる毛が付着していたりする場合にも、こうした症状が現れることがあります。

また、猫アレルギーの症状は軽度から重度まで人によって異なります。症状は風邪と似ていますが、酷くなると喘息を引き起こすことがあるので要注意です。世界的にみても猫アレルギーで死亡する人は少なくありません。

喘息で呼吸困難に陥ってしまうと死亡率は高まります。また小さな子供や高齢の家族がいる場合にも注意が必要です。もともと他のアレルギーを持っている人は、アレルゲン対して敏感なので、猫アレルギーにも反応してしまうことが多いようです。

猫アレルギーは治る?

猫アレルギーを完全に治す方法は、今のところありません。病院では対症療法といって、症状を軽減させる治療を行います。それ以外の対処法としては、アレルゲンに近づかないことです。

猫好きにはツライことかもしれませんが、無理して接触をすれば症状を悪化させてしまうことになります。しかし猫を飼い始めた矢先に猫アレルギーが判明してしまった場合、どうしたらいいか困ってしまいますよね。

そうならないために何が必要でしょうか?

スポンサーリンク

猫を飼う前に

diabetes-528678_640

まずは猫と一緒に住む人たちに猫アレルギーがないかを確認する必要があります。周りに猫がいない場合は、猫カフェやふれあい施設などで猫に触れる機会を作ってみてください。その時に体の異常が現れたら、猫アレルギーを疑うことができます。

また病院では血液検査で調べることができます。ほかにもパッチテストや吸入検査などありますので、病院と相談して決めるのが良いでしょう。検査費用は、保険適用外となるのでだいたい1万円くらいかかります。しかしすでに症状が出ている場合は保険が適用されるので、もう少し安価で検査を受けられます。

家族全員となると容易なことではありませんが、ぜひ検査することをおすすめします。なぜなら、なんとなく大丈夫だろうという甘い考えで猫を飼い始め、その後猫アレルギーを発症し、やむなく猫を手放す人たちが後を絶たないからです。

猫の譲渡を行っている動物愛護センターでは、譲渡時に「飼う人間に猫アレルギーがあるか」どうかを確認するところもあります。それは猫アレルギーが原因で猫を動物愛護センターや保健所に持ち込む人の多さを表しているように感じます。

不幸な猫たちを増やさないためにも、しっかりと猫を飼える状態にあるかを事前に確認することが重要です。

スポンサーリンク

猫アレルギーになってしまったら

cat-98360_640

猫を飼ってから猫アレルギーだと判明した場合、上記のように手放す人も多いでしょうが、どうしても自分で飼いたいと望む人もいます。症状があまりに重い場合は無理をせず、猫の引き取り手を探すのも1つの手です。

猫を手放すとき

間違っても猫を捨てることはしないでください。愛護動物の遺棄は犯罪で、100万円以下の罰金を科せられます。

なるべく自分の身の回りで飼ってくれる人がいないかを探し、どうしても見つからない場合は動物を保護している市民団体に相談すると良いでしょう。それが難しいようなら、保健所や動物愛護センターへ相談します。

譲渡事業を行っているからといって、すべての猫が譲渡に適していると判断されるわけではありません。保健所に引き取りを依頼することは、少なからず殺処分の可能性もあるということを念頭に置いた上で、決断してください。

アレルギーは慣れる?

初めはアレルギー症状が出ていたが、そのうちなくなったという人もいます。しかしすべての人に当てはまるわけではありませんし、慣れたとしても時間がかかることです。今は平気でもいつか症状が再発するおそれもあります。

そのため長く飼っていればアレルギーに慣れていく、とは言い切れないのが現状です。

スポンサーリンク

アレルギーを軽減させるには

やっぱり猫を飼いたい!と思う方のために、いくつかの対処法をあげてみましたので参考にしてください。

 部屋の掃除

アレルゲンとなる物質を部屋から取り除きましょう。といってもすべてを取り除くのは不可能に近いですよね。こまめに掃除機をかけ、アレルゲンが付着しやすいカーペットやカーテン、敷物を定期的に洗うなど、清潔を保つことが大切です。もちろん衣服に毛がついてしまった場合もきちんと払ってくださいね。

まめに掃除を行って、毛やフケなどをなるべく室内に残さないよう心がけましょう。

手洗い、うがいをする

猫と接触したら必ず手洗い、うがいを行うようにします。猫に触れるときはあまり口や鼻を近づけないよう、過度なスキンシップは控えてください。

また触れ合う時には毛が付着しにくい素材の服を選んだ方が良いでしょう。

 空気清浄器を利用する

空気中に漂うハウスダストや花粉症などのアレルゲンに対して、空気清浄器を使用する人は多くいますよね。さまざま種類が販売されていますが、ペット用の空気清浄器もあります。

どんなアレルゲン物質に対応しているかは、製品を調べると詳細を確認することができます。主にウイルスやダニ、カビ、花粉、ほこり、猫や犬のフケなどに対応しているところが多いようです。

空気清浄器を使ってから猫アレルギーの症状が軽減されたという意見もありますので、効果的が期待できるのではないでしょうか。

猫の部屋を仕切る

思いきって猫の生活できるスペースを区切ってしまう手段もあります。一人暮らしのスペースでは難しいかもしれませんが、一軒家で1つの部屋を猫用に使っている人もいます。

猫はずっと同じ場所にいるので、ストレスをかけてしまうのでは?と思うかもしれませんが、猫にとって快適な環境作りを行えば可能だと思います。

ただし一定の場所に住まわせると、運動量が足りなくなって肥満になる場合があるので、猫部屋を設ける際は、キャットタワーや上下移動ができる工夫をするなど、十分に運動ができるような配慮をした方が良いでしょう。

定期的にブラッシングを行う

ブラッシングは猫の手入れで、一般的にグルーミングと呼ばれています。

猫には換毛期といって季節ごとに毛が生え変わるため、抜け毛が大量に発生します。飼い主がブラッシングを行うことで、猫の毛は清潔に保たれますし、アレルゲンを取り払う意味でも効果的です。

症状がつらくてブラッシングができない場合は、体内にアレルゲンが入らないようメガネや手袋、マスクを着用して行うのも良いと思います。

 シャンプーをする

猫はもともとキレイ好きなので、自分で体をなめて被毛を清潔に保っていますが、状況に応じてシャンプーを必要とする場合があります。

猫にシャンプーをすることでアレルゲンを大幅に軽減できるとされています。シャンプーを行う目安は1週間に1回ほどです。しかし猫は体が濡れることを嫌う子が多いので、シャンプーが難しい個体もいます。

なるべく子猫のうちからシャンプーに慣れさせておけば、そこまで手がかかることはなくなるでしょう。どうしても自分でシャンプーが難しい場合は、思いきってトリマーに頼む方法もあります。

また、フケを除去するアレルゲンローションも販売されていますので、利用してみるのも良いでしょう。

こちらの記事も参考にしてください。

猫のシャンプーの必要性について。仕方、頻度、いつからかを徹底解説!

現役トリマーが猫のグルーミング、トリミングの必要性、頻度、料金等の疑問を解決!

猫の体質改善

猫の体から分泌されるホルモンに反応している場合もあるので、猫の体質を変えればアレルゲンを軽減できる可能性があります。

猫の体質改善にはフードの見直しが有効です。猫にとって必要な栄養素である肉や魚の高タンパク質を豊富に含み、穀物や添加物を含んでいないフードを選ぶと良いでしょう。

良質な高タンパク質を含んでいるものはプレミアムフードと呼ばれ、普通のスーパーなどではあまり見かけません。ほとんどが通販での取り扱いになり、ペット先進国で作られた海外産が多いです。

プレミアムフードに変えたことで、「毛ヅヤが良くなった」「お腹の調子が良くなった」などの意見があります。フードの切り替えを行えば、アレルギー症状が良くなるという保証はありませんが、試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク

まとめ

TSU170211-039_TP_V

猫アレルギーで悩む人のほとんどが、猫好きな人ではないかと思います。猫が好きなのに触れ合えない…という現実は、ときにアレルギー症状よりも辛いことかもしれません。症状の程度にもよりますが、猫アレルギーだからといって必ずしも猫と近づけないというわけではありません。

上記で紹介したように、部屋の掃除を行い、空気をキレイにし、猫とのふれあいに制限を設けるなどの工夫を行えば、猫と暮らせる可能性は十分にあるのです。

実際、猫アレルギーを持ちながら猫を飼っている人たちはたくさんいます。もちろん人の体質によって状況は異なりますが、猫アレルギーだから猫を飼えないというのは一概に言い切れないということです。

これらの情報を参考に、自分なりの猫との付き合い方を探ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です